レッスンに行ってよかった編・・・限定記事です

この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請
 

たぶん ほぼ どのくらいかな

うわーーっ大変??? またレッスンが近くなってしまいました。

ここのとこ肩や腕や指が調子悪くて ほとんどといっていいくらい練習してませんでした。

といっても私 無謀曲をレッスンする、というのはやめてますので そんなに焦らなくてもOkなんですが・・・

前のレッスンから 2週間の間が空きますけど そのうち何日かしか練習してない(>_<) 

なんで調子が悪くなったかというと ・・まあ色々な作業のせいです。

積もり積もった肩こりが悪化して腕や指も痛くなったということかもしれません。

なんでも 歳のせいとして片付ければ良いかもしれませんね。


そういう痛くて辛い時は ピアノなんて弾いてられない! もうやらなくていいや なんて思ったりします。

無理して弾くものじゃないよねと思うんだけど 治ってくると

「やっぱり私にはピアノは欠かせないわ。」と思う単純な思考回路がおかしい(*σ´Д`*)

完全にピアノを やめられるときがくるのでしょうか?

 

今までもやもやっとしてたことが

ようやくわかりました。

なんで私は今の現在の先生に再び還ってきたかということが わかりましたよ!

一度事情があって辞めたにも関わらず なぜ戻ったか。

現在の先生は まあ なんというか本音でものを言ってくれるタイプだから・・・嘘を言わないということが ありがたく感じる。



過去には、たいして弾けてもいないのに「はい、ここまで綺麗に弾けました!」とか 言う先生が何人もいて 弾いてる本人は 全然弾けてないと思ってるのに

~綺麗に弾けたって? はあ~?


そういう嘘で塗り固めた変な誉め方は 全然いらないですね。

そういうのって1回くらいは言われてもいいけど何回もになると、気持ち悪さが だんだんと積もっていくんですよね。

本当は弾けてないのだから ここを直せと常に教えてくれなくては先生の存在する意味がないです。


現在の先生は まず 誉めるとか 良く弾けたとかいうような言葉はほとんど言いません。


だって 私は 弾けてない生徒だからです!

当たり前ですよね、私自身が良くわかってますヽ( ´_`)丿


それに最近 バイエルを始めることになったのも この先生になら初歩から教わるとたぶん、、、有意義なことになるんじゃないかと思ったからです。

ダメな物はだめなんですよ。

少ししかテクニックの無い人が ショパンなんて 恐れ多いと思います。

ただ 自分で楽しむぶんには 何を弾こうと好きに弾きますが。


それで ちょっぴり修行のし直しして 昔に返ってみると 何かが得られるんじゃないかと思うんです。

とはいえ バイエル ブルクミュラー ソナチネ ソナタ とか王道を辿る訳じゃありませんけどね。

そんなの全部を また やり直してたら 棺おけに片足突っ込む歳になってしまいますからね。

それはしませんけど 本音で教えてもらって まずは初歩です!

そんなことをやろうと思ったのも 同じ教室の小学生の刺激があるというのも事実です。



 

参加してみたいと思ったり

市内の施設でやっている色々な学習活動グループというのがあって、

ちょっと参加してみるのもいいかな なんて思うけど

ダンスだったり料理だったりヨガだったり まあ そういうのは疎いのでできないけど(>_<)

それより ピアノっていうのもあるんですよね。

でもね~前に一度 とあるグループに参加してみたとき こりゃだめだ!と思ったわけで・・・

でも その施設の他にも 違う施設でもいくつかピアノというグループがあるので 問い合わせてみてもいいかなと思ったり。

でも やっぱり くだらないからやめようか・・・いや、

見学だけでも してこようかな。


歌がうまかったら コーラスというのもあるんだけど 私 歌は抜群にヘタクソ。

ピアノと同等ではなく ピアノよりへたかもね。

ということでどれだけ へたなのか お解りいただけるでしょう(*´ω`)┛


やっぱり私は つい つい 音楽的な活動に惚れこんでしまいますが特にピアノ・・・


なんとも 私のダメなところは つまらない(こだわり)があるので、言われたことを はいはいと聞いていられない部分があるので そういう団体的な活動は神経が疲れるだけかなと・・・思う。


だけど なんとなく 暇なのよね。

また働こうかなと思ってみたり。




 

それぞれの人が思うことで感じた事柄

中には 動画を見ていて勘違いしてるんじゃないかと思うこともあります。

ピアノを弾くときの脱力とか曲に対する表情とか・・・ね。

すごいパフォーマンスは いらないのでは?

曲に気持ちを込めてますということなのかもしれないけど。

何か 腕や顔ばかり目立ってしまう気がすることもある。

逆に 私にそういうのをやれ と言われたら「できない」んですけどね。

私は (お地蔵さんがピアノ弾いてんのかスタイル)・・なんでヾ(・∀・)ノ


以前に上級者の方の練習会にお邪魔したときに まず 感じたのは・・

変なパフォーマンスは一切無くて 10本の指が鍵盤から離れる時間が 極まれにしかないな~ということでした。

それまで私は 私と同じような初心者しか知らなかったので 鍵盤を這うように動く指は衝撃的でございましたよ!

ふぅ~~ ピアノを弾ける人って こうやって弾くんだ!と知りました。

変な指使いや変な腕のフリとかないので 無駄な動きがなくスムーズ。

見ていて気持ちよかったです!

もちろん演奏も。


私は ただ 変なところで 「あれっ」と指が離れたりするのは指使いが間違ってる時とかなんですが 「うっ指が足りない!」となりますね。


そして普段の練習は まだ シューマンやったり。

バイエルは おもしろくてどんどん番号を進めて一気に20曲くらい弾いたんですよ、やめられなくなって。

そうしたら左親指のあたりが腱鞘炎?

湿布していました。何日か。。。

今日は シューマンと あとは別れのワルツもレッスンではやらなくなったけど勝手に練習中・・・です。