ピアノ歴

        

私のピアノのこと

category - ピアノ歴
2013/ 07/ 04
                 
私がピアノというものに興味を持ち始めたのは
昔々の その昔 小学生のときからなんですけど
家は とてもじゃないけど ピアノを習わせてください・・などと
両親に言えるような環境にはありませんでした。
日々の生活が やっとの状態でした。
でも うちの姉は学習塾に通ってましたけど
長女に期待をしていたのでしょうかね。
妹の私は そこそこでいい と思っていたかどうかはわからないけど

中学に入っても音楽には興味を持ち続け
特に クラシックですね。
当時 学校販売で売ってる小さなレコード付きのクラシック雑誌を買ってもらってました。
その名前が 思い出せなくて やっと何十年かぶりに思い出しまして
ネットでも その題名で検索してみたら あった あった
やっぱり この名前で正しかったんだ!!と 胸のつかえがおりました~。
その名も ( ミュージックエコー ) という雑誌です。
私は これを毎月 楽しみに読んだり 聴いたりして
いろんなクラシックの音楽を知りました。

そして 大人になり働くようになってからは
KAWAIの電子オルガンスクールに2年間通いました。

その後 結婚してからは 音楽とは無縁の状態でしたが

ふっと どうしても頭に浮かぶのが ピアノ

それで やっばり私は ピアノだ。
ピアノが好きだ。
これからは ピアノを弾くのだ!!

と決意して ピアノ教室に入ったのが 



なっ なんと!! 平成16年の8月からなんですよ。
ということは もう 今年で もう まるまる9年になるってことですよ~。

そんなに長く弾いてるのに いっこうに上達しないのは
どうしてなん



あと 私がやってきた曲についてですが

どれもこれも 完成度の低いものばかり。
きちんと仕上げて これならどこに出しても恥ずかしくないわ
というような曲は まるで無し


これからも そのレベルの無さは変わらずに行くと思うのです。
ですが 機会があったら 発表会やら 練習会やらで
皆様の前で演奏できたら 自分としては楽しいな・・・と思います。
やっぱり 人前で演奏してこそ 人様に聴いて頂くことこそ
ピアノを勉強する価値が上がるし 自分の能力の足りなさを実感できて
もっと なんとかしよう!!という気持ちになるのでは・・・と
最近は考えてます
            
スポンサーサイト