やっぱり変更

ということでバイエルとブルクミュラーをやってる。

バイエルは一度に何曲もレッスンで 弾かせられる。

そのなかで 一発でOKな時は ちょっと鼻高々・・← ふふっ

だけど そうでない時のほうが多いのよ。

馬鹿にしたらだめなのよ、バイエルも。

でも バイエルの曲って伴奏のほうを弾いてると  これはCだ あっここはFだ あっGも・・・となる。

簡単な伴奏の楽譜を弾いてるみたいなのだ!

おもしろい。。。


ブルクミュラーは どれを弾いても好きなのでいいです と言われたが

とりあえず 16番の小さな嘆きにしますか?ということだったのだが

しかし、


家で弾いてみたら 何かパッとしないし好きじゃない(>_<)

それで 違う雰囲気のやつはないか?と探して弾いてみて

やっぱり 19番のアヴェマリアがいいわ・・と 勝手に変更して練習している。

どれでも良いって言ってたんだから いいよね・・と解釈した。

舟歌にしようかと思ったけど 若干曲が 長い・・・

それで アヴェマリアにした。

そして 指使いも 私には弾きにくい指が書いてあるので 鉛筆で適当に弾きながら修正して書き込みした。

私のブルクミュラーは 学研の楽譜。

昔 買ったので 今はたぶん売ってないんじゃないかな。

そのあと、また習うので 違う出版社のに買い換えようかなと思ったりしたけど まあ いいや もったいない!と そのままこれを使い続けているのです。



 
スポンサーサイト

初心者用

初心者が学ぶ楽譜・・・それはそれなりに対した物だと思う今日この頃です。

こういうバイエルとかブルクミュラーなどの曲を子供の時に全部やっていたほうが絶対にあとで 「やっててよかった!」と思うでしょうね。

曲の数をこなす・・というのも大事かもしれません。

途中でやめちゃったりしないほうが良いと思います。

先生が もう こっちの曲じゃなくて 違うソナチネに入ったほうがいいわねと言ったら入ればいいけど そういう段階にくるまでは 初心者用の楽譜でしっかりとやったほうがいいですね。

今は そう思います!


ところで やっぱり違うな~と思うのは

レッスン室のピアノで弾くと綺麗な音で聴こえるけど 家のアップライトはいまひとつ(>_<)

同じ曲を弾いてても 何か違う。

音が綺麗でないと 弾く意欲が湧かないなーーって思う。

それとたぶんレッスンでは 隣に先生がいるとスイッチが入って綺麗にきちんと弾こうって言う感じに自然になるから・・・そこが違うのかもしれないけどね。

まあ 庶民はつまらない欲を出さずに ひっそりと練習に励むことにしましょうか・・・

夢は、ピアノを弾けるようになることですから

 

たぶん ほぼ どのくらいかな

うわーーっ大変??? またレッスンが近くなってしまいました。

ここのとこ肩や腕や指が調子悪くて ほとんどといっていいくらい練習してませんでした。

といっても私 無謀曲をレッスンする、というのはやめてますので そんなに焦らなくてもOkなんですが・・・

前のレッスンから 2週間の間が空きますけど そのうち何日かしか練習してない(>_<) 

なんで調子が悪くなったかというと ・・まあ色々な作業のせいです。

積もり積もった肩こりが悪化して腕や指も痛くなったということかもしれません。

なんでも 歳のせいとして片付ければ良いかもしれませんね。


そういう痛くて辛い時は ピアノなんて弾いてられない! もうやらなくていいや なんて思ったりします。

無理して弾くものじゃないよねと思うんだけど 治ってくると

「やっぱり私にはピアノは欠かせないわ。」と思う単純な思考回路がおかしい(*σ´Д`*)

完全にピアノを やめられるときがくるのでしょうか?

 

それぞれの人が思うことで感じた事柄

中には 動画を見ていて勘違いしてるんじゃないかと思うこともあります。

ピアノを弾くときの脱力とか曲に対する表情とか・・・ね。

すごいパフォーマンスは いらないのでは?

曲に気持ちを込めてますということなのかもしれないけど。

何か 腕や顔ばかり目立ってしまう気がすることもある。

逆に 私にそういうのをやれ と言われたら「できない」んですけどね。

私は (お地蔵さんがピアノ弾いてんのかスタイル)・・なんでヾ(・∀・)ノ


以前に上級者の方の練習会にお邪魔したときに まず 感じたのは・・

変なパフォーマンスは一切無くて 10本の指が鍵盤から離れる時間が 極まれにしかないな~ということでした。

それまで私は 私と同じような初心者しか知らなかったので 鍵盤を這うように動く指は衝撃的でございましたよ!

ふぅ~~ ピアノを弾ける人って こうやって弾くんだ!と知りました。

変な指使いや変な腕のフリとかないので 無駄な動きがなくスムーズ。

見ていて気持ちよかったです!

もちろん演奏も。


私は ただ 変なところで 「あれっ」と指が離れたりするのは指使いが間違ってる時とかなんですが 「うっ指が足りない!」となりますね。


そして普段の練習は まだ シューマンやったり。

バイエルは おもしろくてどんどん番号を進めて一気に20曲くらい弾いたんですよ、やめられなくなって。

そうしたら左親指のあたりが腱鞘炎?

湿布していました。何日か。。。

今日は シューマンと あとは別れのワルツもレッスンではやらなくなったけど勝手に練習中・・・です。






 

今までに学んだ基礎の教本は こんな感じです

私は2004年の途中からピアノを習い出したんです。


基礎はきちんと習ってはいないけど 今までに学んだものは・・・


☆☆ おとなのエチュード という楽譜の40番まで(あと5曲を残してますが・・・)


☆☆ ハノンは 6番まで。

   そして スケールは全調24曲をやりました。


☆☆ バーナム1の楽譜は全部終わりまして

   バーナム2の楽譜は28ページまでを終わりました (残り25曲ある(>_<)


☆☆ チェルニー20の練習曲という楽譜の17番まで終わりました (あと3曲残ってる~)


☆☆ ピアノエチュード集という楽譜の中の 14曲を終わりましたがまだ、結構な数の曲が残ってます。


以上かな・・・


ほとんどが楽譜を最後までやってないのは なぜかというと・・・

その時の色々な理由がありますが ピアノ教室を代わったり、指の腱鞘炎や五十肩になったりということで その曲はその時にはやれなくなってしまったということが主な理由でしょうか。

でも 私は これから頑張るつもりです。

なぜなら 今は自分の体調がどういうものかだんだんと解ってきて調整もできるようになってきたし、時間的な余裕もあるので 頑張れそうな気がしているからです。


バイエルが終わったら また インベンションも復活させられたら良いな!って思います。


追記・・・


そうそう あと 基礎というのかどうなのか 教本としては


☆☆☆ブルクミュラー25の楽譜は 15番までやったので (あと10曲残ってますね)


☆☆☆ソナチネアルバム1からは たぶん3曲やってます。

   ソナチネアルバム2からは 2曲やってます。


☆☆☆ インベンションの楽譜からは 4曲やってます。


ふぅ~~ そのくらいです。。。


それぞれに色々と 教わるところが盛りだくさんありました。