コンサート

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

いろいろ

一昨年くらいからファンになった TSUKEMENコンサートLIVEに行ってきました!!
ヴァイオリンとピアノの イケメン3人のユニット名 がTSUKEMENですが
みなさん知らないグループだと思うので なんのことか分からないと思いますが
コンサートには 小学生からおじさんおばさんまでの
年齢もまちまちの観客が来ますが どういう年齢の方にも楽しめるコンサートです。
最近 大都市では ソールドアウトになってますし 3年前から比べたら
随分 コンサートの回数も増えてますが
だんだんと 人気が出てくるのでしょうけど
クラシック以外の曲も たくさん聴けるし ほんとに楽しいです。

まっ それはともかく 若いミュージシャンのおもしろいコンサートで
ちょっと エネルギーというか 生きる希望みたいなもの
そういうのがもらえた気分で 今日は爽やかなんですよね。
そして あと 新車も購入することになり今日決めてきました。
今度は エコな車にしました。。。
今 乗ってる車は もう10年過ぎましたけど
なんのトラブルもなく 調子よく乗れたので また同じディーラーで購入することにしました。
試乗もして そこらへんを係りの人に隣に乗ってもらって運転してきました。

私 最近 今乗ってる車の椅子が座ると 腰がぴったりしなくて
椅子との間にクッションの小さいのを置いてます。
だ:けど 新車のほうは椅子が ピツタリ フィットして腰に負担がかからなくて
快適に試乗させてもらいましたので そのあたりも購入の決め手。


ふふっ 前はクッションはさまなくても 快適に乗れてたはずだったのに
10年たつと 何かが違ってくるのね?
何かしら 原因は・・・椅子がへこんだ?
そんなことないわよね。

先生 すごかった

私の教室の先生はピアノを教えてますが
趣味でかどうか知りませんが、ドリマトーンも弾かれる方です。
それで 今日はドリマトーンのコンサートに出演されるというので見てきました。
ヤマハでは エレクトーンですが カワイはドリマトーンという名称ですね。
私が 昔々何十年も前の 大昔に通ってたカワイの教室では その楽器を
電子オルガンと呼んでいました~。
でも ヤマハのエレクトーンという名前は昔もエレクトーンですよね 確か。
私は人に言うときは 便宜上 有名なほうのエレクトーンを習ってたと言ってしまいますが^_^;
とにかく名称も変わったけど 楽器の機能が優れて進化してるのに
びっくりです。

演奏者 それぞれが自分が演奏するときに CD-ROMみたいなのを入れてから演奏するんですね。
あらかじめ いろんな音の編成やリズムとかが、組みこまれてるのですね きっと。

そして驚いたのが 私の先生は両足でベースを踏んでるときもあり
えっ!!???
普通は 左足でベースを踏んで 右足は音量調節とかのペダルを踏むというのが
私の知ってる弾き方だったんだけど・・・
いえ 実際に 他の演奏者は みんなその普通な弾き方しかしてなかったけど・・
私の先生は ひとつ抜きん出ておりました~。

両手で弾いて 両足で弾いて チャッカチャッカ リズム速いし
ひゃーーーーっっ
やっぱりコンクールで賞も取られてるそうですし すごい技術!!と感心しました。
音楽的にも 音がとても綺麗でした。
さすがに 子供のときから ピアノもドリマトーンも習っていると すごいですよね。
今でも さらに上を目指して もっと大先生に習ってるそうですから・・・
感心します。

上には上が 限りなく上がありますね~


下には下が・・・ 


私のような・・・



 

仲道郁代&川井郁子デュオコンサート

たくさんのピアニストさんがいますが
仲道郁代さんは 私の好きなピアニストの中の おひとりです。


仲道さんは人柄もやさしくて ソフトな話しかたをされるので
それも含めて好きです。
最初に弾かれた ショパンのバラード1番
この曲は 冒頭の第1音めのズシーンという和音からもう惹きこまれ
奏でる音を聴いていたら なんだか涙がでてきてしまい
あの 映画で見た 戦場のピアニストでのワンシーンを思い出してしまいました。
ドイツ将校の前でビクビクしながら ピアニストのシュピルマンが弾いてたのが
このバラードでしたね。。。


そのあとの曲目は デュオなので 川井さんの伴奏をされるときは
楽譜を見ながら弾かれるんですが
その都度 仲道さんはメガネをかけてました。
ソロで弾くときは 暗譜で覚えてるから楽譜無しだけど

デュオのときは 必ず楽譜とメガネ・・・でした。


そのデュオで聴きたかったのが ベートーベンのヴァイオリンソナタ 春
だったのですよ。
私 のだめカンタービレで この曲を知り
とても好きになったので 生で聴いてみたかったの。
ここでも 千秋先輩のピアノと峰くんでしたっけ?
ヴァイオリンの試験をうけるとき この 春という曲でした。
そのシーンも思い出しながら聴いてました。
それは ヴァイオリンソナタの第一楽章だったのね・・・と気付きました・・今さら?

ソナタだから当然そのあともあって
第二楽章 第三楽章 第四楽章までありました~。
で・・・・

プロの方が弾く音色が心地よくて 目をつぶって聴いてました。



いつのまにか眠気が・・・
聴いていたのは 聴いていたけど 第二から第四までの間は
ちょっと どんな曲だったのか 記憶が 飛びました~。


先生たちのコンサート

私が通ってる音楽教室の先生方のコンサートに行ってきました。
たぶん 県内あちこちからの先生が集まってのコンサートなので
知らない先生ばかりでしたが・・・
まあ そんなことはどうでもよくて 私の先生も出るので行ったのですけどね。


始まって最初のほうの 曲目は うーーーーん 知らない曲だし
どの先生のも 知らない曲ばかり。
知らないだけでなく 私にとって ピーーンと来ない曲想のばかりで
聴いていたら めちゃくちゃ 眠くなってきて

うとうとうとうとうとうと
ほんとに眠くて こくん こくん と頭が前に傾き おっとっと
後ろに傾き おっとっと・・・
そんなふうでいたら

そのうちに 


むむむっ 何か良い響きが聴こえてきたぞ

この先生の弾き方 素敵 すごいわと 思って 目が冴えてきました。
ドビュッシーの 沈める寺
ショパンの 革命
リストの 愛の夢

その3曲をたてつづけに弾いてる先生に 私は釘付けになりました。

ただ 上手なだけではない 何かが私を目覚めさせてくれました。
( 良かった 眠ってばかりじゃ もったいないし )


そのあとは 合唱もありまして
ヴェルディの 行け我が思いよ黄金の翼に乗って というのと

モーツアルトの賛美歌 アヴェ ヴェルム コルプス
この賛美歌 有名ですよね。
とても素敵な賛美歌を聴くことができました。
教会でこれを聴いたら もっと さぞかし うっとりするかも。
響き方が違いますもんね。



あと ヴァイオリンの先生も すごかった。
特にタイスの瞑想曲 この曲 絶賛!!ほんとに音色が良かった。



それ以外に 良かったのは
ピアノの連弾で

くるみ割り人形より
マーチ トレパック 花のワルツ
私は のりのり気分で気持ちよく聴けました。 


ハンガリー狂詩曲 第2番
こちらも連弾だったのですが この曲連弾というより
1人の人が弾くべき曲を2人で分けて弾いてたように 見えました。
良くわからないけど 私は フジコヘミングさんのコンサートでフジコさんが
1人で弾いてたのと同じっぽい気がしたのです。
でも とてつもなく 1曲が長くて 長くて・・・
ですが ハンガリー狂詩曲は 次々に曲想が変わっていくし
日本人には作れないような曲想に とても惹かれて
聴き入ってしまいました。

やっぱり 講師の先生方は 素晴らしいです。

幼少期から始めて 音楽大学で学んだ人と
中年になってから始めて コツコツ コツコツ いくらやっても それなりの演奏の人。
その違いは 大きいなあ~と思いました。

でも ピアノは自分で弾いて楽しめればいいかな。
弾いてる時が 楽しいんだよね~
そばで聴いてる人には 申し訳ないくらいの雑音だけどね。。。
にゃんこ

ゆめゆり

Author:ゆめゆり
40代からピアノを始めました。

限定記事はレッスンの模様などが中心なので たいしたことは書いてないですが
訳あって 限定にしてます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ゆめゆりの日記
ぽちっ
ピアノは モチベーション維持が大変です。山あり谷ありですね! そして私は おひとりさまな主婦です。

にほんブログ村 2006年より弾いてきた主な曲 フォーレ  シシリエンヌ バッハ  プレリュード平均律クラヴィーアBWV846 ベートーベン エリーゼのために リヒナー  勿忘草 パダチェフスカ  乙女の祈り シューベルト  セレナード ショパン  ノクターン21番ハ短調 (これ全然有名じゃない曲) メンデルスゾーン ベニスの舟歌 パステイン  魔女の飛行 三善晃   珊瑚の唄 クレメンティ ソナチネ36-1 クーラウ  ソナチネ20-1 シベリス  樅の木 インベンションは、4番8番1番13番の4曲です。 プレインベンション楽譜より 7曲 ブルクミュラー25楽譜より  18曲 ざっとこんな感じです。 どれも完成度は低いですけどね。 でもこれからもピアノは 弾いて楽しみますよ♪
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR