ゆめゆりの記録日記

おとなからピアノを始めた中高年の記録です~。

もうすぐだった

レッスンまで 余裕かましてたら ( ̄^ ̄)ゞ もう間近に迫っていました。。。
3週間の余裕があったのですが あっという間に過ぎました。
勝手に練習始めた ショパンの曲ばかりやっていたので焦りますね~。
レッスン曲も やらなければ。
ということで 今晩は1楽章 2楽章をやり
そして コレッリのサラバンドを弾きました。
でも何か ショパンの曲を昨日までやっていたら  今日はバロック時代のサラバンドが弾きやすく感じたわ。
ショパンの曲を弾くには バッハを練習しなさいって言うでしょ?
その反対のような感じなので変なんだけどね。

私にも今のところ 練習していて とりあえず弾けるのでやってるショパン。
でも 皆さんには 馴染みがないと思われるショパンの曲なので 超有名なやつと違って ちょっと気が楽なのですが。。。
気ままに練習します (^o^)丿

ピアノ教室も 今度は 月1回にしてもらおうと思ってます。
2回というのが 何か 忙しく感じる今日この頃なんです。
要するに 練習する時間は山ほどあるのに レッスン曲は とんと進まず
気も進まず・・・なもので。。。(^_^;)
でも教室に顔を出してないと 先生をキープしておかないと聞きたいことが聞けないので困るし
自分だけで曲の 良し悪しが判断出来ないし 合格か不合格かもわからないので とりあえず私の師匠をお願いしておかないとね。
スポンサーサイト

コンサート

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

いろいろ

一昨年くらいからファンになった TSUKEMENコンサートLIVEに行ってきました!!
ヴァイオリンとピアノの イケメン3人のユニット名 がTSUKEMENですが
みなさん知らないグループだと思うので なんのことか分からないと思いますが
コンサートには 小学生からおじさんおばさんまでの
年齢もまちまちの観客が来ますが どういう年齢の方にも楽しめるコンサートです。
最近 大都市では ソールドアウトになってますし 3年前から比べたら
随分 コンサートの回数も増えてますが
だんだんと 人気が出てくるのでしょうけど
クラシック以外の曲も たくさん聴けるし ほんとに楽しいです。

まっ それはともかく 若いミュージシャンのおもしろいコンサートで
ちょっと エネルギーというか 生きる希望みたいなもの
そういうのがもらえた気分で 今日は爽やかなんですよね。
そして あと 新車も購入することになり今日決めてきました。
今度は エコな車にしました。。。
今 乗ってる車は もう10年過ぎましたけど
なんのトラブルもなく 調子よく乗れたので また同じディーラーで購入することにしました。
試乗もして そこらへんを係りの人に隣に乗ってもらって運転してきました。

私 最近 今乗ってる車の椅子が座ると 腰がぴったりしなくて
椅子との間にクッションの小さいのを置いてます。
だ:けど 新車のほうは椅子が ピツタリ フィットして腰に負担がかからなくて
快適に試乗させてもらいましたので そのあたりも購入の決め手。


ふふっ 前はクッションはさまなくても 快適に乗れてたはずだったのに
10年たつと 何かが違ってくるのね?
何かしら 原因は・・・椅子がへこんだ?
そんなことないわよね。

先生 すごかった

私の教室の先生はピアノを教えてますが
趣味でかどうか知りませんが、ドリマトーンも弾かれる方です。
それで 今日はドリマトーンのコンサートに出演されるというので見てきました。
ヤマハでは エレクトーンですが カワイはドリマトーンという名称ですね。
私が 昔々何十年も前の 大昔に通ってたカワイの教室では その楽器を
電子オルガンと呼んでいました~。
でも ヤマハのエレクトーンという名前は昔もエレクトーンですよね 確か。
私は人に言うときは 便宜上 有名なほうのエレクトーンを習ってたと言ってしまいますが^_^;
とにかく名称も変わったけど 楽器の機能が優れて進化してるのに
びっくりです。

演奏者 それぞれが自分が演奏するときに CD-ROMみたいなのを入れてから演奏するんですね。
あらかじめ いろんな音の編成やリズムとかが、組みこまれてるのですね きっと。

そして驚いたのが 私の先生は両足でベースを踏んでるときもあり
えっ!!???
普通は 左足でベースを踏んで 右足は音量調節とかのペダルを踏むというのが
私の知ってる弾き方だったんだけど・・・
いえ 実際に 他の演奏者は みんなその普通な弾き方しかしてなかったけど・・
私の先生は ひとつ抜きん出ておりました~。

両手で弾いて 両足で弾いて チャッカチャッカ リズム速いし
ひゃーーーーっっ
やっぱりコンクールで賞も取られてるそうですし すごい技術!!と感心しました。
音楽的にも 音がとても綺麗でした。
さすがに 子供のときから ピアノもドリマトーンも習っていると すごいですよね。
今でも さらに上を目指して もっと大先生に習ってるそうですから・・・
感心します。

上には上が 限りなく上がありますね~


下には下が・・・ 


私のような・・・



 

仲道郁代&川井郁子デュオコンサート

たくさんのピアニストさんがいますが
仲道郁代さんは 私の好きなピアニストの中の おひとりです。


仲道さんは人柄もやさしくて ソフトな話しかたをされるので
それも含めて好きです。
最初に弾かれた ショパンのバラード1番
この曲は 冒頭の第1音めのズシーンという和音からもう惹きこまれ
奏でる音を聴いていたら なんだか涙がでてきてしまい
あの 映画で見た 戦場のピアニストでのワンシーンを思い出してしまいました。
ドイツ将校の前でビクビクしながら ピアニストのシュピルマンが弾いてたのが
このバラードでしたね。。。


そのあとの曲目は デュオなので 川井さんの伴奏をされるときは
楽譜を見ながら弾かれるんですが
その都度 仲道さんはメガネをかけてました。
ソロで弾くときは 暗譜で覚えてるから楽譜無しだけど

デュオのときは 必ず楽譜とメガネ・・・でした。


そのデュオで聴きたかったのが ベートーベンのヴァイオリンソナタ 春
だったのですよ。
私 のだめカンタービレで この曲を知り
とても好きになったので 生で聴いてみたかったの。
ここでも 千秋先輩のピアノと峰くんでしたっけ?
ヴァイオリンの試験をうけるとき この 春という曲でした。
そのシーンも思い出しながら聴いてました。
それは ヴァイオリンソナタの第一楽章だったのね・・・と気付きました・・今さら?

ソナタだから当然そのあともあって
第二楽章 第三楽章 第四楽章までありました~。
で・・・・

プロの方が弾く音色が心地よくて 目をつぶって聴いてました。



いつのまにか眠気が・・・
聴いていたのは 聴いていたけど 第二から第四までの間は
ちょっと どんな曲だったのか 記憶が 飛びました~。


 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

にゃんこ

Maukie

ゆめゆり

Author:ゆめゆり
40代からピアノを始めました。おひとりさまの中高年でございます。
2017年9月より日常的な話題のほうは他のブログで書くことにしたので、こちらはピアノ記事のみとなります。よろしくお願い致します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
ごあいさつ (3)
楽譜 (4)
サークル (3)
練習会 (15)
ピアノ (351)
コンサート (10)
ブログ (12)
レッスン (88)
ねこ (6)
お知らせ (4)
自習の記録 (151)
色々なこと (36)
動画 (6)
おでかけ (1)
体調について (21)
ピアノ教室について (8)
家族( 限定記事) (10)
食べ物 (5)
ピアノ歴 (1)
休日 (3)
発表会 (1)
曲について (10)
生活 (31)
他の参考演奏 (1)
レッスン 限定記事 (67)
フィギュアスケート (2)
ピアノ 限定記事 (6)
旅行 (1)
友達 (1)
おひとりさま (38)
人間関係 (3)
家庭菜園 (0)

ゆめゆりの日記

ぽちっ

ピアノは 大人になってから始めたので ちっとも上達しないけど、13年続けてます。


にほんブログ村 2006年より弾いてきた主な曲 フォーレ  シシリエンヌ バッハ  プレリュード平均律クラヴィーアBWV846 ベートーベン エリーゼのために リヒナー  勿忘草 パダチェフスカ  乙女の祈り シューベルト  セレナード ショパン  ノクターン21番ハ短調 (これ全然有名じゃない曲) メンデルスゾーン ベニスの舟歌 パステイン  魔女の飛行 三善晃   珊瑚の唄 クレメンティ ソナチネ36-1 クーラウ  ソナチネ20-1 シベリス  樅の木 インベンションは、4番8番1番13番の4曲です。 プレインベンション楽譜より 7曲 ブルクミュラー25楽譜より  18曲 ざっとこんな感じです。 どれも完成度は低いですけどね。 でもこれからもピアノは 弾いて楽しみますよ♪

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん