汚い音

私が 2年前に 2010年12月に撮ったものです。
現在の先生の教室に入って 初めて習った曲です。

お耳 壊れますよ。
これ 聴くと。。。


object width="350" height="250">

パジャマ着て 寝る前に弾いて撮りました。
この曲 好きです。
でも これから撮りたいのは 樅の木の完成版なのです。
頑張らなくちゃ!!
スポンサーサイト

綺麗な音 

レッスンは今週は無しでしたので ゆっくり練習できて良いです^^

先生のお宅へ行くと たまに先生自身がピアノを弾かれてるときがあります。
何の曲かしら??
知らない曲のときが多いです。

私レベルでは 聴いたこともないような曲。
でも 先生が弾く音は とても心地よいです。

私は自分が夜 練習をして
30分くらい練習をして
もう やめよう・・・
音がうるさい・・・
自分の弾いてる音がうるさい

そうよ ほんとにうるさいわ って いつも思います。



そして 昨夜
ピアノのふたを閉めて そのあとリビングに行ったら
耳栓をしている家族を 発見

ひゃ~~ そんなにうるさかったかな??

そうだよね ハノンのスケールとかでも
先生が見本に弾いてくれたとき 綺麗な音だなぁ~って思ったけど
私が スケール 弾いても ただ音を並べてるだけだし
お世辞にも 綺麗とは言えないしろものだし。

でも 次回のレッスンからスケールの弾き方も教えて頂くことになったので
良かった。
カデンツ? カデンツァ? で 終えると 安心して終わる感があって
いいです。
まあ全部の調をやることもないでしょうけど
少しずつ ピアノの勉強を あちこち かじっていきたいと思います。

FC2

この FC2のブログにつけた カウンターの訪問者の数があるじゃないですか
それって 今日の訪問者の数ときのうの訪問者の数がカウントされて
表示されてるようですけど 私のとこって
最高で1日 20人の方が見てくださってるようで
ありがとうございます(*^^)v



ピアノ友達がいなくてつまんないとか  指が痛いとか 
イケメンがどうしたとか くだらないことばかり・・・


そんなことを書いてるのに 読んでくださってる そこのあなた
とっても 我慢強い方ですねぇ~~。
どうぞ これからも ごひいきに よろしくお願い致します


私は きのう会社帰りに内科に駆け込みました。
喉が痛くて。。水を飲むだけでも痛い。
そうしたら 扁桃腺炎でした。
薬を5種類くれたんです。


でもそれぞれが 1回1錠 だったり 2錠だったり
朝夜飲むのと 夜だけ飲むのと 色々変化に富み過ぎてて
パニクってしまいそうです。
( 先生は これだけ出せば完璧!!と言ってましたが・・・)

以上 くだらないお話でした。。。

関心事

今の関心事といったら なんというか
前は他にも とっても打ち込んでることがあったのですが
今は そっちのほうはあまり興味が薄れてきてしまいまして
どーでもいいかな~なんて思っています。

といっても このブログを読んでくださってる数少ない方には
まったくなんのことやら さっぱり分からないと思いますけどネ。。。


分からないと思うんなら 何だか はっきり書けばいいし
言わないつもりなら 書くなよ!! 
と お怒りの声も聞こえそうですが・・・
まあ いいです ひとりごとです


それで 今の1番の関心事は ピアノですね やっぱり。
レッスンでやってる曲を練習してるんだけど
たまには ピアノを弾く友達で集まって 弾くということがやりたい。
ピアノや曲の 情報交換もできたらうれしい・・・
けれど そういう知り合いがいない・・・
ピアノを弾かない友達とは ピアノの話が できないというか
ピアノにはまったく関心を示さないしネ。。。

私は 一生 ピアノ教室と 自分の家の往復で終わるのか
と思うと ホント つまらないピアノ生活だなあ って思います。



コンサートで感じたこと

この方たちのコンサートに今日行ってきました。

TSUKEMEN


え~っと 去年だか あれ いつだったか一昨年だったっけ
歳をとると 去年も一昨年も 同じくらいになっちゃうわ
なんたって 思い出せなくなっちゃうんだけど とにかくテレビよ・・
日テレの朝番組に TSUKEMENが出演したのを見て 演奏に感動したんです。
でも なかなかコンサートにまでは 行くことがなかったけど実際行ってみたら

まあ ほんと テレビで見たのより 迫力のある演奏で びっくりでした。


ステージで使ったのは ベーゼンドルファーのピアノなんですけど
すぐるさんの 弾くピアノは迫力満点でした。
ピアノも一流の品で 素敵な音色なのに加え
すぐるさんの 弾くときの姿勢や手や腕の動き を 近くでじっくり見てると
手首も指も しなやか~~~に動いてて
上半身をフルに使ってるけど 背筋はピンとしてて 決して猫背にならない。
これぞ お手本にしたいという弾き方でございました。


そして私はピアノよりも さだたいりくさんの ファンです。ほんとは。。。
たいりくさんの バイオリン演奏は なんだか分からないけど
人を惹き付けるチカラがあるように思います。
バイオリンを奏でてるときの 立ち姿と表情にも どーしても注目してしまいます。
なんか 色っぽいです。
それに こういうことをみんなに伝えたいんだよ・・・という気持ちが伝わってくるような
そんな演奏をしているので ついつい見入ってしまいました。

たいりくさんは さだまさしさんの息子さんですけど
イケメンさんだと思います。
さださんにも少し 似てるけど たぶん おかあさん似なのでは??
今日は アンコールのときに チャルダッシュの曲を演奏しながら
会場に下りてきて 2~3歳くらいのおこちゃまに ポケットから
たぶん チュッパチャプスをプレゼントしてました。
その おこちゃまの 近くに私は 座っていたので
たいりくさんを 近くで 拝見しましたが

いやいや カッコよかったです。
とっても イケメンでございました。

目の保養に 耳の保養になった1日でした。

始動したわ~♪

先日 先生がレッスンの終わりに「樅の木もしましょうね」
と言ってくださいました。
私は 自分でお願いしときながら 樅の木のことを言うのを忘れていた
先日のレッスン日ですが・・・
ありがとうございました~ と帰ろうとしたら
先生のほうから やりましょうと言って 覚えててくださったことを
嬉しく思いました。

かれこれ2年前にやって あまりにも多いアルペジオが
立ちはだかって 挫折したままの曲ですが
やっぱり ずーーーっと心にひっかかり どうしても やりたい曲なのです。
この1年半の間 ソナチネ プレインベンション ブルクミュラー インベンション4番とか
練習曲ばかりやっていました。

そして 今だったらもしかしたら樅の木 できるかもしれない
そんな思いで 楽譜を見てみたのが去年の秋ころ??
で・・・・・なんとなく・・・

アルペジオ


このへんを弾いてみたら そんなに苦も無く弾けたのですよ 不思議と。

あら やだ 弾ける 弾ける
ここの このアルペジオ山も  何かと 関連性のある音で ちゃんと構成されてたんだわ。
今になって 気付くことがたくさんあるわ。

この音と この音は こうなってて
次は あ~そうね こうなるのね・・・
という具合に 曲の仕組みが ちょっと分かってきた感じ?
2年前に 弾いたときは もう何がなんだか 
なんの関連もないだろ!!くっそーー!! ( あら はしたないわ ^_^;)


としか思えなかった。


なんでもいいから 仕組みが少しでも理解できると 弾きやすくなるもんだ
と 思います。

そして あと・・・ここの部分も↓↓

もみのき

2年前に さんざん苦労して 
何回やっても 左右の手が交差するようなところが すぐ間違えてしまい
悪戦苦闘した部分ですが・・
今 楽譜を見て なんであんなに分からなかったんだろうと思います。


ふふっ でも 私は元々が 才能の無いやつです。
ただ 好きなだけで この曲をリベンジして完成させようとしてるだけなので
どうなるかわからないけど とにかく 今年中には (気が長い)
仕上げます。

だけど アルペジオのところは 32分音符で弾くなんてことは
無理かもしれないので 私流の 亀さん風アルペジオになるかもしれないわね。
でも それはそれ 最後まで完成させれば 気が済むのですよ


調べたわ

昨日は 先生のおっしゃる講義がわからなくて
これでは いかん
と思いましたので さっそく調べました。

私は 18歳ころから2年間 カワイの電子オルガンスクールというところに
趣味で通って習ってました。
なので cコード Fコード Gコードがどの音で構成されるかくらいは教わっていた
にもかかわらず 詳しいことは忘れております・・が。
何十年も前の話なんで。。。

まっ とにかく それが トニック・ サブドミナント・ドミナントと区分けされて
主要3和音なんですね。

トニックは 安定感
サブドミナントは 不安定感 
ドミナントは 緊張感があってトニックに移ろうとする傾向あり

カデンツは終止形

だいたいそんなようなことですか?
良くわからないけど。



スケールの練習は 今までのハノンの1番とかそういうのと違っておもしろいです。
ブルクもバッハもシベリウスも 今日練習しましたけど
今まで 脱力 脱力 脱力しなくちゃ と気を配っていましたが
実際 どうしたら脱力できる弾き方になるのかと
ずーっと考えて 試してましたが


今日 いろいろと調べた結果
手首をやわらかくとか 指をこういう形にして弾くとか
そういうことの 以前に やらなければならないことがありました。

手首だけやわらかくできるわけがありません。
(肩も上腕も肘も手首も指も 全部を使うように意識して動かして弾く)
それって オーバーかなと思うくらい動かすとどこにも負担がかからず弾けます。
先生も 前に上半身を倒して体重を乗せてこの音を強く弾いて・・・とか言います。
そういうこと言われても なかなか ぎこちなく動きのにぶいロボットくんだった私ですが

とりあえず もう なんでもいいから 全身? というか上半身をフルに使って
少し オーバーに練習して感覚をつかもうかと そんな決意を致しました。

それをやってれば 何か違ったものが見えてくるような気がする。

まったくの 初心者的な発想でありますけどネ。。。

レッスン96回め

ブルクミュラー スティリアンヌ
それぞれのテーマが変わるところが 切れてしまうので
その前の何小節か、から 続けて弾いていくのをやり、
左のズンチャッチャ・・という伴奏が
音と音が離れてるとき 音をはずしたりしやすいので
そこは 右手を見てないで 左手を見て弾いてください・・と言われ

そうか そうよね 私 右のほうばかり目を追っていたわ ^_^;

右のメロディなんか くっついてる音だから見てなくていいのに・・・

次回は仕上げです。 きちんとつなげて弾けるようにしてきてください
と言われました。


インベンション4番
こちらは 最後のほうで 1回だけ 音が切れるところをペダルを
踏んでつなげるところがありますが
そこなんですけど いつも 近くになってきて 私の足は
そわそわし始めます

やだ ペダル踏むのにペタルに足 乗せておくの忘れた!!
今 演奏中で手に集中してんのに 足 そうよ 足をペダルに乗せなくちゃ
と 焦りまくり・・・
いつ 乗せようか?
いつも 最初から乗せておくように言われてるのに また忘れた


そんなことしてるので 演奏そのものが不完全燃焼で終了です。

うっひゃ~また 失敗した。。。

でも また今度がんばるわ。


そしてハノンは 今度 スケールをやることになりました。
ハ長調からです。
おとなのハノン という楽譜を私は持って行ってますが 
カデンツがどうとか ドミナントがどうとか
これが1度のなんとかで・・・とか
色々 教えていただきましたが わたくし先生の説明がチンプンカンプンです。
「わからないことは どんどん聞いてくださいね」
と言ってもらいましたが

私は わからないところが・・・そもそもわかりません

なんだかんだと悩んで

取るに足らないつまらなくて くだらないことを
悩んでいた私ですが 心が決まって 
ちょっと集中してピアノが弾けるように なったので良かった。

今のところの私比では・・・

現在の先生 > 1回め体験レッスン先生 > 2回め体験レッスン先生

そんな割合です。
まあ体験レッスンなんて 一度しか お目にかからないから
全部を把握できないので 見落としてるところもあるかもしれないけど

先生も 第一印象って大事だと思います。
こちらが質問したときのの受け答えで なんとなくわかるし
あと レッスン室がどういう状態か・・・っていうところも私には重要です。

私 レッスン室に入ったときに 何気に置いてあるものとか
ピアノのまわりとか観察しちゃうんです。
初心者のくせに 生意気なんだけど 一瞬のうちにレッスン室の観察です。

なんといっても 現在教えていただいてる先生のレッスン室は
ピアニストさんのお部屋? おフランスの香り漂う 調度品・・・
が置いてあるわけではない~けど 
そんなふうな 雰囲気が漂っていて 音楽関係のものしか置いてありません。


なのに 2回目体験レッスン先生のレッスン室は
乱雑にいろいろな生活物が 適当に置いてあって 物置か??
こんなところで 綺麗な音が出せるのかいったい
と思った次第です。
たとえば ショパンのワルツやノクターンとか 甘~い曲を
もし 私か弾ける生徒だったとしても 
こんな 部屋で どうやって曲のイメージしたらいいんだよとがっかりしました。


それと1回め体験レッスンの先生は 表現力重視 
おとなの生徒には まず最初に先生が、やる曲の見本を弾いてみせるのが基本
そのあと 曲想やら いろいろ詳しく先生が解説してからレッスンされるようです。
そういう先生も良かったけど 現在の先生より上かと聞かれたら上ではなかった・・・という印象でした。


ということで 明日また いつものレッスンに行くために練習しました。
私の指の故障もあるため 今度から 少し違うメニューになります。

アルペジオ

樅の木を弾くにあたって・・・
アルペジオの弾き方について 質問されてるサイトを見たので忘れないように書いておこ~っと。


自分の弾ける速さで ひとつひとつゆっくりと フォルテッシモで
しっかりと打鍵する。
ゆっくりだけど それがわりと疲れるらしい。
ゆっくり のろのろでも 覚えれば自然に弾けてくるので
ちょっとずつ スピードアップする。
あくまでも ゆっくり弾けるようになってからスピードを上げていくこと。

プラス 他にやるんだったら

アクセントをつけて弾く
スタッカートで弾く
リズム変奏して弾く

改めて書いてみると、これって 私も先生に 同じようなこと言われてたな そういえば・・・
わざわざ ネットで調べるほどのことじゃあ なかったんだわ。

でも これが すぐ忘れちゃうのよ。
そういえば そう言われてたわ・・・
そんなふうに 記憶がやっと 蘇ってくるのよね。

こういう趣味なことって 仕事と違って
忘れても誰に迷惑がかかるわけで無し ということなのか
せっかく先生が教えてくれてるのに

 今 初めて聞きました いや 前にも聞いてましたゴホゴホッ

と咳をして ごまかすのが中高年のずうずうしさかもしれないです。 

おっほっほ♪

昨夜は なんとなく おっかなびっくり15分弾きました。
で別に大丈夫だったので

今夜は20分弾きました。


きのうはしばらくぶり と言っても1週間ぶりくらいに弾いたので
「 おおっ 久しぶりなピアノちゃん 」

という、よそよそしい感じでしたが

今日は インベンション4番を弾いてみたけど 意外と普通に弾けた!!
というより 前より イイ感じになってた。
先生に その音 強すぎ!!もう少し柔らかく弾いて・・・
とか良く注意されてたところも 音を意識して弾けたし
全体的に 緊張せずに弾けた というのが良かったかなと思います。
いつも ガチガチに 練習しなくちゃ 次のレッスンに間に合わない~
となってた練習が 弾かなかったことによって
さぼって弾かなかったのではなく 指のために弾かなかっただけなので

ある意味 開き直って練習できたので 良かったのかなと思います。

そして そして 開き直りといえば
私の場合は シベリウスの樅の木ですヨ。
その練習も しちゃいました~。
うーーん やっぱり 樅の木 最高でーす。
時間が許すなら ずっと この曲だけ 練習していたい
やりたい曲は いくらやっても 飽きることを知りませんネ

今 思ってること

ピアノを弾かなくなって1週間くらいたったかな?

指がやっぱり おかしいのできちんと診断していただくために
整形外科へ行きました。
そうしたら 半分そうかも~とネットで調べたり知人に聞いたりしていた
のですが ヘバーゼン結節というものでした。
腱鞘炎ではありませんでした。
原因不明だけど まあ治療法もないのでほうっておくしかないらしいです。
知人は 左手の三本にそれができてしまい去年 私と同じ診断だったそうです。
症状が似ていたので やっぱり・・・という感じです。

で・・・肝心のピアノですけど
心配だったので お医者さんに聞きました。
そうしたら ピアノは全然問題ありません。どんどん指は使ってください。
と言われました。


でも ただ 私はハノンは 恐くて弾けないので
指の鍛錬はしなくていいです。
ハノンをやったから どうこうというのでは無いでしょうけど

ネットで 見ると 指の使いすぎというのも一因であるようなことも書いてあったので
今は 1本の指がほんとに軽く痛いだけだけど
もっと他の指もなったら 最悪なので。


という 暗ーーーい話はここでおしまい


それで ピアノ教室もどうするのか?
という悩みが出てきて 私は また他のピアノ教室に
体験レッスンに行って来ました。
現在の先生も 素敵な先生なんだけど まあ色々とありまして
来週のレッスンまでには なんとか結論だそうかな。。。


それとも悩むのめんどくさいから ピアノ教室は やめようかな しばらく。。。

ピアノを弾かないので

今回の指の故障で ピアノを弾かないから
練習しなくてもいいので何だか開放された気分なんですけど~。
今まで がんじがらめに 練習をもくもくと こなしてたような気がします。

でも 弾かないと 弾けなくなるかな
そんな心配もあるけど まあいいや。。。

これを機に ちょっと違う方向に
私のピアノ生活を変えてみようかという考えも あるんですよ。

クラシック一点張りだったけど 
分野にこだわらず 他のジャンルでもいろいろ好きな曲はあるし
また、基礎的なものを学ぶという姿勢は変わらないけど
指の練習ハノンをバリバリ無我夢中でやらなくても違うやり方が無いのかな とか。


やっぱり練習曲だけレッスンじゃなくて 普通の曲も平行してやりたいと
最近 特に思うようになりました。
ブログで発表してる方々の演奏を聴いてるとなんだか楽しそうだし♪
体験レッスンも視野に入れて ちょっと考えてみようと思ってます。


中高年も やるときはやるわよ~~行動あるのみ

いい加減 良い加減

どうも 指が 腱鞘炎になってしまったようで痛いので
しばらく ピアノの練習ができないかも・・です。
明らかに 腫れていて 触ると痛いのですが
あいにく かかりつけの整形外科は休みだし 湿布を貼って様子見してます。

その原因が全然思いつかなかったのだけど
どの曲もたいしたことない 特に無理するような曲を習ってるわけでもないのに。
でも あえて言えば・・・
ハノンだと思います。
今やってるのが その腫れた指を右に左に寄せて動かす というような
指の間を縮める練習になってるので
今から考えれば 練習で ずいぶん酷使してたかもしれないです。
気付かないうちに

次回のレッスンは、お休みしますと 先生にメールを入れました。


でも先生はハノンで指が腱鞘炎になるはずないです。
という返信をしてこられました。
はたして そうでしょうか?
3才とか幼児の頃から 基礎を自然に習ってきた方は ハノンで指をこわす
そんなことは無いかも知れませんが

私は46歳から たいした基礎も知らずにやってきた中高年です。
体の使い方や 指や手首の使い方も知識としては知ってても
そのとおりに動かない 中高年なんですよね~。
だから ちょっと疑問が生じています。


ハノンは 今までのレッスンでやってきたものについては問題ないと思うけど
今 やってる おとなのハノン6番 のような
かなりひとつの指を酷使するようなものは やらないほうがいいみたい。
というのが私の結論・・・


まあ そんなアクシデントがあったので
ピアノのレッスン自体も どうしようかと考え中です。。。

曲の練習

昨夜もレッスンでやる曲のメニューを弾いてて
なんと 1時間があっという間に過ぎてしまい

えっ 私 そんなに練習したっけ?
というくらい あっけなく時間が過ぎました。
その大部分は ブルクのスティリアンヌの注意されたところの修正
をしてたという感じですけどね。
このスティリアンヌのようなワルツな曲は 初心者向きでいいですよね。

私 ショパンのワルツ9番とか7番など 弾いてみたいな
と思っていたのですけど このブルクの曲が きちんと弾けなくちゃ~
ショパンのワルツどころではない。
まったくお話にならないものだ・・・と今さらながら実感しておりますので
スティリアンヌ しっかり練習して少しでも音のとり方 リズム感とか
勉強できたらと 思っています。


私は かつて何年か前に その頃通ってたピアノ教室で
ショパンのノクターン21番だったかな?ハ短調遺作 というのを
発表会で弾きました。
これは ショパンのノクターンの中で1番 駄作とか書いてるサイトがありまして
確かに私にもとりあえず弾けた曲なので そうなんだ~~へぇ~
と思いました。
20番の遺作のほうは 有名だけど 21番なんて私も知らなかったし。

その発表会で弾いた記念に 家でも動画に撮って保存してあるのですが
今 聴いてみると ぶっ と
飲んでたコーヒーをまき散らして噴き出してしまいそうな演奏でございます。

こんなんがーーーーーーー!!
ショパンなん???
これは ショパンに失礼でしょ。

と思います。

でもアノ頃は 必死に覚えて暗譜して 舞台に上がって
弾いたんだったよなあ って
まあ 初心者なのにまあなんとか 頑張ったという良い思い出にはなってますね。

ピアノを習って 何年も経ってるのでその間
たくさんのプログを拝見したり upしてる方の演奏を聴くうちに
色々と演奏について教わることが多いので 助かっています。

ただ 上級者さんのレッスン記は 読んでも その内容自体が
さっぱり 雲をつかむようでわからないので参考になりませんけどネ。。。

レッスン95回め

おとなのハノン6番は イマイチこけるのでダメでした。
なんとなーくまだ消化しきってない みたいな・・・
次回までに もっと練習していきます。


ブルクミュラーのスティリアンヌ
これも 小節の切れ目がほんとに 切れていて
拍を数えて弾いてないことがバレバレで・・・
でも やっぱりなんていうか まだ自分の中で 部分 部分を覚えてる
そういう段階なもので やっと音取りをとらえてきたとこ なもので~
曲全体を流して弾くのは まだ無理というものです。

私的には これから つなげていきます モチーフを。。。みたいな
そんな段階なのです。

あと スタッカートの弾き方の注意。
スタッカートは 下につくまで鍵盤を押して離すけど
それを瞬間的に短くやる・・・
下につけないで 上側で弾いたら汚いスタッカートになるというようなこと。
あと ワルツのリズム 強・弱・弱で弾くということも注意です。



次にインベンション4番ですが
今日は途中まで弾いたら 指が回らなくなり 動かなくなりまして
中途 棄権デス。。。

良く訳がわからないけども
このお正月の2日に動画に撮っておさめたため
私の脳内の中で 勝手に終了してしまったかのような
気分は もうあんまり弾く気にならなくなったような。。。

いやいや それではダメよね。
先生に聴いてもらってこその レッスンだものね。

しょうがないわ。。。
次のレッスンまでになんとか インベンションをまた復活させるわ

変えたことは

自分でピアノ練習するときに 最近変えたのは
ほんとは ずっと前からやらなければならなかったことなんだけど
部分練習を ガチでやることです

部分的にできないところを抜き出して弾く
そういうのがなかなかできなくて わかっていても
つい 最初から弾いてきて 苦手部分に来て
つっかえながら弾いてる・・・というのをやってしまう。
苦手な部分て  やりたくないのよ 
やりたくないから適当にしかやらない みたいな変に矛盾したことを
いつもやっていました。

でも そういうのは 本当に時間のロス。
できないところを できないままでレッスンに行っても弾けるわけがないです。


その無駄な自習はやめる。
と決意して スティリアンヌの苦手部分は2ヶ所あるので そこの何小節かを
繰り返し 繰り返し 弾いています。
そうすると 苦手が 苦手ではないような感じになってきました。

そんなことを今さら~~何言ってるの?
と思われるでしょうが 私は そんなことを今やっと する気になったわけでして


あっそれに ブルクミュラーの中で今までやった曲の中で
このスティリアンヌが なんだか気に入っていて 弾いてると楽しいもので
だから よけいそれができるのかもしれないですけど~。


そうそう あと お正月の三が日には ピアノはあまり弾きたくないし
でも あのインベンション4番は もうなんとか動画に残したい・・・
そういう願いがありまして 撮りました。
そして 1~2回のミスはあるけど もうこれでいいわ
もう終わり・・と思って ようやくupしました。

先日 12月の暮れに撮ったものは やっぱり気に入らないのでボツ。
そして お正月のほうのをupしました。
これで 私のユーチューブチャンネルに残すことができました。

やれやれ

新年

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い致します。


元旦のきのうは いつもの神社に行こうかどうしようか
散々迷って 結局 お昼ころに出かけて交通安全のお守りを家族分買って
初詣という恒例行事をやってきました。
最近 出かけるのがめんどくさい。
出かけるのにあたっては お化粧したり着替えたりしないとだし。。。
誰か 私の代わりに行ってきてほしいくらいよ。
でも 自分でお詣りしないと 御利益ないような気がするので
やっぱり 毎年 行くんですけどね。


そして 私の今年の目標は レベルアップ
単なる希望です


あとネ。シベリウスの樅の木も 今年中に完成させること。。。
いやまあ~ かなーり気の長い練習生活だけど いいのよ。
私のレベルなんて そんなもんよ。。。
レッスン曲を主にやってるので しょうがないし。。。


でも私思います。

才能のある無しに関わらず練習は 充分したほうがいいし
また、基礎になる練習曲もある程度の完成度まで
その曲では何を学ぶためにその曲があるか?
というのを認識したうえで レッスンを受けるということ。
それを意識しながら 曲を弾くほうが良い

と思うようになりました。


基礎の練習曲は そういう学習者のための楽譜だから
それをきちんと やってから次に進んだほうが
結局は 好きな曲を弾くための 近道になる


今年は それなので ブルクミュラーはつまらないとか
グチはこぼさず 頑張ろうと思います。

それと そのブルクミュラーは全曲はやらないと先生は
おっしゃってたので 違う楽譜にそのうち移行するかもしれませんが
とにかく レベルアップ希望の ゆめゆりです。


あっ 書いてるうちに夜中の1時半 寝るわ
にゃんこ

ゆめゆり

Author:ゆめゆり
40代からピアノを始めました。

限定記事はレッスンの模様などが中心なので たいしたことは書いてないですが
訳あって 限定にしてます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ゆめゆりの日記
ぽちっ
ピアノは モチベーション維持が大変です。山あり谷ありですね! そして私は おひとりさまな主婦です。

にほんブログ村 2006年より弾いてきた主な曲 フォーレ  シシリエンヌ バッハ  プレリュード平均律クラヴィーアBWV846 ベートーベン エリーゼのために リヒナー  勿忘草 パダチェフスカ  乙女の祈り シューベルト  セレナード ショパン  ノクターン21番ハ短調 (これ全然有名じゃない曲) メンデルスゾーン ベニスの舟歌 パステイン  魔女の飛行 三善晃   珊瑚の唄 クレメンティ ソナチネ36-1 クーラウ  ソナチネ20-1 シベリス  樅の木 インベンションは、4番8番1番13番の4曲です。 プレインベンション楽譜より 7曲 ブルクミュラー25楽譜より  18曲 ざっとこんな感じです。 どれも完成度は低いですけどね。 でもこれからもピアノは 弾いて楽しみますよ♪
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR