ゆめゆりの記録日記

おとなからピアノを始めた中高年の記録です~。

歳のせいか

もう ここのとこ 色々なストレスもありましたが
ただの歳のせいなのか それとも病気なのか
体調悪いので イマイチな気分です。
今月は鼻血が お風呂に入ってるとき2回でました。
すぐ止まりましたけど。

そして先週土曜日は 朝 目が覚めたら ゴーーーーーーッという耳鳴り。
でも会社に行かなきゃならないので 土曜 日曜は耳鳴りしたまま会社に出勤。
そして 月曜はお医者さんもやってるので
すみませーーん 耳鼻科にいかせてください
と 上司に頼んで仕事中に行ってきました。
1時間ほどで 会社に戻れました。

耳鼻科で聴力の検査したら ゆめゆりさん 4年前より悪くなってますよ
耳の聞こえが・・・
年齢的な基準より もっと悪くなってますよ。
すぐに耳鳴りは治らないと思うので また2週間後にきてください。

と言われ
お薬もらって 今 飲んでます。
最悪の状態のときより 耳鳴りは軽減されてきたけど
なんでもない時間が多くなってはきたけど
でも やっぱり時々 ぼーーっと変な音が聞こえるときもあります。

耳がおかしいと テレビの音もいやだし 
ましてピアノを弾いても 混ざった音になり気持ち悪いです。


あ~~~ 20代のとき いや そんな贅沢は言いません。
ひたすらマジメに生きてる私のために・・・
せめて 40代のときの若さに戻してください 神様~
スポンサーサイト

レッスン100回め

なっ なんと 100回めという回数になりました~。
現在の先生に教わり始めて。
休んだことも 3回くらいあったかもしれないけど
なんだかんだと 弱音をはいたり  喜んだり
しながらも 100回教わりました。
これからも続けていけるかなあ~


今日は 思い切って先生に切り出しました。
ずっと 考えていたことを。
ブルクミュラーは こどもっぽいし表現をするために
曲に入り込んで曲想を考えて弾く
それをヤル気になれない 楽しくないということ。
いくら技術の習得のためといえ つまらないと思う曲をやり続ける
というのは おとなには無理。
そういうようなことを話しました。

それでブルクは 中止にしてもらいました。
でも先生は 他の曲集で良いけど
あとでいいから ブルクの中の最後の曲 貴婦人の乗馬
その曲は 弾いてほしいです と言ってました。
なんでかな~??

「そんなにブルクは イヤだったんですか?」と聞かれました。
最初は私も良い曲集だと思ってやってたんですけどね
だんだん 何曲かやってるうちに イマイチな状態に陥ったんですよね。
でも 今度からのレッスンは 変わりました。。。

ハノン スケールは そのままやっていく。
シベリウスの 樅の木 途中断念したままだったけど
きちんと仕上げる 最後まで。

あと余裕があったら
ギロックのこどものアルバムの中から やる。


このあと 樅の木が仕上がったら( あはっ いつになるかわかんないわ~)
そのあとは インベンション8番も途中までなので そっちも仕上げる。
そんな感じのレッスンになります。


おほほっ(*^_^*)
そして 今日は インベンション4番 ハナマル書いてもらいました~。
何ヶ月 やったのかしら。
すっげぇ~ やってるざますわ・・・
ようやく 合格したのは 長い 長いトリルが 2箇所あるんだけど
そこのところでいつも あっトリル!!
と 身構えてチカラが 入ってたのをやめて
意識しないようにさりげなく 弾いていけたからだと思います。
ブログのお友達の記事を拝見して ふむふむ・・・と
参考にさせて頂きました。
ありがとうございました

あと今日は その他は 樅の木を中盤から最後まで弾いたのと
ペダルの入れ方が 悪いので音が汚い・・・
それで 先生が私の足の上に足を置いて
「こんなタイミングで踏んで」
と 一緒に踏んでくれたので 
私の踏み方の 間違いが良くわかり 修正できました。
やはり ペダル も入れ方によって 綺麗にも汚くにもなりますね。
ほんと 良く分かりました。

ということで 明日からまた ピアノを練習する意欲が湧いたので
自分でも やれやれ・・・
厄介な自分だな~と 
こんな オバさんを教えるのは先生も大変だと 思われます  他人事か?

これからの私のピアノ生活

私 今日は色々と 考えました。


なんといっても 現在やっている ブルクミュラーは
ちょっとした技術的なことや 表現の仕方に向いてるから
という理由でやってきてみたけど・・・
なんだか どうしても これは大人には向かないんじゃないか??
曲が 子供っぽすぎて どうにも馴染めないのです。

そりゃ 最初は 物珍しくてやったことないので
新鮮な気持ちで始めたのですけど 実際おもしろかったのですが
今は ちょっと どの曲もやりたくなくなりました~~。

このブルクミュラーを50代の私がやっても
夢中になって ヤル気にはなれません。
曲 全体を弾いてみても ここをうまく表現したいとか
そういう気持ちにすら なれません。
強く弾けと 書いてあるから強く弾く とか
ここは かわいくドルチェでとあるから かわいく弾く
ただ それだけのことになってて 曲に入り込んで自ら表現してやろう!!


なんて さらさら思えないので やりたくないと 最近特に思う次第です。。。


他に ブルクミュラーに代わるものがあればやりたい。
それか 先日買った 有名 無名のいろんな作曲家の作品が入ってる小品集みたいなやつでもいいし。

初級者に向く 何か楽譜はないのでしょうか?
うーん 無いよね やっぱり。


私 もうちょっと いろいろ 楽譜を探してみようかと思います。
つまらない つまらない と思ってやってても 
どんどん やりたくなくなってきてしまいます

レッスン99回め

おとといのレッスンのあと またいつものすごい筋肉痛が・・・
必死にムキになって頑張ったので チカラがむちゃくちゃ入ってまして・・・

「じゃ最後にインベンションを弾いてください」
と言われたので ちょっ ちょっとお待ちください
と言いながら私は立ち上がり 椅子の横に行って
腕をくるくるっと回して体操してから椅子に座って 弾いたほどです。
そのインベンションの前にやったのは ブルクのスティリアンヌなんだけど
なかなか 間違えずに続けることができず
中間部の伴奏の一部分だけ ズンチャッチャのチャッチャッが
妙に重く弾いてて変よ!!
というところ そこは指摘されないと自分では気にしてなかったところ
だったので 修正したりして

まあ何回も弾きましたよ。


それで筋肉痛になりました。

とりあえず指は平気なんだけど腕と肩と背中の一部が筋肉痛。
でも今日はだいたい良くなったのですけどね。
先日 行ってきたピアノ体験レッスンの先生に教えて頂いたストレッチも
うろ覚えではあるけど 試したりとかしてます。
その先生は ピアノを弾く方のためのストレッチを特に重要視して教えてる先生なので
また ワンレッスンでいいから行ってみようかなとも思ったりしてます。


あっ それで スティリアンヌはハナマルならず

ただのマルですが 渋々の合格で
やっとこさ 終了しました。
私 この曲 えらく長くやってた気がしたんですけど
まだ 2ヶ月経ってなくて終了できたので まあいいか
って感じです。
先生も このくらいだったら順調に進んでますよとおっしゃってました。
もちろん 子供さんとかと比べたら のろすぎるでしょうけど
なにしろ 中高年おばさんだからこんなもんでしょ・・と私も思います。
他人と比べても意味ないしね~~。
私は 私の道を行くわ

そして次のブルクの曲は バラードです。
先生は 私の苦手分野の曲を選んだようです。
以前から こういうスタッカートだらけみたいなのは嫌いと
申し上げてますもので
先生は そういう苦手なものこそやらないとネ
ということを良く言っておられます。
なので さっそく選んでくださいました~
涙が出るほどうれしい(嘘 うそ 嘘~)わよ。。。

バラードって 一般的なイメージでは、
もっと流れるような静かな曲なのかと思ってたのですが
動画で見てみたら やたらと ダッ ダッ ダッって
奇奇怪怪な音楽じゃないですか?
これも 嫌い度が 100パーセントだな。。。はぁ~~。


ハノンのスケールは ト長調とハ長調を弾きました。
次も同じく 言われたらすぐ弾けるようにしてきてね
ということでレッスン終了しました。

初心者の思うこと

私はレッスン曲を ずーーっと ずーーっと同じのをやってたりします。
なんで同じ曲をやってるかというと・・・
合格しないからなんです
先生からの合格基準は

1 止まらないで弾く
2 曲想をつけて弾く
3 できるだけ間違えないで、間違っても続けて弾き続ける

それらが できないもので ちーーっともハナマルを書いてもらえません。

上記のことをレッスン中に 全部クリアするのって
難しいですよ ほんと。。。
だって 普段 自分の家で弾いてる時だって 
なかなか そんなことできないです。
録音しようとか 動画撮ろうとか 
そういう緊張するときなんかでないのに 
いつも 間違えるのは 当たり前になってます。

同じ部分だけ 間違えるのなら そこだけ徹底して練習したらいいけど
私は そうとも限らないのです。
他の曲はともかく・・・


ポリフォニーのインベンションなんて
毎度 毎度 違うところで間違えます。
ちょっといつもと違う指で弾いちゃったりした場合
「おっとっと・・・」

停止~


違う指で弾いてしまったとき
どうしても 次に繋げるのが無理
指の都合で・・・次に行けないのです。

これが もっとレベルの高い方だったら
どうにかごまかして 弾けるんでしょうけど

先生は「 聴いてる人にとっては 弾きなおししたり止まったりは気持ち悪いし
それはどうでも良いことで 大事なのは 続けて流れて最後まで行くと
気持ちよく終わった感があるのよ」
と おっしゃいます が~~

確かに聴いてる側としては その間違えた部分なんて どーでもいいですよね。
そのあと すぐ立て直して曲が流れたほうが安心というものデス 確かに。。。


ただ 初心者は そういうところが初心者なわけで
取り繕うところがうまくできないのですよ。
だから初心者の域を出られないわけで。

というか まあ つまらないグチをつぶやきました。
スミマセン <(_ _)>
明日レッスン行くので また 今夜は練習だ

不思議なものです

今日もあまり ピアノを弾きたくはなかったけど
とりあえず練習しなくちゃ と思って弾き始めたのです。

ハノンのスケール ト長調 を少し
ブルクのスティリアンヌは 1回のみ
インベンション4番 1回と トリルの所を何回か弾いたり

あんまり おもしろくないので・・・
( あっ また ピアノ熱 冷え冷え病が出て来た ヤバ)

ぷりんと楽譜で仕入れた モーツァルトのレクイエム ニ短調<ラクリモーサ>
   これはピアノ曲じゃないけどアレンジしたやつ。
去年だったか レクイエム全曲をオーケストラと歌曲で聴いて感動したので
ピアノでも ちょっと弾いてみたいと思って。。。
こういう 弾きたいと思った曲は やるのに全然 苦じゃないの。
いくらでも 譜読みする気 満々なの。
だから 時々 譜面出しては 少しずつ弾いてます。

そして もちろん 樅の木も
最初の冒頭部分から 徐々に以前やった雰囲気を思い出してきたので
途中まで弾いてみたりしてます。
もう なんというか ここの和音の響きは こんな感じでいいのかな
いや もうちょっと重厚な感じのほうがいいかな
それとも さっぱりめな感じかな とか
ここらへんは ちょっと軽やかにテンポアップのほうがいいかな

なんて いちいち考えてみて弾いて。。。
アルペジオのところも いやいやこれでも、けっこうやってれば覚えてきたかも・・・

などと やらなくてもよい課題でもなんでもない曲に
没頭してしまいました


何か ブルクミュラーくらいきちんと 曲想つけて弾けなくては
だめでしょ 
それをやれるようになってから 他の曲を弾いてよ ゆめゆりさん。
という先生の 声が聞こえてきそうな気がします

レッスン98回め

簡単に書きます。。。


ハノンのスケールは ハ長調を弾きました。
今回は メトロノームできっちり練習したから バッチリ合格 ですが
このスケールは 合格であっても 先生が調の名前を言ったら
すぐ その調が弾けるようにするのが 目標なのです。

それで 次はト長調とヘ長調を弾けるようにしてくる・・・という課題です。
1日 1回ずつでもいいので弾くこと と言われました。


インベンションは どーしても流れて弾けないのです。
また練習するけど やっぱり 才能が無いのか それとも弾き方が悪いのか
全然 流れませんでした。


ブルクのスティリアンヌは 何回も弾きました。
曲想をつける練習で 先生は、めちゃくちゃ 歌ってくれました~。
強く歌ったり はじけて歌ったり体を動かしながら歌ってくれました。
私は まじめに弾きすぎてるので 少し息継ぎなどして
踊ってるふうにするほうがこの曲を上手そうに見せられるから・・・ということです。


とりあえず スティリアンヌを終わらせたいので
この曲を重点的に練習してきてください と言われましたので
ワルツを踊るイメージをふくらませて音の強さとかも意識していきたいと思います。


それにしても 腕や肩が 痛いのよ~~
弾くとき ほんと チカラが入ってるのよ~~
弾かなきゃ 痛くならないのよ~~
弾くから 痛くなるのよ~~
自業自得ってことは 良く分かってる。。。

インベンションて

自分のやってるインベンションと同じのを
動画で あちこち見てまわりました。

それで 自分の弾き方との大きな違いがわかりました。

小学生からおとなの方まで たくさん4番を弾いてらっしゃいます。
みなさんのインベンションは なめらかに横に響いていきます。



ですが 私のインベンションは山あり谷あり
おそろしくデコボコな道を疲労困憊に歩くよれよれの旅人のようでございます。
ここまで歩いてくるのに 46歳から何年かかったことでしょう。
やっと たどりついた 山の途中ですが 
疲れてしまったら ここから 転げ落ちるだけでございます。

山の頂上には 目指していても 辿り着かないであろうことは言うまでもありません。




だけど 私には (ピアノが好き) ということだけで
まだ 山を登って行く気力が ほんのちょっとだけあります。
一息ついたら また 歩き始めようと思います。


しかしながら・・・
それにつけても 私のインベンション4番 ヘタクソだあ~~~。
なんとかなんないのかな。

また楽譜

そんなに いらないのに ついつい買ってしまう楽譜。
ネットでも検索してみたり でも ネツトだとマズイのが
中身の譜面がどんなもの??かが まったく分からないんですね。

音符が小さすぎたらイヤ
音符が ごちゃごちゃ込んでるのもイヤ
そして 有名な曲もイヤ

そんなわがままな消費者なので 本屋へ行ってきました。

取り立てて 買いたい楽譜なんていうものは さらさらありません。
とにかく 楽譜にかこまれてあっちこっちの楽譜を手に取り
こんなのもいいな あんなのもいいな (*^_^*)
そんなのが いいんです。

そしていつもは そのまま買わずに帰って来てしまうのですが
今日は 買ってきましたよ。
そのシリーズが2冊あって どっちを買うか 迷ったのですけど
えーーい いいや 2冊とも家に連れて帰ろう!!
太っ腹のワタクシです。


今までは置いてなかったな・・・という気がしたので
裏を見たら どうも去年の12月に初版されたようなので
まだ できたてのホヤホヤみたいです


ヤマハの楽譜です。
有名 無名?? ともかくいろんな作曲家の 小品集がたくさん載ってます。
へえぇぇぇ~ モーツァルトやベートーベンが こんなちっちゃな作品も
作っていたんだぁ~~~と驚きました。
そして 無名というか 私はまったく知らなかった作曲家の曲だけど
ちょっと弾いてみたいな この曲ピアノの調べではどんな曲になってるんだろう?
そんなふうに ピアノを弾いてみよう!!という意欲をかきたててくれるような曲
もありました。
といっても まだ 弾いてみてないので 実際どうなのかは不明中の不明デス。。。

毎度 毎度 同じ曲の練習ばかりで 飽きたときに
他の小品もやってみるか・・・
という時のための 楽譜として活用しようかなと思います。
というわけで この私のような おとな初心者にでも弾けるような曲が
載ってる 数少ない楽譜であると思います。。。

どうせだったら

やりたい曲だけやるのなら 1曲だけやるのなら
その曲だけに集中してやれるわね。。。
ということで 今日はシベリウスの樅の木を1番長く練習しました。
他の曲も 少しだけやったけど・・・

とりあえず 樅の木 を練習してたら
あと もうちょっとだけ ここが覚えられたら 
こっちのアルペジオもやっとこう!!
あ~そうそう ここも レ♯ でペダル踏んでここのラまでずっと踏んでないと
だめよ・・・

そう先生が言ってたわね とか思い出したり
あれやこれや 弾いていたら1番 時間を割いてしまいました。



やりたくない つまらない曲だと ふむふむまあこんな感じでいいや また明日
という 投げやりな練習になりますが
そこが 趣味として学んでる 中高年のテキトーな心境なんですよね。
でも 好きな曲だと 一刻も早くある程度のところまで持っていきたい~
とう願いで 弾く意気込みが ほんのちょっと違うかも デスネ。


私 できたら この樅の木 自分の持ち曲にするわ
常に弾き続けて どこかで披露することがあれば
弾くことにするわ。。。

あっ でも まだ 仕上がりには ほど遠いんだったわ。
だけど 単なる希望よ 希望。
自分で思ってるだけで 他人様に ご迷惑かけるわけじゃなし
思うくらい いいわよね

やってみた

先生から何度も言われている 音を間違えてもいいから
とにかく止まらないで弾く


止まらないでとにかく弾いてみること。
それ大事

今日はブルクミュラーのスティリアンヌを 最初に部分的にミスするところを
練習してから 止まらずに全部弾ききる!! 
というのをやってみました。
途中 違う音を拾っても とにかく止まらずに終了できました。
とにかく 違う音を弾いちゃうと イヤだな と思うんだけど
そこは 我慢 我慢で 最後まで
弾いたわよ意地で・・・


そして インベンション4番も 同じくやりました。
こちらは 楽譜は置かないで すべて暗譜で・・・
こっちも とにかく途中で音を間違えると そこで止まることが
先日のレッスンでも多し
それでも 続けて弾き続ける 根性が大事 止まるのはタブー。
それで 今日はとにかく なんでもいいから最後まで やるぞーー
と思って やりました。
最後の音まで行って 終了しました。


試してみて 今さらながら
最初から 最後まで通して弾くと 終わった感があって 気持ちよかったです。

今夜の番組

今夜の番組表に
TBS で 進撃のヒーローという番組がありますね。
さっき 気付いたんですけど。

ピアノ初心者の父が家族のために 1曲間違えずに弾けるか

という内容になってましたので ちょっとどんな展開の番組なのか
興味あるので 見ようと思います。



ところで ピアノの練習のほうは 
昨日 レッスンをして頂いたので 気持ちもなんだか上向きになってきました。

樅の木も 少し先生の前で弾いたので
まあ これからも練習していく気力が湧きました。

先生に教わり始めてから 3年めに突入して何ヶ月か経ちました。
相変わらず 曲の途中で止まるとか 間違えるのは減らないし
いや かえって増えたりしてるかもしれないけどネ。。。
最近 先生は「ゆめゆりさん上達しましたよ」と毎回 言います。
私の下がる心を察してか 良くそう言ってくださいます。
ほんとかなあ と思いますが あまり本気にはしてません。

でも 最初出会った頃よりは 上達してなきゃ意味ないですよね。

うーーん そうです。
上達してこそ ピアノで弾ける曲の数が増えるんですよね。

2年前に弾けなかった 樅の木もたぶん今度は弾けると思うし
2年前に とてつもなく難しいけどカッコイイと思ったインベンションも
たった1曲だけど今は暗譜で弾いてるし。
少しは 上達してるかもしれません。

レッスン97回め

今日 レッスンに行ってみて感じたこと。
やっぱり 先生の教え方が楽しいということ。
なので また 頑張って続けます。。。


ハノンのスケール 
「ゆめゆりさん 拍感が なってないですねぇ~」
普通の曲でも 必須だけど このスケールで完璧にできなくちゃだめよ
ということで さっそく メトロノームをいつも使ってやるようにと言われました。

子供の場合は メトロノームばかり使ってると
なんだか 機械的になってしまうので良くないけど
おとなは 機械的になるほどからだにしみつかないから大丈夫よ
と言われました。あははっ(#^.^#)

おとなは すぐ拍を忘れちゃうからね しみつくはずも無く・・・ですかね?

まっ いいわ 明日から使って練習するわ。


そのあと ブルクミュラーと バッハも弾きましたけど
こっちの2曲もなかなか ミスが多くて
だいいち 弾いてるうちにチカラが入ってきて 間違えてばかりで
手が動きません。

それに あんまり練習しなくて さぼってたから無理もないですね。


それと 樅の木もアルペジオのところだけ先生の前で弾きました。
でも最初の12個の部分だけでその後のほうのアルペジオはまだあまり練習してなかったので
また 次回に・・・ということになりました。

「だんだん 速く弾くようにしていきましょうね」
と先生はおっしゃってましたが さて 32分音符で弾けるようになるかどうか

お楽しみに・・・ってか 適当に待っててくださいね

また下降よ~

人間て わがままです。
というか 私のことです

せっかく 子供のときできなかったピアノを
今 やっと先生について習っているというのに
なんでなのか あまり ヤル気がしなくなってきました。

練習すれば するだけの価値はあるんでしょうけど
多少は 技術の向上につながるんでしょうけど
このピアノ弾いて なんになるの?

なんのためにやってるんだろう?

家で練習して 教室に行って先生にマルもらって
また次の課題をやって

そういう 繰り返しだけで おもしろくなくて・・・
昨日もおとといも 弾く気になりませんでした。。。


だいたい そもそも レベルの低い私が しなくちゃならない練習曲なんて
山ほどあって それを順番にやってたら~~ 
あっという間にババアになってしまうじゃないですか??

今 やってるのだけでも 手一杯で
樅の木 の練習も あまり進める余裕がないし。
まあ その余裕が無いっていうのも 昼間は会社で 夜だけちょこっと練習という
その繰り返しで 余裕な時間もないわけなんですけどね。

おまけに 指の故障にも 気を使いつつの無理しない弾き方にしてますし。


いったい ここから抜け出すには どうしたらいいのかしら。


ノッティングヒルの恋人

1月29日の お昼過ぎに放送された "ノッティングヒルの恋人"
を録画しておいて やっと今日見ました。

この映画は 私の知ってる限りでは テレビで
放送されるのは 三度めなんですけど
私は この映画が大好きで また今回も見てしまいました。

ノッティングヒルの恋人 あらすじ

大女優のアナ と しがない本屋の店主タッカーとの恋物語。
最後の記者会見の場面とか 結婚式の場面とか・・・
ハッピーエンドで終わるのに バックに流れる音楽 ( she )歌と相まって
妙に 泣けて 泣けて ティッシュが4枚くらい必要です。
鼻をかむのに。。。


そして この曲は 私 発表会で弾きました。
7年前くらい ずっと前の発表会です。
メロディは原曲??(というのかな?)で弾けたけど 伴奏は難しすぎたので
当時 教わってた先生が音を減らして 簡単な伴奏にしてくださって
練習 頑張りました。

人生初の 発表会でしたが 
これが けっこう 上手くいって 間違えずに堂々と弾ききったけど
家に 帰ったら ふらふら~~っと チカラが抜けて
寝込みました ^_^;

極度の緊張は 体に良くないです。。。

 | HOME | 

文字サイズの変更

にゃんこ

Maukie

ゆめゆり

Author:ゆめゆり
40代からピアノを始めました。おひとりさまの中高年でございます。
2017年9月より日常的な話題のほうは他のブログで書くことにしたので、こちらはピアノ記事のみとなります。よろしくお願い致します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
ごあいさつ (3)
楽譜 (4)
サークル (3)
練習会 (15)
ピアノ (351)
コンサート (10)
ブログ (12)
レッスン (88)
ねこ (6)
お知らせ (4)
自習の記録 (151)
色々なこと (36)
動画 (6)
おでかけ (1)
体調について (21)
ピアノ教室について (8)
家族( 限定記事) (10)
食べ物 (5)
ピアノ歴 (1)
休日 (3)
発表会 (1)
曲について (10)
生活 (31)
他の参考演奏 (1)
レッスン 限定記事 (67)
フィギュアスケート (2)
ピアノ 限定記事 (6)
旅行 (1)
友達 (1)
おひとりさま (38)
人間関係 (3)
家庭菜園 (0)

ゆめゆりの日記

ぽちっ

ピアノは 大人になってから始めたので ちっとも上達しないけど、13年続けてます。


にほんブログ村 2006年より弾いてきた主な曲 フォーレ  シシリエンヌ バッハ  プレリュード平均律クラヴィーアBWV846 ベートーベン エリーゼのために リヒナー  勿忘草 パダチェフスカ  乙女の祈り シューベルト  セレナード ショパン  ノクターン21番ハ短調 (これ全然有名じゃない曲) メンデルスゾーン ベニスの舟歌 パステイン  魔女の飛行 三善晃   珊瑚の唄 クレメンティ ソナチネ36-1 クーラウ  ソナチネ20-1 シベリス  樅の木 インベンションは、4番8番1番13番の4曲です。 プレインベンション楽譜より 7曲 ブルクミュラー25楽譜より  18曲 ざっとこんな感じです。 どれも完成度は低いですけどね。 でもこれからもピアノは 弾いて楽しみますよ♪

カレンダー

01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん