ゆめゆりの記録日記

おとなからピアノを始めた中高年の記録です~。

また故障

数日前から 左手 薬指の先のほうが爪のところが変だな
なんか 痛いな~と思っていたら

今日になって赤く腫れてきたのと ぶつからなくても 触らなくても痛いので
これは 病院に行かねば
と思って 祭日の当番医に行ったら やっぱり化膿していました。
なんで こんなことになったのか見当がつかないのですが

先生が 薬で様子をみるか
または 切ったほうがいいようなことも言うので

うーーん 切ったほうが早く治りますか?
と聞いたんです。
そうしたら 「はい 切りましょう」って 上機嫌で切る気満々
それで 1センチくらい切りました。

麻酔を指の付け根にしてからなので 痛くは無いけど
麻酔が切れてからが ずっきんずっきん痛みます。

でもそうでなくても痛かったから どちらにしろ痛いですね。

これで また ピアノ練習はできなくなりました

こんなに 疫病神にとりつかれたのは初めてよ。
耳鳴り 難聴 腰痛 扁桃腺炎に続きまして 今回は指。
なんで化膿するまでに腫れたのか不明。。。
スポンサーサイト

音を大事に

私が今回の体験レッスンで学んだというか 
いや 前から他の先生にも教わっていたことではあるんですけども
今 初めて教わったことじゃないけど


1音1音 音を大事にして ゆっくり音をとって弾く ということ。

これが意外にいつもいい加減に譜読みして いい加減にこんな感じでいいんだろう
と弾いてたことが良くなかった あっ当たり前ですけど
今回ほんとうに それが大事だと実感しまして なるべくゆっくり弾いてます。

なにしろ最初のレッスンのときに 樅の木の冒頭部分を弾いたら
「なんだか ごまかしちゃってますねぇ」
と先生に言われて そのとおりだと自分でも思ったことと

その後の2回め 3回めのレッスンでも
速く弾いて間違えたら 今度はゆっくりと両手練習
それでも間違えたら右手だけ 左手だけというふうに 分けて練習する。
そうやって 片手ずつで弾いて( 初心に帰る )

ということを 先生も やってます!! とおっしゃってたので
とても 親しみが湧いたのです。
先生というと 上から目線の先生しか 知らなかったので

先生 ご自身がやってると言われたことが すごく 記憶に残りました。
ほんとにやってるかどうかは知りませんが
そういうふうに生徒に言うことによって おしつけがましい教え方ではなく
自分もやってるので あなたもやってね・・・
という とても自然に説得力があると思うのです。


なので 私は 今までも他の先生にも さんざん言われてたであろう
まずは ゆっくり弾く 
それを今になって やっと 
ゆっくり1音かみしめて 拍も意識して 音の強弱も意識して

練習するようになりました。

それに 好きな曲を弾くのだから よけいに大事に弾こうという気がしてます。

やっと

昨日から ようやくピアノの練習ができるようになりました。
今夜もできました
良かったです。

私 一時はもう ピアノを弾くとかというより
ピアノの椅子に座るということさえ できなかったくらい
腰痛を初めとする全身の痛みで もう何もできないのか?
と絶望しかけました。。。

からだのどこが悪くてもピアノは弾けないような気がします。
今日は全身の具合が良く どこも変じゃないわ~という日が
ほとんど無かった この最近のワタクシ事情です


それが・・・おととい初めての治療院に行って少し良くなったことと
あと 同じおとといに 友人がとっても小さなクッションをくれたので
それを腰に当てて車のシートとの間にはさんで運転するようにしました。
そうしたら腰の具合がとっても良くて痛くならなくなりました。
友人もそういうクッションをはさんで運転してるそうで
腰に良いから~と言ってました。
私は 今までそういうことに気付かず 運転してると椅子との隙間ができて
腰がつらい状態で 困ってました。

それじゃあ 会社の椅子も同じように腰にクッション当てておけば
痛くなりにくくなるんじゃない 
と ひらめいたので ( 今さらですけどね )


さっそく昨日の朝 家にあったクッションになりそうな
小さめなものを持っていって腰に当てて座ったら
これまた 良い感じ
もっと 早く そうしておけば座っていても痛くならなかったかも・・・
と思った次第です。

歳をとってきたら みなさん気をつけましょう。
自分で自分をフォローしないとです。。。


さて ピアノのほうですが、とりあえず 今度のピアノ教室に決めようと
思っています。
それも 一番回数の少ないほうのレッスンにしようかと思います。
そうすれば 練習をゆるりとできるし。
毎週行くような過密スケジュールだと 練習できないと思うので。
今までの先生のところでは、 良く私は毎週行ってたな・・・と感心しますが
少しでも上達したいという意欲がみなぎってたからですよね。


もちろん 今度の教室でも一生懸命やるつもりですけどね。


でも 本当に先生が変わると 気分も変わりますよ なぜだか。


同じ曲を教わっていても 前の先生に言われなかった部分の弾き方のポイント
そういうのも教えてもらえるのが新鮮で良いです。
もちろん 同じところの間違いを指摘されて あーーー前も同じこと言われたっけーー

ということも度々ありますが 
同じ注意をされるということは いつになっても直ってないということで
そこのとこは 特に要注意で練習していかなければなりませんね。

適当に自分で弾くだけなら なにも習いに行く必要はないわけですけど
自分だけで弾いてたら ほんとうにいい加減な演奏で間違いだらけな曲になるわけで

そういうなかで 先生に教えて頂くということは
曲の完成度のためには どうしても必要不可欠な事なので
また 新ピアノ教室通い 頑張りまっす

メンテナンスにいってきました

腰の痛みや肩の痛み 体のあちこちが凝り固まっていたので
いろいろ探しまして 行ってきました。
○○○○堂というところです。
元々は整形外科医をしていた先生だそうですが 
整体でもなく マッサージでもなく 整骨院でもなく なんだろう?


特に特別な機械を使うのではなく 脳からの脊髄液の流れを良くして体液の循環を良くして
治して行くという方法だそうです。
その流れを良くするという施術は 体の下に小さいマットを入れたり出したり
して体がちょっと傾くだけのことで 
えっ そんな簡単なことで流れが良くなるの?
って思うけど その微妙な出し入れのタイミングが良いのか
骨盤や足 背骨 腕の上げ下ろしなど だんだんに動きがスムーズになりました。
そのあとも ツボのマッサージ? 指圧?
何か いろいろとやっていただき 終わったら
なんと 腰も柔軟になり
腰を前に曲げるのも 楽になりました。


それで 1度ではなかなかすべて 解決というわけにはいかない
ということも 先生がおっしゃいましたので
また来週 出かけていって治療していただくことにして 予約してきました。

そういうことを続けてやっていき 自分の硬い体を柔らかくしていけば
腰痛や肩こりも 軽くなるという気がしました。
いつも 座ってばかりいる仕事のせいもあるけど
なんとか 今の状態を抜け出さないと ピアノも練習できないので頑張って治療行ってみます。

おとなピアノれっすん3回め

自分のブログも ずっと前に書いたものは見返すことがないし
まあ ちょっと前に書いたものすら見てないので
もうなんというか その日暮らし 風の吹くまま気の向くまま~~

で、適当です。
だけど レッスン記録は書いておいたほうが何かあとで役に立つかも・・・
立たないかも知れないけど。

それはそうと ここのとこまた腰痛で腰の筋肉が 凝り固まってて
腰の曲げるときの動きが鈍い そして 体全体の動きも鈍くて
いつも疲労感 たっぷり。
ということでピアノの練習もやってなかったけど 今日はまた体験レッスンの
3回めの日になってるので行ってきました。
あと1回レッスンを受けたら 正式に申し込みしようかと思ってます^^


ハノンも樅の木もまったく1週間練習してなくて レッスンに行く度胸 
すごいです、私こういうことは初めてです。
昨日は 疲れがMAX でした。
なんでこんなに体がだるくて眠いのかーーっていうくらい変でしたので
早く10時半には寝てしまいました。


そうそう それで 先生は隣にすわって
普通だと「はい 弾いてください」 とか 「はい どーぞ」とか言ったりするじゃないですか?

だけど そういうふうに言わないんですよ。
今度の先生は・・・

「樅の木 聴きたいなあ~~ここのとこ~」 って言うんです。
そういうふうに言われると ほんじゃ いっちょ弾いてみましょうかね
という具合に気持ちがなるので 自然に弾く気持ちになっていくという
おもしろい精神作用が働きます。。。

樅の木の中で 特に苦手なところを先生に聴こう!!って思ってまして
アルペジオいっぱいの中の 右手中指と小指の間がシからミまでの離れすぎな距離感が
とても弾きにくいので これをなんとか弾きやすくする方法はないかとたずねました。


★ひとつは あんまり手前で弾かないでもう奥の黒鍵に近いようなとこで弾いてしまえば
わりと弾きやすい
ということと・・・

★もうひとつは1音ずつ ぽんぽんぽんとその一山をゆっくり弾いて
何回も弾いてたら慣れるので 徐々に速くつなげるような意識で弾いていく


そういうことを試しに弾いたら ほんとに弾きやすくなりました。
ほかにも 方法を教わりましたが 私にはこのふたつの方法がやりやすかったです。

さすがに先生にわからないところを教えて頂くだけで
私 こんな曲弾けないかもと思ってたのが やっぱり弾けるかも~と
希望ができる というのが やはり レッスンを受ける価値があるということだと思いました。


私は とにかく 無理をしないで楽しくピアノを弾いていくことにしました。
趣味のピアノは ヘタクソだけど 弾きたいので 
頑張り過ぎないということを目指します。
そして 自分もあれやこれやと 身の丈に合わない好きな曲が 
たくさんありますが そういう曲は 自分が弾いても曲にならないものばかりなので
これからも どういう曲を選曲してレッスンしてもらうのかが 課題です。
とりあえずは 今 やってる曲で 当分の間 もちこたえますけどね ^_^;

おとなの初級者のみなさんは どんな曲をレッスンなさってるのでしょうか?
お聞きしたいです。

考えてもわからないのが

前の先生も 教え方はすごく良かったんです。
ずっと 良いと思っていたんだけど  だんだんと・・・
私の目指してるものと 先生の考えとが 食い違ってきたという感じでしょうか。
私は上達したいという願いで 前の先生のところへ志願して入ったわけですが
確かに入った当時は すごく新鮮な知識豊富な教え方でわかりやすいと思っていました。

そして ハノン ソナチネ ブルクミュラー インベンションなど
ちょっとずつ かじって教えて頂きました。
とても 濃い授業だったと思います。
でも1度に3冊 4冊とか多くの楽譜を練習して毎週通うレッスンが
だんだん この歳になり 負担になってきたのは事実です。
それでも 目に見えて上達してるのならいざしらず
伸び率も そこそこ 頭では理解してても 指が反応鈍いという 悪循環が災いして


もう あっぷあっぷの状態でした。
プラス会社の忙しさも手伝いまして 腰痛 扁桃腺炎 耳鳴り 難聴 と
エライ目にあった 3月でしたが
今になって ようやく 小康状態に落ち着いてきた感じかな?と思います。
でも 更年期真っ只中な 不調は 毎日あります^^
ストレスもたくさんあります。



そんな中 やはり ピアノ教室も変えて 先生も変えて
違う環境の中に 身をおいて
おとなの生徒のひとりとして ゆるりと勉強するのが
今の私にはベストなことかと思います。

そして 今回申し込むことになると思う教室の先生は
やはり また 人間が違うから?? 教えてくださることが 単刀直入に
すーーーーっと頭に入り込んでくるので とても理解しやすくて嬉しいのです。

要するに前の先生と同じようなことを教える時でも
なぜだか わからないけど(考えてみても なぜかわかりません)
すぐ あっ それですねフムフム と呑みこめるのです。
でも それは 前の先生にも教わっていたことを違う角度で 言ってくれてるからかな
とも 思いますけどね
まあ そんなことは どーでもいいんですけど

というわけで 私は 樅の木 しつこく頑張っております。

いつも同じ曲のことばかり書いてて 飽きないのか
と思われるとおもいますが
私は 飽きてないんですよ これが 全然。
不思議よね~。
出来上がるまで ずーーっと書くかもしれないので お気に入りにもしも私のブログを
入れてる方がいらっしゃいましたら 覚悟しておいてくださいませ~
今のうちに 削除しておいたほうがいいかもしれませんよ~~~。

教室について

今年になって ピアノの先生の指導法や教室のあり方について
やたらと 疑問? えっ何それ?
なことがめったやたらとあって・・・
あちこち3つの教室を巡ってきたのですが
それぞれ 良いと思うこともあり これはいやだなと思うこともあり
せっかくお金を出して習うのだから
慎重に 考えてる私。

その中でどうしても 譲れないのが どういうピアノを使っているか?です。
私は グランドピアノを弾きたい!!
なので 絶対グランドピアノ・・・と思っているのですけど
楽器店やカルチャー教室は 先生云々と言う前に
教室のピアノが電子ピアノだったりするみたいで それは避けたいという気がします。

個人で教えてる先生は みなグランドが普通ですもんね。
グランドピアノは弾きやすいし 繊細なppが出るし
音も良いし本当に家にあったらなあ~と思います。
でも 私のようなヘタクソなやつには ブタに真珠 ネコに小判的なものに違いないですケロ~。

そういえば 今回の体験レッスンで先生に料金表を見せられ
ゆめゆりさんは ここの中級の1のとこでいいと思います と言われたので
えっ そんな!!私はバリバリの初級者なので こっちのほうですよ!!と慌てて

猛アピールしました。

なんといっても どう考えても中級の仲間であるはずがない。
そして レッスン料が違う ← そこが大事

その結果 じゃあ しょうがないわね ということで
初級2に 落ち着きました。
どうせ この先レベルアップなんてしていくかどうかわからないのに
初めから中級で なんてホント困りますよね。

今回の体験レッスン教室では ハノンと好きな曲だけ ということになり
ブルクミュラーは無しなので ブルクが減った分
樅の木の練習に そこそこチカラを入れられるので まあかえって良かったかなという気がしてます。
やっぱり ピアノを弾くにも体力勝負というところがありまして
歳をとってきて 腰痛 がなかなか治らないのです。
毎日 会社で座ってパソコンや帳簿つけたり電話受けたり 
そんな座り仕事が毎日なので 座りっぱなしは腰に負担がかかるようです。

先日 鍼灸マッサージにも行きました。
女性の先生なのでソフトなのですが けっこう効きます。

腰の筋肉や腹筋はいまさら鍛えられないので なんとかならないでしょうか?
と聞いてみたら 手をぐーーっと上に伸ばしてこれ以上伸ばせないとこまで伸ばしてみる。
それだけでも 腹筋が伸びてくれるので 縮こまった腹筋を鍛えるのではないけど
伸ばしてあげるように日々やってるといいですよ
と教えてもらい 一日に何回もやるようにしてます。

それと 手を伸ばして行くときの呼吸は吸って 手を下ろすときには脱力するのでその時は息を吐く。
そして 口から空気を吸うと酸化するので 必ず鼻で吸って鼻から吐く・・と言ってました。

そして カフェインは筋肉を硬くする作用があるので
緑茶とかコーヒーとかは控えたほうがいいそうですよ。
まあ 多く飲んではいけないという程度だということです。

50代の私 腰のところとお尻のあたりにかけての筋肉が とにかく疲れやすいので
ピアノも 弾くときの姿勢にも注意しながら また頑張って練習していくつもりです

 


おとなピアノれっすん2回め

先週の体験レッスンを受けた教室に 今日も行ってきました。

時間はきっちりと始まるのに 入学するときの金額とかレベルによって
どうとかこうとか説明されてるうちに どんどん時間が過ぎるので
私は気が気ではなく 早くレッスンしようよ時間なくなっちゃうよーーーと
心の中で叫んでいましたよ。。。
結局 10分後にやっとレッスン始まりました。

ハノンスケールは ハ長調の普通のと リズム変奏もしたりスタッカートで弾いたり
しましたが スタッカートにすると なんだか全然弾けなくなります。
鍵盤から指が離れすぎちゃうのか 指使いが怪しくなりスタッカートは
次回にも練習してくることに・・・
それと イ短調も弾きましたが イマイチ ^_^;
あまり 練習をやってないから ダメですね。

その次に 樅の木 弾きました。
ここでの注意点は なんだか私のはメリハリが無く
メロディがきちんと出てないので・・・

右手で弾くメロディの16分休符のあるところは
きっちり強調して弾く・・休符の強調をして だらだらと弾いていかないこと。
そして ~フォルテで弾いてすぐ弱く弾く~というような
ここの音は強く弾くけど 弱いやさしい音にするところも考えて
全体の曲のメロディラインが聴いてる人に分かるように
メリハリをつけて弾く

そんなことを注意されました。

私は楽譜も見てるようで 見てなくて
休符など 見えてても 見なかったことにして弾いてたり
勝手な思い込みで弾いてることが多いのは 自分でも良くわかってるんですよね。
そういうのをまず 直して楽譜を良く見て観察しないとダメですよね。


今度の先生は見本で ここはこんなふうに強くそしてこっちは弱くして
流れを切らさないようにうるさくならないようにネ とか
実演入りで教えてくれるところが 良いかもしれません。
実際に弾いてくださると分かりやすいですね。

私の悪い弾き方と
先生の示す良い弾き方の違いを
実演してくれるので ほんと分かりやすかったです。


(この教室の良いところは)
おとなの生徒がいる
発表会とか弾き合い会があるので 人に聴いてもらえる
学ぶことがゆるやかで きっちりした詰め込み教育になってないので
練習していくのには楽チンかなと思う

そして一ヵ月のレッスン料は前の先生のところと同じくらい

でも ちょっとひっかかるところも気になるところもあり
どうしようかなあ と悩みます。


まあ もう少し 悩んでみます

先日のこと

木曜日に もうひとつの趣味? のために東京に行ったのですが
帰りが遅くなりそうだったので こちらの自分の住んでる町の駅に車をとめるか
それとも 隣町の新幹線駅のあるほうに車をとめるか

会社の人の意見も わざわざ 今回は聞いてみたりして
やっぱり いつもどおり 自分の町の駅のとこに車置いていけばいいや
ということにして 出かけていきました。

そして 趣味のほうも終わり、お友達とイタリアンの食事をしてたら
なんと 時計は21時半になってまして
「時間 大丈夫?」 と聞かれ

「あっ やばい 急がなきゃ」と 残りのパスタとケーキと大急ぎでかきこみ
渋谷駅から東京駅に向かったけど


いやーーん もう 22時台の新幹線 みんな出ちゃってる


仕方ない 最終の新幹線に乗るしかないわ
と 渋々乗ったのですが まあ サラリーマンさん ばっかりでした。
私は遊びだけど みんな平日のお仕事 こんな遅く帰るご主人 大変ね~とか思いながら
乗っていました。

でも 私は もう23時から24時になりそうな時間帯だし
東京でへとへとに疲れてたので
2人掛けの椅子のむこうの椅子にバッグを置いて
足はハの字に ヴぁーーーーーーんと投げ出し
あっ もちろん スカートははいてません パンツスタイルです。
もう どこのおやじだよ・・・な格好で座ってました。

そして 隣町に着いた新幹線を降りて 今度は自分の町へ行く在来線待ち
これも もう最終ですよ。
でも 意外にサラリーマン 女性も乗っていました。
うちのような田舎都市ですが こんな遅くまで新幹線通勤してるのかしら
大変だなあ・・と思いつつ 家路に着きました。

家に帰ったらもう 全部投げ出して お風呂に入って即寝ました 
本当に 疲れ果てた1日でした~。

でも また 懲りずに行くのよね たぶん。

言われたこと

先日の体験レッスンの先生に言われたことがあります。

曲はとりあえず譜読み中なのが シベリウスの樅の木
その曲を ちょっと聴いてみたいなあと先生がおっしゃいましたので
ほんの さわりの冒頭部分を弾いたんです。
と言っても かれこれ1ヵ月以上レッスンに行ってませんので
もう なんというか 惰性で練習してましたから
なんとも いい加減なチャラチャララーーンなアルペジオを弾いたんです。

自分でも 今 弾きたくないな
ヘタクソが ばれるよ~
と思いながら 弾きました。

で・・・先生は
「なんか ごまかしちゃってますね。

ふふふっ そのとおりです・・・

何か自分だけで練習してると どれがいいのか悪いのか なんだかさっぱり
分からなくなってきて もういい加減もいいとこデス。

ということで 速くアルペジオを弾いてごまかすのではなく
きちんと 遅く弾いて練習しましょうね と言われました。
当たり前中の 当たり前な話ですが。

先生は 130くらいのテンポの曲も まず 60から始めて 63 68とか
徐々にスピードを上げて練習するんですって、いつも。。。
だから 先生もそういうふうにやってるんだから
ゆめゆりさんも してください と言われました~。



それで そんなふうに言われたらやるしかないじゃないの
初心者級の人は もっと きっちり遅く弾いて音をとらなきゃだめだわ
と思うようになりました。
今晩も きっちり 遅くゆっくりと弾きました。
とりあえず ペダルでごまかさないでペダルを使わないで音をとって
練習しました


今日のこと

体験レッスンに行ってきました~。
忘れないうちに書いとこーっと。

最初に電話をもらったときの感じと 実際にお会いした感じとまったく同じでした。
とても好感触のイメージで・・・とても良い先生でした。

最初に私が持っていったハノンのスケールを弾きました。


 今まで教わってた先生と違うのが
私が こういうハノンのこのへんのところをやっていて
左の中指が痛くなり整形外科に行った・・・そしてヘバーゼン結節という病気かも
という診断だったという くだりをお話しました。
そんな私の話を聞いて ただそうですか というだけかと想像してたんですけど
(前の先生がそんな感じでしたので)

でも今日の先生は 「それはたぶん ゆめゆりさんの弾いてる指の形を見ていると
その痛くなった指は 指の腹で弾いてたんじゃないかと思います。
腹のほうで無意識に弾いていて第一関節のところに無理な負荷が
かかったのかもしれないと思いました。
どちらかというと爪が鍵盤に触れていいので 指の先のところで鍵盤を
押すように弾いてほしいです。
今 弾いたときも右手小指が第一関節だけは山に曲がってるけど 
第二関節がピーーンとまっすぐに なってて・・・
第二関節も曲げて弾くようにしないとダメですよ。
私なんか そこをピーーンとまっすぐに伸ばして弾くっていうことが逆にできないので
ゆめゆりさん すごい!!と思っちゃったくらいです」

と言ってもらって おお~そうだったのか~と 自分で気付かないとこを指摘して頂き
ありがたく ありがたく思ったです。

あと 脇を開けてハの字みたいに腕をひらいて 
下に ぶらんぶらーーんと おばけの手みたいにしてから
そのまま脱力して鍵盤に指を乗せる。

音は指先で弾くけど
手首は柔軟にそして 強い音を出すのは まずは手首で、
          そして もっと強い音を出すときは腕で
          最高に強い音のときは全身の体重を乗せる。

まあ そんなようなことを実演も入れて教えて頂きました。

で・・・私も弾き始めはそういうことを頭に入れてるんですけど
弾いてるうちに 真剣になってきて ころっと忘れちゃうんですよ
と言うと 「あっ そうですよね私もそうなんですよ わかります」
なんて 先生がそんなことあるはずないけど
同調してくださり さすが 大人を教えてる先生は そんな大人の気持ちも
分かってくれてうれしいと思いました。

そして ハノンのスケールも 前の先生と 若干 違う指導をして頂き
あら また新しい発見があったわ と いうことも
今日行ってみて 良かったことかな。


それと 曲のほうはどうしましょうということになり
私が まあとりあえず これを譜読みしてます
と シベリウスの樅の木をだしたら
「まあ!!この曲 綺麗な曲なんですよね ぜひやってほしいわ」
ということで この曲をやることになりました。
私は 別に樅の木でなくてもよかったんだけど 先生が好きだというので
これに決まりました

発表会もあるんだけど そちらは日が迫ってるので
また来週行ってから どうするか決めるということで。
月2回レッスンもあるけど できたら年間40回のほうのレッスンに来てもらったほうが
発表会などに出る場合は回数が多い分 先生も教えやすいし
「私のヤル気が漲ります」 と先生は本当にガッツポーズをしてまして
とても愉快な先生で・・・
もう すっかり体験レッスン以降も私が通うという前提のもとに
お話をされてました。

ということで 今回の体験レッスンはとても勉強になり
いろいろな面で・・・
そして話しやすい先生で教え方も分かりやすいし 指の故障などもどう対処するかの方法とか
詳しく教えてくださり とても良かったので
こちらの教室に決めようかと思って帰ってきました。



いろいろ考えます

私 今年になってからふたつ体験レッスンに行ったんですけど
同じ曲をやってもらえば その教え方の違いがわかるかな
と思って同じ楽譜を持っていったんですよ。
まあ 同じ曲でなくても そりゃわかりますけど
わかりやすいかなと言う気がしまして。
でも実際 ほんとに教え方は違うので どれがいいというのは
自分の判断で決めればいいわけですけども。

ずっと同じ先生についてると馴れ合いみたいな感じになったりで
ほんとに こういう方向性の勉強でいいんだろうか とか
だんだん 疑問に思えてくるという なんとも
めんどくさい性格のゆめゆりな訳なんです。

だいたい教わり始めて2年を過ぎてくると
ふつふつと 疑問が湧き出てくるんですね これが悪い癖。


たとえば 今の先生(休み中ですが) は大人を教えてないので
あまり おとなに対しての意見をしてくれません。
おとなをどう扱ったら楽しんで学んでくれるだろうか?
初級者だけど もっと上達させるには どんな教材を
どういうふうに どこまでやったら ここらへんまで伸びるかもしれないよ・・
とアドバイスを積極的にしてくれるとか が欲しいです。
おとなピアノ初心者は 何か目標を持って弾かないと
なんのために 習っているのか 分からなくなりがちだと思うのです。

まあどこの教室も 音大をめざして学ぶ子供さんと違って
「おとなの方には 自由な楽譜で自由に弾いてもらいます」的なところが
わりと多そうですけどネ。。。


来週 私が予定して予約した教室も 基本 自由らしいですけど
初めて習う初心者ではありません と言ったら
どんな 楽譜を使ってましたかと聞かれ
「 えっと ハノン と ブルクミュラー と インベンションとかです
  なので かなり初級者です。」
と言ったら その楽譜を持ってきてくださいね ということでした。
その担当の先生が どんなふうに教えてくださるのか
今の先生との違い・・・を良く感じてきたいと思います。

それで 今 けっこう 必死
な勢いで ピアノ練習は家でやっておりますよ。
体験レッスン 楽しみだぁ~

自主練習してて

今は ずっと通っていた先生の教室 お休みしてるので
もう1ヵ月くらい指導を受けてないけど
以外にピアノ熱は 下がりません^^

会社の仕事が忙しくて モーレツにお疲れモードで ピアノも少ししか
練習できないのでお休みしまーす。
と連絡してから 早1ヵ月。
一応 他の教室に体験レッスンに行く予定があるので
ぼちぼち弾いてますけど・・・

とりあえずは ひととおり今までやってたハノンのスケールとか 
ブルクミュラーもやって
 
樅の木も アルペジオのとこも一通り弾いてます。
中間部の音取りも今 弾いてみると 以外に弾きにくくなかったりして
これも だんだん思い出してきました。
私の持ってる楽譜は この曲のレベルはブルクミュラー程度とあるけど
他の楽譜では ソナチネ程度に分類されてました。
楽譜って どれがどうなのか よくわかりませんね。
だいたい 完成度にもよるし 完成度を上げて弾けるのは
やっぱり ある程度のレベルの人じゃないと無理かな。
私には まあ なんというか 無理っぽい。
でも 弾きたいので 頑張る



あと インベンション4番もとりあえず 忘れないようにやってます。
唯一 私がやって 一応マルをもらったインベンションなので
この4番だったら 普通に暗譜してるから 苦にはならず弾けて
指の練習になるかなと 思ってやってます。

以前に8番も 手を付けて教わったけど
他の曲との併用で とても譜読みが大変だったので 中止しちゃってますが
別に やれるときがきたら8番やればいいか~~と 気楽に・・・
インベンションだけ 1曲だけなら譜読みもしていけるけど
それだけを 毎日練習するのも ちょっとねぇ~~ 考えちゃう~ ^_^;
つまらなくなると思います。


そうそう今日 そのインベンション4番を弾いてて気付いたんだけど
私 遅めに弾いてたら弾きにくくて・・・
だったら スピード上げて弾いてみようか と思って
今までより ぐっと意識的に速く弾いてみたら けっこう弾きやすかったです。
慣れてきたら どんどんスピードアップできるのね と思いました。

なんとまあ

常々 ピアノを家で弾くのに 


あまりの うるささに


家族に敬遠されてるので 


いえ いや・・・


家族はひとことたりとも ピアノを弾くなとか やめちゃえ~とか言うわけでは
ありませんが 家族なだけに ひしひしと その気持ちが伝わってくるのでアリマス。


同じ小節を何度も何度も 弾いたり
ハノンのスケールを 行ったり来たりしてみたり

そりゃあ 誰だっていやだなあと思うと思いますよ。
私だって 他人のそんなピアノ 聴きたくありませんから。


それで 私 電子ピアノでも買おうかと考えました。
音量調節できるし。。
ただの譜読みするときとかは 電子ピアノで弾いて
なんとなく覚えてきたら 生ピアノで きちんと弾くとか。。

あーーーでも それもちょっとムダなことかなあ~

防音室にこもって 弾きたい~~。
趣味といっても 人に迷惑かけないようにするのはなかなか 難しいもんです

 | HOME | 

文字サイズの変更

にゃんこ

Maukie

ゆめゆり

Author:ゆめゆり
40代からピアノを始めました。おひとりさまの中高年でございます。
2017年9月より日常的な話題のほうは他のブログで書くことにしたので、こちらはピアノ記事のみとなります。よろしくお願い致します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
ごあいさつ (3)
楽譜 (4)
サークル (3)
練習会 (15)
ピアノ (352)
コンサート (10)
ブログ (12)
レッスン (88)
ねこ (6)
お知らせ (4)
自習の記録 (151)
色々なこと (36)
動画 (6)
おでかけ (1)
体調について (21)
ピアノ教室について (8)
家族( 限定記事) (10)
食べ物 (5)
ピアノ歴 (1)
休日 (3)
発表会 (1)
曲について (10)
生活 (31)
他の参考演奏 (1)
レッスン 限定記事 (67)
フィギュアスケート (2)
ピアノ 限定記事 (6)
旅行 (1)
友達 (1)
おひとりさま (38)
人間関係 (3)
家庭菜園 (0)

ゆめゆりの日記

ぽちっ

ピアノは 大人になってから始めたので ちっとも上達しないけど、13年続けてます。


にほんブログ村 2006年より弾いてきた主な曲 フォーレ  シシリエンヌ バッハ  プレリュード平均律クラヴィーアBWV846 ベートーベン エリーゼのために リヒナー  勿忘草 パダチェフスカ  乙女の祈り シューベルト  セレナード ショパン  ノクターン21番ハ短調 (これ全然有名じゃない曲) メンデルスゾーン ベニスの舟歌 パステイン  魔女の飛行 三善晃   珊瑚の唄 クレメンティ ソナチネ36-1 クーラウ  ソナチネ20-1 シベリス  樅の木 インベンションは、4番8番1番13番の4曲です。 プレインベンション楽譜より 7曲 ブルクミュラー25楽譜より  18曲 ざっとこんな感じです。 どれも完成度は低いですけどね。 でもこれからもピアノは 弾いて楽しみますよ♪

カレンダー

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん