ゆめゆりの記録日記

おとなからピアノを始めた中高年の記録です~。

えっほんとに?

ここのとこ レッスンまでの間が ずいぶんと空いてしまうので
のんびりこいてるゆめゆりです。

まだまだだ~ と思ってると気が緩みます。。。



そういえば 先日の2人きりの練習会で 最後の曲
私は インベンション4番  これまだ弾けるかな 覚えてるかな?

と 半信半疑で弾き始めました。
ですが もう1ベージの終わるところの 最初のトリルが長く続くとこで
指が合わなくなり あれっ あれーーーって言いながら
弾くんだけど ちっともできずに 終了しました。
時間がきてしまったので。


でも 今日も 友人が 「あの最後に弾いた インベンション良かったよ
いい曲 綺麗な曲だって思ったよ。
先生にマルもらったときは さぞかし良く弾けてたんだと思った」


と 言うもので えっ~ほんとにぃ~ きれいだった?????
マジですか・・・


ほなら また やりまひょか~ と何語で しゃべってるんだか?
私は とっても内心嬉しくなりまして
じゃあ 今夜 弾いてみるかと思って・・
そしたら 思い出しました。
弾けました。。。
これは 楽譜でちょっとだけ 確認したら 指の合わなかったところ
すぐわかりました。

弾かないでいると 望郷の彼方へ 飛んで行ってしまう記憶力なので
時々 インベンションも弾くことにします。


今夜の練習は    樅の木   ハノンのスケール インベンション4番 ソナチネ20-1
以上 適当に 好きなとこだけ弾きました。
スポンサーサイト

ジャズ

先日 やっぱり どうしても気になるので
この ジャズの楽譜 買いました。


やさしく弾けるジャズ


楽譜売り場で ちゃんと弾けるかどうか じゃなくて
弾けそうな感じかどうか 良く見て買いました。


とりあえず 枯葉を弾いてみましたよ~。

これはたぶん ジャズっぽくしてある 超簡単バージョンだと思うけど
ど素人が それなりに楽しむには うってつけな気がします。
そして 何故か 弾いてるときに ふと・・・・・・・・

いつもクラシックの曲のときには たいして気をつけてない音符の長さ
それを このジャズ曲の中では 自然に自分が自ら 気をつけて弾いている
ということに ちょっと 意外な驚きが・・・
なんでかっていうと そこに気をつけないと ジャズっぽくならないから



かな? と思います。


まあ きちんと習うとそれも 良いかもしれませんけど
三日坊主かもしれないので とりあえず この楽譜で楽しんでみます

出かけてきました

昨日は 音楽の星座 というコンサートに行ってきました。
リンクをしていただいてるタワシさんが出演されるということで
生ピアノのタワシさんの演奏を聴く 良い機会と思って行ってきました。
やはり とても 心に響く演奏で感動してしまいました。

私は 全然聴いたことのない曲でしたが
その曲の 聴かせたいところ 聴かせたいものというか
そういうことが 自然と伝わってくるので
じーーーっと聴き入っていました。


ピアノでも 他の楽器でも同じですけども
演奏する方によって 「もっと この人の演奏を聴いていたいな♪」
と思うときがありますが まさに タワシさんの演奏は そうでした。


そのあと もっと他の方の演奏も聴きたかったのですが
私は いろいろな事情で すぐ帰りました。
タワシさん 夕さん お会いして頂きありがとうございました。


帰りの西武新宿線の中で 立って乗っていたら
後ろのほうで フランス人の男性が なにやら しゃべり続けておりまして
ふむふむ・・・と分からないのに私は耳を傾けておりました。
話す相手は日本人の女性に話しかけてたのですが カップルだったのかな?
とにかく フランス語って すっごいソフトな しゃべり方なもので
ふわ~~っと 良い気分にさせてもらいました~


そして わが町に向かうべく 新幹線に乗ったら なんだか朝早く起きたし
初めて行く場所だったので 疲れたのか
椅子を倒して いい感じにして座ってたら

途中の駅の アナウンスを1つだけは聞いたけど
あとは 眠ってしまったらしく 私が降りる駅の

「まもなくT駅に到着します」という アナウンスで

うわっ
と気付きまして


ほんとに すぐ到着して止まりました。

いやはや 慌てましたよ まったく。。。

今まで何回もこの新幹線に乗ってるのに 
しっかり眠ったのは 初めてでした。

よかった気付いて。
そのまま眠り続けてたら すっごい温泉地まで行っちゃうことになったので。。。




第2回 練習会

また 練習会をしてきました。
例によって たったの2人だけです。
今回は グランドのふたを全部 そっくり開けようかと思っていたのですが
やっぱり 思いのほか重い  んですよ。。。


で やっぱり 手前側のフタを 開けただけにしました~。


私は 最初にハノンのスケールを弾いてから
次に樅の木を最後まで弾いて
あと ソナチネ20-1を ちんたらちんたら 譜読みしながら弾いてみました。
とりあえず 1ページのみだけ。
1ページを弾けるようにしていくのが宿題なもので・・・
でも まだ 音とりできてないです。
指がもたもたしてますんで・・・

友人のほうは やはり ハノンのスケールをやってから
ブルクミュラーのやさしい花? でしたっけ 
それをレッスン中なのですが 真ん中あたりのとこができないというので
私が右を弾いてあげて 彼女が左を弾くのですが
私は やさしい なんとかという曲は ブルク習ってたけど
弾いたことないので 知らないんですが
別に特にむずかしい曲でもなかったので なんとか 右パートを弾いてあげました。
そういうふうに 他人に右パートを弾いてもらうと
そのメロディを良く聴こうとするので とても 音を聴く勉強になったと
言ってました。


あと 小学唱歌の楽譜も持っていったので 砂山 とか
あと はーるのうらーらーのすーみーだがわー とか
そういうのを私が弾いて 彼女が歌ったりしました。
私は ピアノ担当 彼女は歌担当です。

私は歌は ピアノ以上に ヘタクソなので


練習会も もっと一緒に参加してくださる方が いたら
もっと 楽しいんだけどなあ って また いつものように思いました。
人数が多いほうが バラエティに富むしね 曲が・・・

楽譜は~

ピアノを弾いてる いや・・・趣味でなんとなく弾いてる
いやいやいや・・・ 好きで弾いてる おとなの皆さんは
いったい 何冊くらいの楽譜を持ってらっしゃるのでしょうか?

と、ふっと・・・思いました。

私は 昔買ってた 簡単アレンジ楽譜は ほとんど捨てましたけど
現在は数えてみたら34冊 持ってます。

その中でもレベルの高めのやつは えっと・・・


ショパンノワルツ全集

バッハのインベンションとシンフォニア

ソナチネアルバム 1巻

名曲110選 グレードB



こんなとこです。


このショパンのワルツ集とか 買って いつ使うのですか
というご質問には お答えできませ~ん
飾っとくダケよ。
単なる 見栄よ 見栄。


インベンションは使ったけど シンフォニアのほうは用がありませんし
きっと ソナチネアルバムも 今レッスン中のが 終わったら
きっと 用無しになることでしょうねぇ~~

それら以外の 何十冊もの楽譜は レッスンで使ったものもあるけど
中には・・・
 
のだめカンターピレの楽譜だったり
私が昔からファンでいる 歌手の楽譜だったり
フィギュアスケートで使われてた曲集だったり
もう いろんなジャンルのものもあります。

レッスンで使用した楽譜は やっぱり どーしても クラシックだけですね。
できたら クラシックだけでなく 最近では 
ジャズ が弾いてみたい と思ってますけど


ジャズって とにかく 絶対欠かせないのが

リズム感ですよね?

それなんですよ。
私 リズム感が無いので 逆にリズム感の必要な ジャズを習ったら
いいんじゃないの? と思ったわけ。

それと コードのほうは 昔 ちょっと習ったから
全く 初めてじゃないし できないかなあ~。

私 ムーンライトセレナーデが弾きたい・・・という夢があります。



ここ数年のこと

私は 50代半ばです。
なんと 年をとってしまったことでしょう。
最近は 楽譜も もうずっと拡大コピーをして使ってるんですが

音符が 大きくなって見やすいということもあるんですけど
なんというか・・・細々した楽譜だと・・・


が 線の上にあるのか それとも線と線の間にあるのか
♯ と ナチュラルの記号の判別がつきにくかったり
指番号の 2と3が これも同じように見えてしまったり

そんな感じです。


それで 今度使ってる ソナチネの譜面も A4からB4に拡大しました。
そして スクラップブックに貼ってはみたものの

元々のA4楽譜が 細かいもので B4くらいに拡大しても たいして大きくならないわけです。
少しは 大きくなるけど。
でも スクラツプブックがB4だから そのまま使いたいわけです。
ほんとのとこ A3にコピーしたいんですけど
そんな大きくしたらはみ出ちゃうしね。


で 我慢してそのB4で 見てるんです。

だったら 老眼鏡でもかければ? と思うけど
私 メガネってかけたことないけど
楽譜見て そして 手元の鍵盤を見たときに 鍵盤が ぐわーーんと大きく見えたり
しないのでしょうか?
もし ぐわーーんとなったら 
私は めまいがしそうになるかも・・と不安なので やっぱり このままでいいか




どうなのか

私は ピアノを習うと決めてから現在までの 期間が約9年間。
そしてずっと初級者なんですが・・・その間に
当時の先生の勧めで 今年はショパンイヤーだからとかなんとかで
ショパンのノクターン21番という あまり人に知られてないノクターンを
習ったことがあります。
それを今になって動画を見てみると なんとまあ へたというより
これ ショパンの曲なの?
というくらいのショパンらしくないノクターンに あきれるばかりなのですが・・・


それに その曲を発表会で堂々と弾いて しかも 暗譜で弾きました。
その頃は 私はショパンが弾けた 弾いたぞ~って得意になってたことに

今 考えると 恥ずかしいばかりです。

その後そこの教室は やめて 違う教室探しを始めた際に
今まで弾いてた曲を ショパンのノクターン21番です とか
体験レッスンで言ってました。
それなのに 弾かせてみたら 正真正銘の初級者だったことに
その当時の体験レッスンの先生は いったいなんと思ったことでしょう 

そういう 自分の器がどれくらいしかないかってことに
気付かないでいたことが とても恥ずかしいと思います。


今だったら ショパンは・・・ベートーベンは・・・
      シューベルトは・・・ ドビュッシーは・・・  シューマンは・・・
それぞれの作曲家のイメージや 演奏の難しさなどは どんなものだ??
というのが 少しはわかるので


安易に この曲が弾けます などと胸を張って言うことは ありません。
今年 行った3件の体験レッスンでも 慎重に言葉を選びました。

まあ 自分の能力に合った曲を 先生に注意されながら ぼちぼちと弾いていく
そして 有名どころの作曲家の曲などは いつか弾けるかもしれない

そんなふうに想い描きながら 練習してます。


ただ 私の場合は 拍感 リズム感 など 根本的な部分が 手薄状態となってて
おまけに 譜面の中の読み違いの勘違い が多い。
そして 長い曲になったら エネルギーがもたない 疲れてヘロヘロになる。

ということで これからやっていく ソナチネも 先が思いやられるのでございます

おとなピアノれっすん 9回め

なぜだか 今度の教室も その前に通ってた教室も
どちらも 30分で 同じ時間なのに
前の教室のときのほうが 長~~い時間だったような気がするのです。
だって 3曲をそれぞれ 心行くまで教えてもらって終わってたのよ。
だけど 今度の教室は 30分があっという間で 2曲やるだけですぐ時間が終わる。
まあ 前の教室は 個人でやってた先生だから 少し多めにやってくれてたんだと思いますが。

なので もう今はこの30分が 貴重で 大切な時間なんです!!
先生の言葉 ひとつひとつを聞き逃さないようにしないと・・・



ハノンのスケールは 宿題の変ロ長調も ト短調も
ぜーーんぜん ダメ。

何かもたもたしちゃうんですよね 指が。
行きは良い良い・・・帰りが 違う指で弾いてしまい もたもたしてます。
「でも ゆめゆりさん 最後の指を正常な指に合わせて終わらせて 逆にすごいわ」
と 変なところを変に誉められた
普通だと 弾けなくなるかまたは違う指で終わると・・・いうことらしい


ところで そんな弾き方をしてるうちに時間は経ってしまい
次をやらなくちゃ と ソナチネを出しました。
こちらも 楽譜は重たいので また 115%拡大して コピーを
スクラップブックに貼り付けて持っていきました。

自分で片手ずつ弾いたり 先生が左手を担当して弾いてくれたりしました。




8分休符が入るところを気をつける。

右がメロディだったのが 伴奏に変わっていくなどの変化のところは
メロディを引き立たせるための音の大きさに注意する。

スケールがたくさん出てくるのでそこの練習の仕方は・・・
どういうふうにするか など

あと 曲調が ころころっと変わるところのイメージを
弾き方に反映させていく。


まあ そのような注意点をいろいろと教えていただきました (*^^)v



やっぱり ピアノを弾くというのは 人に聴いてもらったときに
どのように自分が この曲を弾きたいか
どんなことを訴えたいのかを アピールできるように弾けたらいいと思う・・・
のですが それができるようになったら とても 上手そうに聴こえるかもね。

現在の先生は 必ず ちょっといいですか ピアノ貸してもらって、
と言いながら 毎回・・・ 
ここは こんな楽しいイメージで そして ここは 急に雲行きが怪しくなり
とか どういうふうに弾いていったらいいかを教えてくださり
本当に 楽しい授業です。
今のところは モチベーションUP中 です。

では また

 やってしまった

こんな夜も遅いのに 明日のレッスンにむけて練習したのはいいけど
ピアノを弾き始めて 10分も経ったころ・・・


ふと部屋の窓を見た。


そういえば ここに入って 外の風がけっこう 今夜は涼しかったので
窓を開けたんじゃなかったかな。
遮光カーテンを閉めたままだったので忘れてたけど・・・



と カーテンを開けたら 窓が全開だった

うひゃーーーーー ヤバイ

さっき 手始めにハノンのスケール そして ソナチネもちょこっと弾いてしまった。

ご近所さんにも絶対 聞こえたわね。
夜 10時半だよ それは 迷惑以外の何ものでもないわ。

心の中でごめんなさ~い 許して~ と祈りました。。。



気のせい

昨夜は DVDレコーダーの ぶっ壊れ事件で ピアノ練習も
すっかり忘れてたので 今日は練習したのですが

いやいや なんだか・・・
気のせいなのかシベリウスの 樅の木 を弾くと ピアノの和音がとっても綺麗なのよ~。
以前の 私比ですが
とっても 深みが出てるとでもいうのでしょうか~。
前より余裕な気持ちがあるからかしら~~とか
先生に ここは こんなふうにメリハリつけて・・とか言われて
ふむふむ と自分なりに解釈できたからか
 まあとにかく 何ヶ月も気の遠くなるほど弾いてりゃ 
 自分が描いてるふうに だんだんなってくるものかも。
とか 言ってても ・・・・・・

だからって 決して うまく弾けてるわけじゃないです。
あくまでも 自分の中での私比ですから。
でも ここまで弾けるようになって良かったと思います。
一時はあきらめてた 3年前 
また 再開して ここまで弾けたから ちょっと 満足な感じデス。


録音UPしようとかも思ってたけど
私の場合 こんな私にとっては長く難しい曲を
全然 間違えずに弾けるようにはならないと思うし
間違えずに弾くには 相当な時間を費やさなければ完成しないと思うので
それに 使ってる時間も 作れない。
となると まあ 適当に何回か音をはずしたとしても
自分用の 完成したよ記念の動画を撮って保存しておくくらいになるかなぁと思います。
教室の ミニ発表会がある 12月ころまで 一応 温めておいて弾けるようにしておき
たいとは思ってますケド~。

なので どこかで 生で弾くのだったら
音をはずしたとしても それが永遠に残るわけでなく
聴いていくうちに忘れてっちゃうでしょうから
そういう機会があったら 弾くことにしま~す。

とうとうこの日が来たか 

夜 テレビを見ていて そうだ お風呂に入ってくる間
この西村京太郎シリーズの続き 録って置いて あとで見よう♪

と思って 番組途中から録画しようと DVDレコーダーの電源入れても
入らない。
あれ リモコンの電池終わったかな と電池交換したけど ダメ。

変だなあ・・・


そして レコーダーの本体に触ってみたら
火が出そうなほどに 熱くなってました~。

うわつ
危ない 危ない 

と思って テレビとつながってる線をすべて取り
レコーダのコンセントも抜いておきましたが
しばらく経っても まだ 熱くて触れないくらい 冷めてなかったです。

これ いつ買ったんだったか 7年くらい前かな
当時 VHSピデオが無くなり もうDVDレコーダーに移行してたんだけど
私はVHSビデオテープも持ってたので それも見られる機能のついたやつを買ったんです。
でも この初期のころのレコーダーだからか

なんだか 映りの映像もイマイチ綺麗じゃなくて ガタゴト変な音がするときが
買った当時から ありました。


まあ もうそろそろ 買い換えようかと思ってたので
壊れてよかったです。。。


ただ 残念なことが あるのですよ。
モーツァルトの レクイエムを全編 オーケストラと歌曲と録っておいたのが
一瞬のうちにすべて ぱーーーーーになりました。
ダビングしておけばよかったわ。

そうそうそういえば このパソコンも 
私はバックアップとってないし その取りかたも良く分からないので
もしも 私のブログの更新が 急に長く止まってしまうことがあったら
パソコン無知のおばさんが やらかしたな~と思ってください。

そして またこのブログに入ってこれるようだったら更新するし
入れないときは また どこかでピアノブログをやってることと思ってくださいね。
 

いろいろあるよねぇ~

一昨日の夜 暗いけど まあ 自分の部屋だし電気もつけずに・・
わかるだろうと あてずっぽうに部屋へ入ろうとしたら
柱に 思いっきり左手親指が当たりました。 いてててててててっ
大事な親指の 第二関節が そのとき ボキッと鳴りました。

そんなこんなで 昨日も今日も湿布を貼ってますが
アホな おっちょこちょいな性格は おばさんになつても治らない
という証明ですね。
私は 昔から 天然ポケを良くやらかしてますからネ。。。

2月に行った 体験レッスンの先生にも 2時間くらいいただけなのに
あとでその先生のブログに こどもの生徒のおかあさんより ちょっと年上にした感じの
天然な方が 体験レッスンにみえて どーのこーのと書かれてしまいました。
まあ そのときは そんなに変なこと言ったり やったりした覚えはないんだけど・・

なんといっても 相手がそう感じるのだから そうなんでしょうね たぶん。。。

それで 今日は ピアノの練習も ほんの少しだけ ハノンのスケールと
樅の木のみ 弾きました。

無理しないように お手手は労わらないと

わりと楽しい練習

先日 社内でピアノの話を同僚としてました。
やっぱりグランドピアノっていい音がするよね~というようなこと。
そうしたら それを聞いてた男子社員が・・・
「あーーそういえば こどもの時 ねえちゃんが弾いてたんだけど
 うんざりでしたよ 
同じフレーズばかり何回も何回も弾いてて・・・」
と ポツリと言いました。

そのお宅はグランドピアノが元々家にあるお宅のようです。
なんというか 綺麗な完成された曲を弾くのは歓迎だけど
練習中のピアノは 騒音でしかないようです



ところで 私は今また ソナチネをやり始めたわけですが
この練習が とても新鮮な感じです。
5年くらい前に 違う先生に教わったときは
何が何だかよくわからないけど
とりあえず 楽譜のとおりになんとなーく弾いてみただけのような気がします。

あれから 何年・・・
もうちょっと いろいろな経験もしてきて
今 改めて ソナチネの楽譜を見ると もっとあの頃より
作曲者の意図するものとかが ほんのちょっぴりだけど
わかるような気がするんです。

そういうことに 気がつくか気がつかないかでも
弾いていく上では重要なことかもしれないです。
なんちゃって・・・偉そうな事を言うのは100年早いですね


でも ソナチネ練習 いまのところ楽しいです~。
また がんばるぞ

野菜 とったど~

今日も だるくなる一方の蒸し暑さでした。
会社の外側にある温度計は 朝から32度で そのあとぐんぐん
UPしていき 午後2時には 35度を越えてました。
日陰になってるところに置いてある温度計が これだから
炎天下では もっと すごかったですよね きっと。
何をしていても 暑いので いや 事務所の中にいるんだけど
そんなに冷房をきつくしてないから 暑いんですよ。
なので 仕事も そこそこに ほとんど遊んですごしてました。
そんなんで いいのか・・・とお思いでしょうが
大丈夫なんですよ これが。


そして家に帰ったら 義兄が家庭菜園をやってるのですが
この暑さで 野菜が採れすぎて困っちゃうので
どんどん採っていって食べてね・・と姉が言いにきてくれたので
さっそく 収穫にいってみました。
すぐ そこなんですけどね 畑は。

P1000776.jpg


義兄が元気に野菜作りをしてくれるので
私も 新鮮な美味しい野菜を食べられるので
助かってます。
採れたてのなすのヘタは うっかりさわると トゲがあってすっごく痛いです。
きゅうりのイボイボも痛いです。
トマトも 赤やオレンジので あんまり おいしそうだったので
パクリ パクリ と 3個食べてしまいました。
ジューシーで トマトの香りがヘタのところからします。

私はトマトが好きなので 去年 テレビで見た
トマトそうめん カルパッチョ風?
それを去年も 好評だったので 今年も2回つくりました。
野菜でこれは 苦手だというものがたくさんある
うちの 息子も そのトマトそうめんだと 野菜たくさん乗ってるのに
全部 残さず食べますよ!!

野菜の他にも いろいろ乗せますので
栄養のバランスも取れてると思うし 冷たく冷やしてから
頂くので 厚い夏には オススメの一品です。
先日 作ったとき 写真撮ろうと思ったけど 撮るの忘れました。
それに 1人一皿 で頂くので 食後のお皿洗うだけで済んで
家事の時間も短縮できます。




見本 お手本は・・・

昨日は 弾かなかったので 今日は練習しようかな
と思い いろいろ弾いてみました。

ハノンのスケール これも宿題になってた 調は ふたつとも覚えた
この間のレッスンで 先生がもうひとつ次に出てくる調も宿題にしようとしてたので

おっと!!まずい
宿題が増えるじゃないか 困る・・・と とっさに
「あっ 私 これだけでいいです 充分です」
と言いました。
なんてったって ソナチネ も新しくやらなきゃならないのに
そんなにたくさん できないわ と思いました。


それにしても 樅の木も とりあえずは アルペジオのたくさんを
暗譜しておかなきゃならないし。
ついつい えーーっと どこ弾いてるんだっけ?
などと 楽譜を見てしまい 流れが止まってしまうので
「 そこが 惜しい 」 と先生にも言われてるので
なんとかせねば。。。




あと クーラウの ソナチネop20-1
こちらも レッスンで 先生が見本を弾いてくださったので
それが 頭に 残っています。
その弾き方のすごさが 衝撃的でした~。

本当に どのピアニストのCDを聴くよりも
すぐそばで 先生が弾いてみせてくださると
とても 参考に なりますデスヨ
先日は第一楽章を全部 弾いてくださったので ふむふむ ふむふむ うんうん
と 納得しながら聴いておりました。

自分は 自分の弾き方しかできないんだけど
でも 理想を描きながら 頑張ろうと思います。

私のピアノのこと

私がピアノというものに興味を持ち始めたのは
昔々の その昔 小学生のときからなんですけど
家は とてもじゃないけど ピアノを習わせてください・・などと
両親に言えるような環境にはありませんでした。
日々の生活が やっとの状態でした。
でも うちの姉は学習塾に通ってましたけど
長女に期待をしていたのでしょうかね。
妹の私は そこそこでいい と思っていたかどうかはわからないけど

中学に入っても音楽には興味を持ち続け
特に クラシックですね。
当時 学校販売で売ってる小さなレコード付きのクラシック雑誌を買ってもらってました。
その名前が 思い出せなくて やっと何十年かぶりに思い出しまして
ネットでも その題名で検索してみたら あった あった
やっぱり この名前で正しかったんだ!!と 胸のつかえがおりました~。
その名も ( ミュージックエコー ) という雑誌です。
私は これを毎月 楽しみに読んだり 聴いたりして
いろんなクラシックの音楽を知りました。

そして 大人になり働くようになってからは
KAWAIの電子オルガンスクールに2年間通いました。

その後 結婚してからは 音楽とは無縁の状態でしたが

ふっと どうしても頭に浮かぶのが ピアノ

それで やっばり私は ピアノだ。
ピアノが好きだ。
これからは ピアノを弾くのだ!!

と決意して ピアノ教室に入ったのが 



なっ なんと!! 平成16年の8月からなんですよ。
ということは もう 今年で もう まるまる9年になるってことですよ~。

そんなに長く弾いてるのに いっこうに上達しないのは
どうしてなん



あと 私がやってきた曲についてですが

どれもこれも 完成度の低いものばかり。
きちんと仕上げて これならどこに出しても恥ずかしくないわ
というような曲は まるで無し


これからも そのレベルの無さは変わらずに行くと思うのです。
ですが 機会があったら 発表会やら 練習会やらで
皆様の前で演奏できたら 自分としては楽しいな・・・と思います。
やっぱり 人前で演奏してこそ 人様に聴いて頂くことこそ
ピアノを勉強する価値が上がるし 自分の能力の足りなさを実感できて
もっと なんとかしよう!!という気持ちになるのでは・・・と
最近は考えてます

おとなピアノれっすん 8回め

ハノンスケール
変ロ長調は 今日は間違えずに弾けたけど
ゆっくり弾いたので 今度はもっとテンポを上げて弾けるようにしてくること。
と言われました。

左手 1のレから ミ♯ に4の指で行かなければならないので
その1から4にスムーズに指運びできるよう 部分的に区切って練習を
したので 家でもその部分練習をして 速くスケールを弾けるように
してくるようにという宿題が。
そして ト短調も弾いたのですが
旋律的短音階 になってるところを見落としてて
行きと帰りが 違うパターンだった のを先生に指摘されて分かった
今さらながら 楽譜を見ちゃいない という ゆめゆりです。ガピーーン


そして 今日は ソナチネを持っていったので
先生に これ 買ってきました と渡しました。

で 先生は あらっこれは良いですね
ちゃんと 順番に載ってますね
と おっしゃってましたが
何の順番が良いのか さっぱりわかりませんけど。

結局 私が習うのは一番最初に載ってる

クーラウの op20-1 です。
これは もう何年も前に教わりました 途中までですけど~。
また 今 やるのもいいわね 先生には やったことあるなんて言わないけどね。

そして まず 私が弾きます!!と 先生が弾き始めました。
ほんと しばらくぶりです と言いながら弾いてらっしゃいましたが
 
やっぱり 先生ってすごい。
楽譜見ながら 完璧に弾いてるし。
これが プロ と アマチュア初級者の差 ですよね。
私は 今現在 習ってる曲しか レパートリーの中にありませんので
常に 1曲か2曲が 持ち曲デス。
昔 習った曲なんか 弾けるわけがありません。



そして そうそう 先生が弾くソナチネで 気付いたこと。
フォルテのところ 先生の手先を見てると 
弱く弾いてるとこから 急に強く弾いても まるで 手や腕の変化が
まったく無いのに すっごく バカデカイ音が出るんです。

それで なんで普通に弾いてるようにみえるのに
そんなに大きな音が出るんですか? と聞きました。
疑問 は すぐに 質問します。

それは 手首の使い方 だそうです。
というか それは前の先生のときも さんざん教わってたことなんだけど
イマイチ 理解できないというか 自分ができないでいたことです。

鍵盤をバシッと押すのではなく 底まで押したらすぐチカラを抜くと同時に
手首だけを上げるイメージで弾くと広がりのある大きな良い音が出る
ということで 今日は 先生が「私の手首を触っててください」
というので 持っていたら ほんとに 手首がいい感じに上がっていました。
弾いてるときには 気付かないくらいな 微動な手首の上がりですが
触っていて とても 良く分かりました。

そうすることによって つまらない大きな音ではなく
深みのある広がりのある大きな音を チカラを入れずに出せる
ということです。
私も 今日は マンツーマンで 良く教えてもらったので
ようやく 納得できた気がします。


あとは 私の努力次第かな~~~ 

 | HOME | 

文字サイズの変更

にゃんこ

Maukie

ゆめゆり

Author:ゆめゆり
40代からピアノを始めました。おひとりさまの中高年でございます。
2017年9月より日常的な話題のほうは他のブログで書くことにしたので、こちらはピアノ記事のみとなります。よろしくお願い致します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
ごあいさつ (3)
楽譜 (4)
サークル (3)
練習会 (15)
ピアノ (352)
コンサート (10)
ブログ (12)
レッスン (88)
ねこ (6)
お知らせ (4)
自習の記録 (151)
色々なこと (36)
動画 (6)
おでかけ (1)
体調について (21)
ピアノ教室について (8)
家族( 限定記事) (10)
食べ物 (5)
ピアノ歴 (1)
休日 (3)
発表会 (1)
曲について (10)
生活 (31)
他の参考演奏 (1)
レッスン 限定記事 (67)
フィギュアスケート (2)
ピアノ 限定記事 (6)
旅行 (1)
友達 (1)
おひとりさま (38)
人間関係 (3)
家庭菜園 (0)

ゆめゆりの日記

ぽちっ

ピアノは 大人になってから始めたので ちっとも上達しないけど、13年続けてます。


にほんブログ村 2006年より弾いてきた主な曲 フォーレ  シシリエンヌ バッハ  プレリュード平均律クラヴィーアBWV846 ベートーベン エリーゼのために リヒナー  勿忘草 パダチェフスカ  乙女の祈り シューベルト  セレナード ショパン  ノクターン21番ハ短調 (これ全然有名じゃない曲) メンデルスゾーン ベニスの舟歌 パステイン  魔女の飛行 三善晃   珊瑚の唄 クレメンティ ソナチネ36-1 クーラウ  ソナチネ20-1 シベリス  樅の木 インベンションは、4番8番1番13番の4曲です。 プレインベンション楽譜より 7曲 ブルクミュラー25楽譜より  18曲 ざっとこんな感じです。 どれも完成度は低いですけどね。 でもこれからもピアノは 弾いて楽しみますよ♪

カレンダー

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん