ゆめゆりの記録日記

おとなからピアノを始めた中高年の記録です~。

良いと思うわ




今日は もう30日。
やっと明日から4日間だけ 会社の連休があります。
チョー短めな 年末年始のお休みです。

今年も このブログでは 好き勝手なことばかり言ってて
読んでくださってる皆さんも 何 この人?
とあきれ返ってることでしょう。。。
でも 私は いたってマジメに書いてるつもりなのですが
どうしても 適当な初心者的な記事になってしまうので
すみませーん <(_ _)>

またよかったら 懲りずに読みにきてくださいませ~。

今年も1年間 ありがとうございました。
来年も また くだらないことばかり書きます!!
よろしくお願い致します
スポンサーサイト

今日も冬日

今日も 外はとっても寒すぎる気温です。
私は こういうふうに寒くなると 家に帰ってからのウォーキングは
まったくする気にならないので
さっさと 家に入って 暖房でぬくぬくしてます。


一昨年なんか こんなにも寒くならなかったから
12月の終わりのころ 長野のビッグハットという会場まで行って
フィギュアスケートの全日本選手権のあとの メダリストオンアイスを見に行きました。
私の住んでるところより すっごく長野は寒い!!って感じた 一昨年ですが・・・

今年は どこが寒いとかじゃなくて 全国的に 寒いようで・・・
ぶるぶるぶる


今年の全日本選手権は 私にとっても 応援している 某選手さんにとっても
最後の試合で ほんとにこれが最後なので
さいたまスーパーアリーナまで 応援に行きたかったけど・・・
12月は きっと さ・む・い だろうなって 思って

寒さと応援と どちらを取るか と秤にかけて
家で ぬくぬくのほうに軍配があがり テレビでの観戦となりました。
でも とにかく 某選手さんが ソチオリンピックに行けることになったので
ほっとしてます^^


あっーー そうじゃなくて 話がまるで それましたヨ
ピアノですけど 
浮気な ショパンの曲は ほどほどにしたほうが
良さそうなので レッスン曲の ソナチネに真剣に取り組まないと
こっちも 卒業できないので 年末にかけて ちゃーんと弾こうと思います。
音はずしする部分とか あるしね。

そして 音は弱く出すけど 下まできちんと打鍵して
しかも柔らかい音にして ふわーりとした雰囲気を出すように・・
と言われた部分も 何回もやってはみた。
そこばかり 何回も弾いてると たまに 良く出来た
と思うときもあります。
で、そういうのを繰り返し 何度も練習してれば
打鍵のタイミング的なものも分かってくるような 気がしました。
フィギュアスケートも 才能があって その上で練習という努力もたくさんしてるので
ピアノの才能が無い私などは さらに 努力が必要だと思うんだけど


でもね 私は日本を背負って立ってるわけじゃないしね。
とにかく 努力は ぼちぼちよ


すごいんですけど

ショパンのワルツのうち

2曲を拡大コピーしました。


1曲は 4ページあります。
もう1曲は ひゃー 5ページですよ。

なんだこれ?
っていうくらい やっぱり むずかしい。


それにぃ~~
私って ワルツとかの3拍子 大の苦手だったんだわ。
ずんちゃっちゃ 盆踊り大会になっちゃうのです。

でも いいのよ。
趣味だから 自分でやりたいと思う曲を 弾いて
それで 少しでも 楽しけりゃ いいの。


おもしろくない練習曲ばかり やってたら
またピアノ熱 冷めちゃうと上げるのに 容易ではないのですよね。

読み流してください

一応 また ショパンの とあるワルツ弾いてみました
そして これなら ゆっくりの曲だし
落ち着いて弾いたら できるんゃない?

そう思ったので 明日 拡大コピーしてこようと思います。
全5ページを 見渡して そんなに できなくもないかも・・・

という楽観的な気持ちで ちょっと この年末年始のレッスンの無い時期に
弾いて練習に挑もうかと思います。。。


弾いてみたよん♪

いつもの曲の練習のほかに
最後に ショパンのワルツ 3番と9番 弾いてみました。
あっー 弾いてみたなんていっても ほんのちょっとだけですけどー。

やっぱり ショパンは楽譜の 見た目より実際に指をのせて弾いてみると
難しいですね。
指使いが・・・


どうしても この曲弾きたい!! と思ってるなら
1曲集中で やれば出来るのかな とも思うけど


いえいえ 特にこのワルツじゃなきゃダメって思ってるわけで無し
それほど ひいきにしてる曲なわけでもなく

やっぱり素敵な曲は ピアニストさんに まかせておいたほうがいいかな
聴いてるほうにまわったほうが楽チンだしネ~。


それにしても 今 やってるソナチネは こういうのは
ほんとにショパンに比べたら弾きやすいですよね。
なんというか 次はどういう指使いをしたらいいか?
というのが 予想がつく楽譜ですもんね。

超 無理やりな指使いは 出てこないから嬉しい^^

まっ とりあえずソナチネ20-1 を練習しながら
他の候補曲も ぼちぼち 探してみます。

だけど あるのか 私に弾ける曲

間違ってました

昨日から 天気予報では 雪が降るかもしれませんよーと
言ってましたが

私のところでは 雨 でーす^^
雪じゃなくて良かった~。
こちらは 冬は 雪は平年 何回かしか降りませんので
助かってますが。
降っても まあ なんとかノーマルタイヤで運転できなくもない
という程度しか降らないけど でも 通勤には支障があるのでいやなんだけど。

今年は12月なのに めっちゃ寒くて気温が低くて 参ってます^_^;
これじゃあ 1月の冬真っ盛りの頃と 同じ気温です。
クリスマスのころなんて まだまだ ちょっと寒いなあーってくらいだったですよ
いつもの年だったら・・・ 

ところで 私 ピアノ熱が 冷めております先日の歯痛と共に・・
今 治療中で また 明日歯医者さんに行きますが もうダウン気味。
今度は違う場所の歯も痛くなってきて 中の神経だか骨が炎症を起こしてるかも
と言ってましたが。

ところで ボケ ボケの私。
いつから 間違えて書いていたのか 
最近 やっているソナチネを36-1
と書いてましたよね?
あれ 楽譜をおととい 良く見てみたら 間違ってました。

これなんです。P1000841.jpg


ほんとは クーラウのソナチネ 20-1でした。
いつから 間違った番号を書いてたのか・・・
このくらい 大ボケしてると 逆に すがすがしい気分デス!!


そして 注意するべき部分は 先生の おっしゃったとおりに
かわいい付箋も 貼り付けています。
付箋が貼ってあると 「あー そうそう ここネ」 とすぐに思い出すのでいいと思うわ。

P1000842.jpg

レッスン 21回め

2~3日前から 熱いものを口に入れると
左下の歯が痛くて どうも変だなと思って
朝 急遽 いつもの歯医者さんに予約を入れて
たまたま 空いていた会社終わってすぐの時間に行きました。
治療にちょっと時間がかかる と言われて
レッスンに間に合うかなーーと思いましたが

なんとか セーフでレッスンを受けてきました。
でも 歯は 痛いままだったけど
もう 今年 最後だから なんとかレッスンしてもらっておかないと・・

でも 先生と話したり 弾いたりしてるうちに痛みは忘れてしまいました。


ハノンのスケールは ロ長調がマルになり
次の gis moll も一応 1回弾きました。
先生が ♭から♯に変わったけど どうですか?
と聞かれました。

私は別に全然なんともないです (*^_^*)と答えたら
「あらそうですか 順応性がありますね」
とおっしゃってました。
でも ♭が♯に変わろうが
それが1個から6個になろうが
ただ 楽譜どおりに半音上げたり下げたりして
黒鍵弾いたり 白鍵弾いたりするだけだから
どうってことないですよね?


次は ソナチネです。
後半部分を弾きました。
その曲の中で 薬指と小指がどうしても弱いので
こういう練習をしてみるといいですよ・・・と いろいろなその2本の指の
鍛え方を教わりました。
小指で弾く音が  弱弱しいとのことです。
小指から中指 親指の順に・・・
小指を1番強い音で弾いて 徐々に弱く弾いて最後は親指が1番弱く

そういう弾き方が なかなか難しいのですが
それ 練習してきてください と言われました。

1人で弾いててもわからないというか
自分では良いと思って弾いてても 先生からみたら
ダメなとこがたくさんあります。
そういうところを 指摘してもらって直せば
もっと 曲が理想に近づく気がします。

また 頑張って練習します^^

不思議なんだけど

昨夜 あんなに変だと思ってたピアノの音
今夜は 大丈夫な感じで ブォーーンていう変な音がしなくなってました。
3和音も少し 弾いてみたんだけど 今日は直っているみたいなんです。
明日も大丈夫だったら 調律師さんに来てもらわなくてもいいかもです。


ただ でもやっぱりショパンのプレリュードはやめておこうかなと思います。
まだ ソナチネ終わってないうちに 色々と選曲してるけど
もう少し 基礎的なことも教わってから
おいおいショパンも弾ければいいかな・・・と考えました。
なんだか焦って 選んでも 良くないような気がしてきたのです。
私くらいの 中途半端なレベルは どうしたもんかと ほんとに悩みます。
基礎をもっとやりたいけど そんなことをやるには人生の時間が足りないし
そうかといって やりたい曲は ショパンとかだし・・・
また ゆっくりと 考えてみます^^
そして 先生と相談してみます。。。
先生なら 良いアイディアがあるかもしれないしネ。。。

では では お騒がせしました~またネ~

ダメみたい

うちのピアノでは 3和音の連続を弾き続けるとき
ペダルを踏むと変な音になる。
踏み込むとき 離すときも いろいろと変えてやってみたけど
どうも うまくできないことが分かった。
教室のグランドピアノで 少し弾いてみたときは何も変ではなかった。
だから、うちのアップライトがダメみたいだわ。
これでは 家での練習でペダルをまったく踏めないのでは
ちょっと困る。
調律とかでなおるのかしら?
第一 今年の6月に 調律はやったのよ これでも・・

ショパンのプレリュード4番 この曲の1ページにわたって
全部 3和音の伴奏は うちのピアノでは ちょっと・・・


やっぱり 次の曲と思ってたけど無理かなー。
今まで この手の3和音がこんなにある曲弾いたことなかったから
初めて知った グランドとの格差。
そして うちのピアノが だめピアノだったことが 悲しいわ。


それで やっぱり 次の曲は また考え直すことにしました。
とはいえ 他には できそうな曲も無いし・・・
技術面も 磨けて 素敵な曲っていう 都合の良い曲は 
どこかにないのでしょうか~

また やろうかな

2~3年前に レッスンしてもらったインベンション
なんだか また 弾いてみたくなって。

インベンション4番は 何ヶ月もかかって マルをもらったので
それは終了したので いいんだけど・・・
そのあと やりかけて中途半端になってる (8番) 
一応 最後まで弾いてはみたものの レッスン自体は曲の半分までしか
教わってないので・・・
ほんとに 宙ぶらりんな状態です。
それで なんだか気持ち悪いので 最後までやり終えたいなあ~という
気がしてます。。。
でも インベンションに取り掛かったら
他の曲はたぶん 出来なくなるから
私の今の能力では 何曲も練習できないし。
それも 困る。

いろいろとやりたいのだけど 歳と共に練習量が減っていくのです。
だから欲張らないほうが ピアノも続くかな~。


ところで 今日はめちゃくちゃ 冬の寒さだったんですけど
明日は なんと!!
もっと最低気温が下がるそうです。
今夜も 寒さで手が冷たくなるけど ピアノは練習しなくちゃね

クリスマス会の日の朝の練習


クリスマス会の日の朝の練習風景






クリスマス会より 2ヶ月くらい前の自主練習


とにかく本番でも この程度の差でしか 発表ができなかったけと
今になってみると もう冷静になり・・・
記録にとどめておこうかと思って。
もう二度と この曲弾かないしネ。

さっそく

私 今日は 今日こそはきっちり 楽譜と向き合って良く調べようと決意。
(ふふっ いつも それをやれよ・・という あなたの声は聞こえませんヨ)

ソナチネも 最後のほうの部分は 前のほうの部分と 「同じ音のメロデイの繰り返し」だと
ばかりに思っていたら 途中から 弾き方は同じ形だけど
音は調が変わる? いや 調のことはわかりません
とにかく 音が違うことに気付きまして・・・

ここのとこから 変わってるんじゃん

まずい!!

ちょっと待て 

音を確認しながら 弾きました。


そしてレッスンで 指摘された
音符の長さを 長さ分きちんと弾く
特に 休符の前の音符が 長さ分を弾いてないことが多いそうです。

それを弾いてるときに 分かりやすくするために 色を塗って
目立たせました~。
先生は赤ペンでいつも書いてくれてるので 何色がいいか考えて
濃い緑色で シャカシャカっと塗り塗りシマシタ~。
これ けっこう 目立つ・・と 我ながら良い選色。

とにかく 視覚からでも ちょっと分かりやすくなれば
弾きやすいので。




レッスン 20回め

今日は 先日のクリスマス会のとき 弾いてる姿を撮った
私の写真が先生から 手渡されました。
ぎゃーー うっーー おばさんが写ってる・・・
私も 歳をとったものだ・・・と改めて感じました。
でも こうやって元気で生きているから歳をとるのよね。
だから まあ いいわ。。。

ところで ハノンのスケールは♭が6個の変ホ短調がマルになりました。
次回は♯が 5個のロ長調をやっていくことになりました。
そしてついでに gis mollの短調のほうも やってみてくださいねと言われました。


といっても 家でふたつ同時に練習すると こんがらかっちゃうので
大抵 ひとつのほうだけしか重点的にやりませんケドネ。 


そして ソナチネ。
こちらも 休符の手前にある♪を いい加減な長さで弾いてるので
きちっと 音符の長さを見て テキトーに切ったりしないこと。
1小節の中の 拍をきちんと数えて テキトーな拍で弾かないこと。
など など・・

要は 楽譜どおりに弾きなさいということなんです。
当たり前のことを言われ うんうんほんとだ~
先生が 前に書いておいてくれた注意書きも良くみればそのとおりに書いてあるわ

良く毎度 毎度同じことを注意されます。
これ 会社だったら クビですねえ~。

ピアノ教室だから何回でも先生が教えてくれるけどね(*^^)v

練習していく曲は

レッスンがあるので 気持ちを切り替えて
練習するのは ソナチネの36-1 第一楽章の
やりかけた 中途半端になってる部分です。
全体的には弾けるけど まだまだ いい加減な弾き方をしてます。。。
先生が 書いてくれたことなど もう少し注意して 表現しなければ
合格とはならないでしょうから
頑張ってやろうと 弾いてみました。


途中で 樅の木をみてもらってたので 
また ソナチネ弾けるのか? と思いましたが
なんとか いけました 覚えてました ^_^; あははっ・・・
それよりか 前に弾いたときより なんだか指が軽々動くのです。
楽しくノリノリで 弾けそうな感じ。。。
こっちのほうが 樅の木より 弾きやすいと思うのはなぜかしら。
練習曲だから??

クリスマス会のときに ツェルニー100番の曲をやってるという方がいました。
それも 最初の1番から洩れなくやってるそうです。
素晴らしいーーと思いました。
 私なら途中で 絶対に飽きてしまいます。
でも その方の根気を見習って 私もやってみようかしら
チェルニーのやさしい20の練習曲 という楽譜は持ってるので
この楽譜なら 見やすいし曲が短いのです。

とは言っても やっぱり ソナチネとかのほうが 曲としておもしろいかなあ~と思うのです。
ソナチネだって たくさん 学べる要素があると思うし。
まあ それぞれ 良いとこ 良くないところがありますね。
 



仲道郁代&川井郁子デュオコンサート

たくさんのピアニストさんがいますが
仲道郁代さんは 私の好きなピアニストの中の おひとりです。


仲道さんは人柄もやさしくて ソフトな話しかたをされるので
それも含めて好きです。
最初に弾かれた ショパンのバラード1番
この曲は 冒頭の第1音めのズシーンという和音からもう惹きこまれ
奏でる音を聴いていたら なんだか涙がでてきてしまい
あの 映画で見た 戦場のピアニストでのワンシーンを思い出してしまいました。
ドイツ将校の前でビクビクしながら ピアニストのシュピルマンが弾いてたのが
このバラードでしたね。。。


そのあとの曲目は デュオなので 川井さんの伴奏をされるときは
楽譜を見ながら弾かれるんですが
その都度 仲道さんはメガネをかけてました。
ソロで弾くときは 暗譜で覚えてるから楽譜無しだけど

デュオのときは 必ず楽譜とメガネ・・・でした。


そのデュオで聴きたかったのが ベートーベンのヴァイオリンソナタ 春
だったのですよ。
私 のだめカンタービレで この曲を知り
とても好きになったので 生で聴いてみたかったの。
ここでも 千秋先輩のピアノと峰くんでしたっけ?
ヴァイオリンの試験をうけるとき この 春という曲でした。
そのシーンも思い出しながら聴いてました。
それは ヴァイオリンソナタの第一楽章だったのね・・・と気付きました・・今さら?

ソナタだから当然そのあともあって
第二楽章 第三楽章 第四楽章までありました~。
で・・・・

プロの方が弾く音色が心地よくて 目をつぶって聴いてました。



いつのまにか眠気が・・・
聴いていたのは 聴いていたけど 第二から第四までの間は
ちょっと どんな曲だったのか 記憶が 飛びました~。


行って演奏してきました 追記あります!!

ピアノ教室のクリスマス会に出ました。

今朝から たくさん間違えやすいところを弾いて練習したんです。
もう いいかなーと思って弾くのをやめても
また そーーだ あそこのとこ ドだっけ それとも♯ついてるドだっけ?
とか つまらない疑問? が次々と浮かんできて
また ピアノの前に行って確かめたり

なんとも落ち着かないのです。

それよりか いつも通りに平常心で弾けたら 
絶対 成功するのになーって思いました。

で 本番は くじ引きで当日 その場でひいて決める方式なんですよ。
そうしたら 私は 最後から数えたほうが早いんです。

うわっー やばいよ 
最初のほうが良かった!!
なんで 最後のほうまで 待ってなきゃならないの?
そんなもので 皆さんの演奏聴いてるうちに
心臓が ドックン ドックン
落ち着けー 落ち着けー 深呼吸ー 吸ってー 静かに吐いてー


そして 私の演奏は おんそうずの時よりは間違えなかったけど
でも 弾いてるうちに 分からなくなり
しょうがない ちょっと前の小節から弾き始めて最後までなんとか行き着きました。

これにて 今年の目標だった シベリウスの樅の木は すべて終了です。



ですが・・・
ブログ友達のリクエストで 練習の動画を見たいとおっしゃる方がいましたので
間違ってしまってるし ヘタクソでダメなんだけど 
2日間だけ 載せますね。
そのあと 動画は削除します。


クリスマス会ということで ケーキやお菓子やコーヒーとかも頂きました。
そして プレゼント交換は それぞれが持っていった品物を ぐるぐると回して
回す間は 先生が生演奏で弾いててくれるのですが
回す速さと曲が かみ合わなくて テキトーになってました。
あと じゃんけんゲームで勝った人には教室からのプレゼントがもらえるのですが
私 しっかり 勝ち取りました イェーーイ!!
その勝ち取った人 他に3人いるのですが 全部 私のとこの先生の生徒でした。
すごい偶然デス。。。


次にやる曲

おほほっ・・ なんだか次にやる曲
曲名を早く教えなさいよ というご指摘がありました。
あれっ? まだ書いてなかったわ。
そんなに みんな気にしてないだろうし~まだ書かなくていいか~
とのん気にしてたもので・・・すみませーん<(_ _)>


プレリュード ホ短調 op.28-4

ショパンの作曲です。





楽譜も 難解なものでは無いと思ったのです。
弾くだけということだけなら私にも弾けました。
まだ 全部弾いてないけどネ。

わーーい♪

昨日のレッスンで 先生に申告した曲

ダメだって言われなかったから そのうちやります
これ 何か悲しいことがあった時に聴いたら・・・

泣けます




いろんな楽しかったときのことが思い出され 浮かんでは流れ
つらい問題がおきたときのことが 蘇ってきたり
些細なことで けんかもした・・・
あんなこと こんなこと いろんなことがあったよなあ~
でも 今は静かに眠ろう・・・
明日という日のために



私はそんなイメージで弾きたいです。。。

実際に 作曲者ショパンが どんなイメージで作ったかは知りません。
というか それは私にはたぶん 理解するチカラは持ち合わせてないので
私の勝手なイメージを作って 練習しようと思います。

レッスン 19回め

昨日 やっぱりまだ足が痛くてーー
会社帰りに 鍼灸マッサージの治療院に行きました。
前にも何回も行ってるのですが 足が 痛くてというのは初めてかな。
実は足の疲れというよりは 腰のほうが原因で足にきてるらしいです。


それで 今日はペダル踏めないです・・と教室に入ってすぐ言いました。

それでは ハノンのスケールで・・・
ということになり 変ト長調を何回も弾き やっとマルもらいました。
これって♭が6個 どうしても指使いが難しいので
なんとかマルで・・大目に見てもらったわー。

そのあと 変ホ短調も練習しましたが

先生が ペダル踏まなくてもいいから こっちしませんか?
と言うので あっ そうですね と
私も 弾いておいたほうがいいな と思って
樅の木を弾く事に。


しかし ペダルが入らないと ピンボケな樅の木に^_^;
そして おんそうずで間違えた 出だしのところで もうズッコケてしまった。
「先生 これなんですよ ここで どこ弾いていいのか あれっ?ってなります」
と言ったら そういうところは こんなふうに和音をとったり 指3番 4番とか
自分で言いながら弾くとか あとは 間違えたところに こういうちっちゃな付箋を
つけておくといいですよ。と教わりました。
楽譜に やたらと書き込むとごちゃごちゃしてしまうので
そういうときは 付箋 つけて できるようになったら取り除けるようにしておく
というのが良いそうです。

あっ それで 樅の木 ペダル無しは 全然 雰囲気が出ないので


「私が踏みます」
と先生がペダル係りを 申し出てくれました (^o^)丿

なんということか 先生と連弾ならず 弾き手とペダルのコラボでございます。

弾き終わったあとの先生の感想・・・・・
「いやー難しいですね~ ゆめゆりさんがどこでどう弾くか
考えながら踏むの 大変でした。 
良い経験になりました」

ふふっ そうですよね~。
上手い人が弾くならまだしも 私は適当に弾いてますから
想像もしないところで 伸ばしたり
いきあたりばったりの その場の雰囲気で速くなったり 遅くなったり
合わせるの ほんと大変だったと思います。
先生 どーもありがとうございました ☆☆☆


それと 次は ソナチネ36-1のやり残した課題を仕上げて

それが終わったら ショパンの曲をやることになりました。
例の短い曲です。
暗くて悲しくて切ない感じの曲。
先生が 今日最後に弾いてくれました。
美しいーー 先生が弾くとなんで 綺麗に弾けるのかしらーー。

なんとか記録を残す

いやーーん もう~

今日は なんとか 気持ちを奮い立たせて
樅の木を動画に撮ろう!!

よーーし 弾いた記念だ!!

と 4回トライしたんだけど ダメだったわ。
初めの一回のみ 最後まで全部通して 弾いたんだけど
途中で慌てて ひっかかって間違えてるし~。
でも 全曲 通して最後まで弾いたわ。
間違えても 根性よ!!


それじゃ もう一度 そして もう一度・・・とやればやるほど
くもの巣に引っかかって 身動きできない虫のようで
どうも 撮れませんねえ~。
必ず どこかで 「・・・・・間違った

そんなことの繰り返しで。

これからクリスマス会までの間に といっても あと6日間の間に
なんとかミスの少ないものを撮りたいもんです

フィンランドも今 寒さ 真っ只中でしょうか。
シベリウスさんの気持ちを少しでも 汲んで弾いてみたいものですけど・・・
(でも 私 寒い冬が1番 苦手デス )

 | HOME | 

文字サイズの変更

にゃんこ

Maukie

ゆめゆり

Author:ゆめゆり
40代からピアノを始めました。おひとりさまの中高年でございます。
2017年9月より日常的な話題のほうは他のブログで書くことにしたので、こちらはピアノ記事のみとなります。よろしくお願い致します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
ごあいさつ (3)
楽譜 (4)
サークル (3)
練習会 (15)
ピアノ (351)
コンサート (10)
ブログ (12)
レッスン (88)
ねこ (6)
お知らせ (4)
自習の記録 (151)
色々なこと (36)
動画 (6)
おでかけ (1)
体調について (21)
ピアノ教室について (8)
家族( 限定記事) (10)
食べ物 (5)
ピアノ歴 (1)
休日 (3)
発表会 (1)
曲について (10)
生活 (31)
他の参考演奏 (1)
レッスン 限定記事 (67)
フィギュアスケート (2)
ピアノ 限定記事 (6)
旅行 (1)
友達 (1)
おひとりさま (38)
人間関係 (3)
家庭菜園 (0)

ゆめゆりの日記

ぽちっ

ピアノは 大人になってから始めたので ちっとも上達しないけど、13年続けてます。


にほんブログ村 2006年より弾いてきた主な曲 フォーレ  シシリエンヌ バッハ  プレリュード平均律クラヴィーアBWV846 ベートーベン エリーゼのために リヒナー  勿忘草 パダチェフスカ  乙女の祈り シューベルト  セレナード ショパン  ノクターン21番ハ短調 (これ全然有名じゃない曲) メンデルスゾーン ベニスの舟歌 パステイン  魔女の飛行 三善晃   珊瑚の唄 クレメンティ ソナチネ36-1 クーラウ  ソナチネ20-1 シベリス  樅の木 インベンションは、4番8番1番13番の4曲です。 プレインベンション楽譜より 7曲 ブルクミュラー25楽譜より  18曲 ざっとこんな感じです。 どれも完成度は低いですけどね。 でもこれからもピアノは 弾いて楽しみますよ♪

カレンダー

11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん