2014年01月

        

弾いてみようかなと思ってる

category - 楽譜
2014/ 01/ 30
                 
昨夜は会社の新年会がありまして
ちょっと帰りが遅くなりました。
とはいえ 私はお酒は まったく飲めないので
車を運転して帰ってくるわけですが
わが街のほうは 夜9時くらいなら なんとか賑わってますが
夜も11時を過ぎたら 駅前とかは しーーーーーん


と静まり返ってしまい 恐いくらい静かになります。
そんなわが街ですが 生活にはとても便利なところで
車さえあれば 私の家からの食 医 衣 公 遊 などには
すぐ行けるところが近所にたくさんあって便利だと思います。
ただし 車さえあればという運転必須です。
歩いていくのは ちょっと無理。。


ところで また 楽譜を買いました。
どれだけ 集めれば気が済むんだろうという気がしますが
楽譜は 見てるだけでも
この曲は どんな音なんだろう素敵な曲かなぁワクワク と思って
動画を検索して聴いてみたり 楽しいです。

買った楽譜は 全音(ショパン ピアノ遺作集) というものです。
ショパンが 子供のころや青年時代に作曲したものが多いみたいです。
簡単なのもあれば そうでないのもあります。
1番最後に載ってる曲は ジョルジュサンドが飼ってた犬の曲
だそうですよ。
犬の名前が題名に入ってる・・・って^_^;
知られてない曲も多数という感じです。


何故 その楽譜にしたかというと
ノクターン20番 遺作弾いてみてみようかという気になりまして 
とりあえず ノクターン集 というのを買っても どうせ使えないか、
弾ける曲が限られてるじゃないですか~?
だから・・・
弾けそうな曲がところどころ 入ってるやつにしました。。

とは言っても どうせ 気が変わるので
20番遺作 それしか弾かないでまた 仕舞い込むに決まってるけどね。
まっ 今晩 ちょっと試しに20番弾いてみます。


            
スポンサーサイト
            
                                  
        

まったりしたレッスン

category - レッスン
2014/ 01/ 28
                 
ハノンのスケールは cis moll がマルになりました。

次は イ長調が宿題です。

そして 今日は新しい楽譜をやることになりまして
私が持っていった ツェルニーです。
これって 楽譜には (チェルニー やさしい20の練習曲)と書いてありますが
どっちが正しいか それとも どちらでも良いのかわからないけど
とにかく今日は その楽譜です。

自分で適当に 弾いてみただけでは分からない
もっと 深い意味のある練習曲なんだなーーって
先生の説明を聞いて 納得して ふんふんなるほどーと思いました。

何分の何拍子だから とか
レガートと書いてあるから とか
または なんにも書いてないけど 強く強調するところとか
流れるように弾くとか

いろいろに曲想をつけて弾くというのがあるのね
ということが ちょっと意外でした。
ただ ポロポロと弾いていく指の練習のための曲だと思ってたので。


ツェルニーをやる やらないは
賛否両論あるようですが この私の持ってる楽譜は 20曲しか入ってないし
そして 簡単めな曲だから 全然負担にならないし 
20曲 制覇しようと思ってます^^


それで 今日は そんなことをやってて
ソナチネは出さなかったし そして 発表会の曲選びのことも
まったく話に出なかったので 


しめしめ

                         
                                  
        

category - ピアノ
2014/ 01/ 28
                 
私は 水谷豊さん主演の 相棒というドラマが好きで
もう何年も前からのシリーズ 全部みてますが
その中で けっこう ピアノの曲が流れるのですが

ずーーっと前に 亡き王女のためのパヴァーヌ 
それをピアノで弾いてる場面が出て
「あーこの曲 いいな 私も弾いてみたい」
と思って ある時 楽譜売り場で 覗いてみたんです。

楽譜 これこれよ 中身は? どんな?


「・・・・・・」



眺めて パタッと閉じて 返しました。。。




なんですか あれ 音符がめちゃくちゃ乱雑に散りばめられてて
どこをどう弾くのかすら 理解できませんでした。
聞くと見るとじゃ 大違いって こういうことを言うんだな
って思いました。

そんなこともあった何年か前
今も たいして進歩の無いピアノライフを送っていて
この先 なんのレベルアップも望めそうにないんだけど



細々と レッスンは続け 
周りに気を使いながらピアノ練習して
ブログもピアノ関係の記事は書き・・・
たいと思っています。。。
これからも どうぞ よろしくね~
                         
                                  
        

何も決まらないけど

category - ピアノ
2014/ 01/ 26
                 
発表会で弾く曲 自分でも色々と探して
できそうな曲は? 
何かあるかしら~と弾いてみたりしたんですけど
うーーん 特に この曲を弾いてみたい!!というのが無く

この曲だったら 必死に勉強して弾けるようになりたい
そんな曲はみつかりません。
なので まあ なんというか 先生に探してもらいましょうかねーと
いう気になりました。
自分で探すのは無理。。。
これは良いと思う曲は やたらとオクターブ押さえが
満載で そんなの練習してたら 
それこそ 指と腕が 壊れる確率が 大です。
そして 発表会まで半年も無く5ヵ月くらいの期間しかないから
私にとっては 短かすぎる練習期間なので
もう どうでもいいわ 出ても出なくても・・・の気持ちになりました。
先生まかせにします^^


ところで明日は 脱力法のピアノ先生に教えて頂くので
ソナチネも少しずつ練習して私なりに頑張りました。
特に うまく弾かなきゃならないとかではなく
悪い点を 直していただくだけだけど
とりあえずは あんまり 間違えて弾いてたら
教えるほうも 教えにくくなっちゃうかなーーーと思って
ここのとこ 少しは頑張って練習してました!!
それと 前に1回教わったときに 日にちが経つと
こんな脱力法だったか どんなんだっけ?
と どんどん忘れてしまったので 今はまったく覚えてません^_^;

なので 今度はデジカメで自分を撮ったり
ICレコーダーで 録音したり
先生が 許可してくれたらの話だけど
撮ってこようと思います。
家に帰ってきても 見返せば思い出すように。

そして そういう法を身につけて
もっと 演奏にも反映できたら うれしいと思います。
                         
                                  
        

今日は

category - 自習の記録
2014/ 01/ 24
                 
 ハノンのスケールの宿題の ふたつと
ソナチネも 第一楽章を最初から最後まで弾きました。


やっぱり 私も

真面目に練習したら それなりにあまり間違えずに弾けたので

それには 腕を痛めたり 腰を痛めたりしないような
弾き方や ストレッチ そういうことが大事だなーと思います。

なーーんて どこかのお年寄りの言葉のようですが
ほんとに私は 今 そういうこととの闘いなのですよ。
子供時代に ピアノを習って鍛えて自然に良い弾き方を心得てる方には
まるで わからないことと思いますが

私には ピアノを続けるには どうしたら良いか???
それが現在の課題なのです。

弾きたいんだけど 痛くて弾けない

そういう状態にならないように あれこれと 模索中でございます。
                         
                                  
        

だんだんと

category - 体調について
2014/ 01/ 23
                 
だんだん 体のほうが回復してきました。

ブログのお友達に お風呂の中でやるストレッチを教えて頂き
その日から ずっと続けて3日間くらいやってますし
そして ピアノを弾く前にも
ピアノの途中でも
そして 弾き終わった後にも 思いつくストレッチを適当にやってみてます。

私 お風呂で温まった状態で ストレッチをする
というのが頭になかったのですが 
お風呂で温まって 血行が良くなって筋肉が緩んだ状態でストレッチする
それが とってーーーも良いということがほんと実感できました。
なので 私は 浴槽につかったままのホカホカ状態で やるのですが
腕の付け根あたりが痛まなくて きちんと伸びてくれる感じです。

普段 冷たい空気の中で コッチコチに 凝り固まった状態で
そのストレツチをすると 腕の付け根が悲鳴をあげて

いててててててっ グギグギ 


ちょっと無理やり筋を引っ張っちゃった感がありますが
お風呂の中でなら 気持ちよくできます。
これからも続けていきますよ
お風呂ストレッチ。


そして脱力ピアノの先生にも教わってくれば なお完璧!!
弾き方の改良もしていただくことで これから歳をとっても頑張って
ピアノを弾けていけると思うのです。
ちょっと 希望が湧いてきました


あっ そうそう レッスンで今度 ツェルニーもやってみることになりました。
                         
                                  
        

音はずしの訳が

category - 自習の記録
2014/ 01/ 22
                 
ソナチネの中の スケールを弾くときに
たまに 指がつっかえてズリッと音をはずすことが 結構な頻度で有り
どーして つっかかるのか 疑問に思ってました。
そこのとこを直さないと そこの小節が迫ってくると
出来なくてまた つっかえるかも いやだなーと思って集中できなくなる。

それで なんでそうなるのかを今日は ゆっくり弾いてみた結果
わかったのが


ドーレミファソラシド
1 2 3 1 2 3 4 5


ミを3の指で弾いたあとに 1の指がファに行くのが たまに遅れてる。
ミを弾いてるときに すでに1の指がファを指してるくらいでないとダメなのに
ワンテンポ遅れてるときにひっかかる。
そして プラス 手首のほうも進む右側にちょっとひねるというか向けたほうが
ひっかからないということがわかった。
なんで音をはずすのか 鍵盤にたまに親指が乗っかってなくてズリッと
落ちてしまったり なんなんだろうと思うだけで
あまり検証してなかったけど 今日は 無い知恵を絞って 考えてやってみました^_^;
それで やっとできない理由が分かったので 今度は大丈夫そうです。

このソナチネの中のスケールもゆっくり弾けばいいのなら つかえないけど
速く弾かなければならないので それで親指の移動の遅れが 命取りになる・・・
それを肝に銘じて頑張りま~す。


あとあと 他には もうちょっと 表情豊かに 表現してください
と 再三言われてるのですが・・・
それがなんとも 先生の弾かれるような豊かな音には まったくなってなくて
もう なんというか ここを弾き終わったら 次は速いスケールが来るぞ!!

とか そんなことばかり考えながらの演奏で ほんとに余裕がないので
そこも 余裕をもって表現できるように 
まずは 部分的な間違えをしないで弾けるようにしなくては・・・

いちいち間違ってると やたらと 長い時間がかかって
長ーーーーーーーーい 曲になってしまうのです。
上級者が 弾いたらたぶん すぐ終わる ソナチネ20-1 第一楽章なのですから。。。
                         
                                  
        

レッスンて やっぱり良いですね

category - レッスン
2014/ 01/ 21
                 
今日は2週間ぶりのレッスンです。

ハノンのスケールは ホ長調 がマルになりまして
次は cis moll と イ長調 が宿題です。



そして ソナチネ20-1
こちらは ほとんど練習らしい練習をしてないため
前回よりも 悪い出来なので 先生もたぶん あきれてたのではないでしょうか~。
でも 私 痛くて練習してなかった・・とは言いませんでした。
何か 言い訳がましくて やめました。
本来なら もっと練習していけば
もう少し マシな演奏ができるんだけどなあ と思いつつ
まあ なんとか この痛くなるというのを無くす 対策を来週のレッスン前に
脱力の先生のところで 考えてもらおう
そんなふうに思って 黙ってました。


あっ そうそう ハノンのスケールを弾いて最後のカデンツ
和音を弾いたときに先生が・・・
あっ!! その音 これに似てますね!!

と言って 弾き始めたのですが
ショパンのノクターン20番 遺作
その曲の冒頭部分に似てたんですよ。
その曲 戦場のピアニスト という映画で 使われてましたよね。
先生も映画を観に行かれたそうで
私も以前 何年も前どーーしても観ておこうと思って観ました。
その映画の話で 盛り上がり時間がだいぶ過ぎてしまったんです。
えっ やだ もったいない この時間・・・と思いながらも話してました 私。。。

そして 発表会がまたあるので
選曲をそろそろ考えようと思いますけど何がいいですか?
と聞かれました。
ですが 私は 心の中で


「うーーん どの曲といっても 何も思い浮かばないし
弾けるような曲 ないし うーーんえーーーと・・・」
という感じで思ってたので

そうですね ゆっくり弾く曲がいいです
と答えました。


そうしたら じゃ さっきの この20番の遺作 いいんじゃないですか?
これ 弾いてもらいたいなあ~
とりあえず 候補に入れときます。
と先生が 乗り気になってるんですけど

私としては (それって ノクターンだし 長い曲だし難しそうで間違えやすいと思うし
無理なんじゃないの いや まったく無謀な選曲でしょ それ)
と思って 却下しようとしたんですけど
先生が残念そうにしてるので じゃ まあいいわ
別にそれに決まるわけでもないんだから・・・
と そんなふうに思い教室を出てきました。

私 ほんとに 適当にやさしい曲でいいです と 今度宣言しようかな~。
発表会なんて そうでなくても あがるんだから
やさしいのにしたいわ。

                         
                                  
        

考えた末

category - 体調について
2014/ 01/ 19
                 
ピアノ練習をたくさんしたいんだけど 腕が痛くなるので
できない という ことで
まあ ここのとこ すっごく短い時間しか弾いてないんですけど
 ちなみに今日は 8分・・でやめときました。

寒くて筋肉が引き締り、硬くなるというのもあるでしょうが
なんにしても この事態をなんとかせねば と考えて

一度 行ってみて とても脱力などの効果が実感できたピアノの先生のもとへ
また 行ってやり方を教わったり ピアノの弾き方の私の悪い面など
良くみてもらおうと思いました。
それで 予約を入れたら 快く承諾してもらいました。


昨日は いつも何か調子の悪いときに診てもらってる
鍼と指圧の先生のところへも行きまして
今日は少し調子が良くなりましたが

まあなんというか 30代にはなにも感じなかった不調が
40代に少し出てきて
50代では 全開で出てきて
60代になったときには どうなるのかしら?

そんなことも考えますが こんなことを言うと
私より年上の知人に 笑い飛ばされます

「この歳になって 何か痛いところとか出てきて治そうと思っても
若いころと同じところまで治るわけがないわよ。
上手に付き合っていくしかないのよ」
そんなふうなことを 知人は言ってました。

「長年 何十年も体を酷使してれば 機械と同じく 壊れてくるのよ」
とも言ってたわ。

そうねー ほんと 食事に気をつけたりしてたつもりだったけど・・
体のためには お肉も食べたほうがいいのに
嫌いだから・・と 若いころは食べなかったし
なんでも 偏らないで バランス良く食べたり
そして 運動したりしておけば 良かったわ~~ 若い頃から・・・

今頃になって 急にいろいろ気をつけてやっても
うまくいかないことが たくさんあることをやっと知った感じでございます。。。
                         
                                  
        

時間

category - 自習の記録
2014/ 01/ 15
                 
腕が痛くなって 5日間ピアノを弾かなくて
再開した日から 練習する時間というものを
きちんと計ろうというか 時計を見よう

そう思って 時計に注意をして見てると

意外と 30分て すぐ経ってしまうようで
今まで 30分くらいしか普段から弾いてなかった・・・と思ってたけど
実は もっと弾いてたかもしれません。
ほんとに きっちり 30分だと 短いのです。
それだけじゃ 練習するのに ちょっと足らないかなーという
気がしました。。。
でも 今夜も きっちり 時間になり弾くのをやめました。


中高年は痛みとの闘いかしら。
いつも腰痛もありましたが
この腰痛に関しては 内科で出してもらってる漢方薬がことのほか
効いてるようです。
更年期障害でよく処方される漢方薬ですが
とても血行の良くなる実感がありまして
一ヶ月間飲んで とても良い感じです。
血行が悪くなってて 腰痛が常にあったのだと思いますが
漢方薬で血行を良くして 筋肉が固まらないようになって改善したのだと思われます。

ですが ピアノを常に弾いてるので
いえ 常にじゃなくて 毎日弾いてるので
腕の付け根あたりが凝って痛いんですよね。
腕を回すと ぐぎぐぎ 音がします。
腕の痛みは 治らないわねー。
ピアノやめれば 治るのよ きっと
                         
                                  
        

ハノンのスケール

category - 自習の記録
2014/ 01/ 13
                 
ハノンのスケール 24の調のうち
ただいま 16個が マルもらいました。

残すとこ あと8個ですが
ここにきて ようやく このハノンのスケールをやる意味みたいなもの
それが 分かってきたというか 呑み込めてきました~。
ある一定の規則に従って 成り立ってるのをようやく理解してきました。
おっほほ今頃やっとですー。


スケールを弾くときの指使い 
カデンツの音 和音とか
主音との関係とか
なんとなーく分かってきました。


ここのとこ 腕が痛くて
必死にピアノ弾きすぎて痛めたらしい
それで 5日間くらい弾かなかったのだけど
今夜は15分くらい やってみました。

最初の頃は スケールを弾くのも 
楽譜を見て のろのろと えっ えーーと なんだっけ??
と楽譜みても 指使いが良く分からなかったけど
今は ♯が こことこことこれについてて というのを見れば
だいたい予想がつくようになり チャッチャと弾いていけるようになりました。
ふーーーっやってきた甲斐があるってもんだ と思います。
これが終わっても また続けてスケール弾かないと 忘れるからやりますけどね。


今週は レッスンが無くてよかったわ~。
コンクールに出る生徒がいて その子のレッスンをしたいので
今週は無しで来週にまわしてください と先生に言われてたので
今週は無し 無し・・・ ほんと ちょうど良かった!!


そして 今年は 地道に家と教室の往復をして
コツコツと練習して 無理のないピアノライフを送ります。
いつまでに この曲を仕上げるとかいうのを課して無理な練習というものをしないようにします。

という目標が 今年 思ったことですが
でも 1年あるから また 想いが変わるかもしれないけどね
                         
                                  
        

今年のゆるい目標

category - ピアノ
2014/ 01/ 11
                 
去年の目標は シベリウスの樅の木を最後まで覚えて通して弾くことが
目標でしたので それは まずまず達成しました。
ヘタでも ぐっちゃぐちやでも なんでもいいんです。
とにかく暗譜して弾けましたから 目標達成と致します。。。

そして 今年は何を目標にするかということですが
一応 あります。

一度 少し弾いてみて やっぱりダメかなー
と思って あきらめたんだけど でも でも・・・
やってみようかなーと考え直して・・・

ショパンの別れのワルツ 

それを ゆっくりと のんびりと 弾いていってみようかと思います。
レッスンに持っていくかもしれないし いえ・・・
持っていかないかもしれないし 
予定は 未定なんですけど 
でも 弾いてみたいのです。
私に最後まで 弾けるかどうかは分からないので あくまでも希望デス。

今のところは 気持ちが その曲に傾いてます。
4枚の譜面もしっかり くっつけて 長くしました。
譜めくりしなくていいように・・・
そして ぼちぼちと譜読みも始めました。。。


何と言っても 弾くために 一生懸命に しゃかりきにやると
手や腕を痛めるので いつまでに譜読みを終わらせるとかいうのは無くやってみます。
                         
                                  
        

自分の感覚

category - 自習の記録
2014/ 01/ 09
                 
ソナチネを弾いていて その中で いい加減になっているのが
速さです。
1小節の中で 16分音符で何小節も弾いていたあと 8分音符だけの小節が
出て来たときに どのくらいの遅さで弾いたらいいいのか分からなくて
適当な自分の感覚で弾いていた。
・・・が やはり変ですと 先生に注意されます 当たり前ですケド。


それを自分で拍を数えてても あってるんだかどうなのか
分からなくなってくる。

そんなときは あれです。
メトロノームですよ。
先生にメトロノームを使ってください と言われ
あっ そうだった メトロノームというものがあったんだわ
と気付き 昨夜は使ってみました。

1小節の中で 合っていると思っていても
機械的に 拍を打ってもらうと 
私の弾き方 違っていたわというところが いくつも出てきました。

遅すぎたり 速すぎたり

こういう練習曲なものは メトロノーム全開で拍感をつかんだほうが
立派な曲に 聴こえますね。
拍や速さがでたらめだと 芯の無い質の悪い曲になってる気がします。
ショパンとか ドビュッシーとか そういう曲のように
ゆらぎで 個性的に弾くというのが(それは正しくない弾き方かもしれないけどね)

ほんとは私は好きなのですが・・・
                         
                                  
        

レッスン 何回目かな

category - レッスン
2014/ 01/ 07
                 
なんかー もうめんどくさいから レッスンの回数書くのやめます。
ほんとは 最初のときの先生から数えたら 
何百回だかわからないくらいレッスン受けてるんですよね。

で、その当時から弾いてて 現在、変わった変化というものは・・・
練習してても 指が痛くならなくなった ということくらいかな。。。
最初のほうの先生は ただ何かの簡単な曲とかが弾ければいい
というような教え方しかしてくれなかったし
また 私もそんなもんかなーとのん気に構えてましたから
指の使い方や 姿勢がどうとか そんなのは おかまいなしに受けてたレッスン
それで ちょっと練習しすぎると すぐ指が痛くなったりしてました。


でも それでは良くないということで 私も先生を変えたり
また 自分でも考えてみたりで 弾き方も多少・・・
最初のころとは 違ってきてると思います。
だから 指は 痛くならないです。

でも腕や背中や腰とか 弾きすぎたりすれば イタタタタッとなりますデス。


そして レッスンですが
ハノンスケール ホ長調をマルもらいました。
も少し ひとつひとつの音を大きくはっきり弾くこと。
という注意がありました。
でも マルです。



次 ソナチネ20-1。
昨日 一夜漬けしたんだけど やっぱり 一夜漬けは 
あっさりとして 体に沁み込んでなかったので イマイチだったわ。。。
あちこち ほころびてしまったわ。。。


先生に良く いつも言われる、ここは 深い音を出してください・・と
それを出すのが 難しいです。
つい 目先の音を追うのに真剣で この和音のとこ深い音を出すと言われてたなあ ということ
忘れてしまいます。
次から次へと出てくる音符に追われて それどころじゃないのです。
それに小指が傾いちゃって 無理して弾いてて ガツンと音が鳴ってるとか
逆に 小指が弱くて音も弱くなってるけど ここは大きくしないとダメですとか

たくさん 指摘だらけです。


でも 技術はあるのであともう少し表現をきちんとできるように
やっていきましょう・・と言われました。
そこで 疑問→ 技術はある って言いました 先生が。
私 技術があるんでしょーか???

へっ
そんなわけないですけど。
と思いましたが まあ いいやと黙ってました。


とにかく まだ このソナチネ20-1の レッスンは続くということは 確かですネ。




                         
                                  
        

一夜漬けか

category - 自習の記録
2014/ 01/ 06
                 
いくら私が中高年でも お漬物の話じゃないです。。。
私 どちらかというと お漬物って 食べません。
それより イタリアン系の食事が大好きデス。。。


あっ そういう話じゃなくて ピアノの練習です。
昨夜は全然弾く気にならなかったので 触らず
今日は どーしても練習しなきゃならないと思って 必死で練習しました。
そして 終わってふと時計をみると


なんと 45分も練習しておりました。
いつも30分で もういいやと 適当なところで打ち切りにするんですが
今日は この部分 あちらの部分と片手ずつやったり 両手合わせてみたり
指の間違えるところで気になるところをたくさんやりました。

もちろん 最初に第一楽章 通して弾いてみました。
ソナチネなんて 特にやりたいわけでもないけど
指の練習にもなるし 何か 得られるものがあるでしょう~という気はしますので・・・

 とにかく 先生に言われた 曲想なども頭に入れながらの練習をしました。

さてさて もうそろそろこの クーラウ ソナチネ20-1
飽きて参りました~ 
他の曲を弾きたいーーー

でも いろいろと ショパンだ バッハだ などと考えてはいるものの
全然 決まりません。
やたらな無謀曲を選ぶと 手や足や腰や もうあらゆるところが
ガタがきてるので 痛くなったりすると 怖いので
そうそう無理もできません。
私は 50代・・・
あと 10年若かったらなあ~~
                         
                                  
        

きちんとやろう

category - 自習の記録
2014/ 01/ 04
                 
あーでもない こーでもないと
変な浮気曲を弾いてないで ちゃんと ソナチネやることにしました。
レッスンは来週火曜日に迫ってきました。

指がつい間違ってしまうところを 重点的にやってます。
そういう箇所が いくつかあるので 
そこをスムーズに弾けるようになるまで やると
なんだか ちょっと自信がつく気がしました。
自信が無いところがあると どうしても 気になっちゃうから
間違えるのです。

やはり仲道郁代さんじゃないけど 子供時代にそういう 部分 部分をとりだして
何時間も練習してた・・・
それは 大事なことですよね。
先生も そういうことは言いますけど
ピアニストになった方も そういう練習を積み重ねてきたんだと
思うと 私もなおさら やらなくちゃ!!と思いました。


練習の積み重ね 面倒でもやっただけ自分に返ってくる・・かも
                         
                                  
        

練習してみたのは

category - 家族( 限定記事)
2014/ 01/ 03
                 
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
                         
                                  
        

新年の朝日がまぶしい

category - ピアノ
2014/ 01/ 01
                 
新年 あけましておめでとうございます

元旦早々に ブログ書いてるくらい暇な人は 私くらい??
大晦日の朝は 9時ころまで寝ていたら ぼやーんとして
どうも調子が出なかったので
元旦の今朝は よーーし 会社へ行く日と同じに 7時に起きるぞ!!
と思って起き上がったは いいけど・・・
リビングのほうへ行ってみたが どうにもだるくて だるくて・・・
15分くらい ぽややややーんとしてて
そうだ 脳にすぐ届くのには 糖分がいいと昨日テレビでいってたなー
と思って 煮豆を何粒か食べたら 効いたのよ これが!!
糖分は 良いわよ 即効性があったわ。
それで 洗濯物を干しに行く気力が出て 干してきたわ。。。


そしてピアノの話です。
去年 同じピアノ教室で 知り合いになった方なんですが
発表会では すごく素敵な演奏をされてて すごいと思って聴いてまして
その後 クリスマス会でも ご一緒したのでまたお話しました。
そんな素敵な演奏だったので 私はその方は いろいろとピアノに詳しい方だと
思って バッハのインベンションの話をしたら
「えっ? 知らないです」
という 予想もしないお返事が返ってきて びっくりしました。
演奏する曲は全部 先生まかせでやってるとおっしゃってました。

あと11月にちょっと顔を出してやめてしまったけど
ピアノサークルの専属の先生は こんなことをおっしゃってました。
「ピアノ教室を何回も変える人は すごく自分のポリシーというものを持ってるので
 とても やりにくい面があります」

ということは やはり生徒というものは
先生の勧めるとおりに素直に従ってないと やりにくいのかな。 
好きとか嫌いとかの曲の選定をしたりしちゃダメ?
こういうツェルニーみたいなのは 嫌い とか言う生徒はダメなのかしらね。

でも幸いにも 今通ってる教室の先生は とても寛大な心で接してくださってるから
ありがたいんですけどね。。。

それにしても 私はショパンがいいとかバッハがいいとか
そのときは 良いと思って書くんだけど
いまひとつ 決め手に欠けるというか
結局 やっぱり どうしよーーーと
いうような 悩んでばかりの、かなり やっかいな生徒でしかないようです。
好きな曲だけど 弾ける気がしない・・・そういう気持ちが根底にあるからかな。


今月は次のレッスンまで あと1週間。
とりあえずソナチネ20-1 頑張ろう!!