2014年03月

        

あと2ヵ月

category - 自習の記録
2014/ 03/ 29
                 
教室の発表会の申し込み用紙が来ました。
でも すごい日にちが迫ってます。
きっかり あと2ヵ月しかないのです。
ふぅーー

あと2ヵ月で ワルツ仕上がるのか?

そして申し込み期限は もっと前に設定されてますから
申し込みまであと1ヵ月しかないんです。
あと1ヵ月で そのへんの出来栄えがどうなのか・・・なんて判断がつくかしら。
そこまでにある程度 仕上がってればいいけど(笑)

この のろのろさ加減からいくと 
あと1ヵ月で とりあえず全部弾けるようになるとは思えない・・・
ほんと 思えないわ。。。


で、今日の練習は もちろん やったわよ。
昨日は サボったけど。

 のろく弾くのなら なんとか終わりに近いほうまで弾けるようにはなったけど
音楽的な要素はまったく無視です。
ただ 音を拾って弾くだけならなんとか次のレッスンまでには
できるかもしれませんが・・・
だいたい ショパンの曲なんて難しいので そうそう順調に行くわけがないと
最初から思ってました。
でも この曲は ぜひとも 弾いて仕上げて 持ち曲にできたらいいなって思います。

持ち曲といえば 先日 先生にちらっと
「私 最近もずっと樅の木を弾いてるんですけど 絶対前よりうまくなってると思うんです。
今は何かの発表のためにではなく自分で弾きたいから弾いてて
それで チカラも抜けてきてうまく表現できてると思うんですよ」

と・・・ どこの勘違い野郎だよ!! と 石を投げられそう(痛)
なことを言いました。

そんなアホな発言にも 先生はまともに答えてくれて
「あらーーほんとですか!!今ここで聴きたいです。弾いてほしいなー」
なんて おだててくれるのですが

いえいえ もちろん 先生の前で弾いたら
自分の思ってるほど良いわけないので
単なるほんの 些細な差なだけなことがバレるので
弾きませんでしたけどネ。

でも 楽譜を見ないで弾ける唯一の曲なんですよね。
樅の木は。
これからも 維持していこうと思います。
            
スポンサーサイト
            
                                  
        

行ってきたわ 

category - レッスン
2014/ 03/ 25
                 
先週は 腕が痛くてレッスンは休んだけど
今週は 改善したので行ってきました レッスンに。

なんで 疲れてても行く気になったのかというと
ワルツの わからないところ というか
弾きにくいところを教わりたくて なのです。
私の弾き方が あっているのかどうかが分からなくて・・・
先生に聞かないまま 間違ったタイミングで 音をとってると
直すのが 大変だからネ。

先生は 「腕 大丈夫ですかー? 何か私が無理をさせてしまったとしたら
申し訳ないので ほんと 大事にしてくださいね」
と 何回も言ってくださいました。
今までに 教わった先生の中で そういうふうに
「私が無理をさせてしまったのでは」 というような言い方を
してくださった先生は 今の先生だけです。
ありがたい 思いやりな言葉です。

普通だと 過去の先生方は 「あら 痛くなってしまったのですか。どうぞお大事に」
くらいで 自分は痛くなるなんてことはないという先生が多かったので
人の痛みは分からないらしい先生ばかりでした。


あっ それと 私の腕が痛くなるのは 自分のせいなので
全然 心配しないでください もう治ったし・・・と 先生に言いましたが
最後に私が帰るときも 「無理しないでくださいね」とまた言ってくださり
なんと やさしい先生なんでしょう と思いました。


ハノン スケール ト長調はマル もらいまして
次の 最終 ホ短調が宿題です。
いよいよ 次のホ短調で スケールは終了ですが

そのあと どうやら 次のアルペジオをやるようで
見ておいてください と言われました。。。


ワルツ ヘ短調は タイミング的に どう弾いたらよいのか
教えてほしいところを聞いたり しました。
どうも いざ 弾くとなると 弾き方が 速いので
もっと 遅く練習してくださいね と

また 前回と同じこと言われて
私も すみません また 同じこと注意していただいて・・
と そんな会話の繰り返しで いつもレッスン受けてる感じです。

遅く弾いてるつもりでも つい 速く弾いてしまうのです。
早く この小節を 難しい小節をやりすごさねば と 
ちゃちゃっと 速く弾いて いい加減にやってしまうのでダメなんですよね。


そして 最後に 先生が


こんな感じで弾いたら どう思いますか?


と すごく遅いけど とーーっても綺麗に緩急をつけて弾いてくれまして
そういう 遅いのもアリだなあ~って思いました。


                         
                                  
        

暖かい

category - ピアノ
2014/ 03/ 24
                 
今日で 連続出勤 25日目となりました。
一日も休まず やってる仕事も こうなると
疲労とかいうより もう惰性でやってる感じになります。
忙しさのピークは過ぎた感じになってきたけど
会社に出てる以上は プロですから
仕事をきっちりこなさないといけませんので
社員みんなで なんとか頑張ってます。。


ところで ヒアノも・・・
そんな中でも 家で弾いてるのですが
まあ 2ページの曲ですので 焦らずやってます。
だいたい 全体のおおまかなイメージは わかって最後まで弾いてみました。
ペダルもちょっと入れて弾いてみたけど わりと 頻繁に入れないと音が濁ります。

またレッスンに行って 教わってきます。

そして来月になったら 休みの日は ゆっくり・・・
家に引きこもろうと思ってます。
遠くへ出かけるのも やめようかと思ってます。
                         
                                  
        

けっこう慣れたかも

category - 自習の記録
2014/ 03/ 22
                 
苦手としていた3拍子の曲
ショパン ワルツ ヘ短調

ですが それがなんだか慣れてきました。
何回も弾いてると 意外と慣れるものですね。
最初のうちは ずんちゃっちゃ のリズムが
うーーーむ 難しい
私は ピアノを習い始めたころから 3拍子苦手なんだよなー。
何年か前にプレインベンションの楽譜をやってたころに
やたらと メヌエットの曲を先生が選ぶので
やだなあーーと良く思いました。。。
弾きにくいったら ありゃしない
と いう感じでいました。

でも 今 この練習中のワルツは 好きになってきたので
苦手だ と思うよりも 最後まで早く譜読みして一通り 弾ききりたいと思うようになりました。

前回のレッスンのときに 先生が
47小節のところの右手が和音だけでメロディを弾くところ
難しかったら 高音部だけで1音で弾くのでもいいですよ
なんて おっしゃったので
「いえ 原曲の通りにやります!!」
と答えたのですが このくらいの和音くらい弾かなくちゃダメでしょ・・・
習ってる意味ないでしょ・・・
そう思ったし また 和音で弾くからこそ この曲が綺麗に聴こえるのですよね。
省略なんかしたら ショパンの曲じゃなくなっちゃうと思うのです。

そして その次に出てくる48小節目のところ
右でソを弾くそして 左で♭ミ ♭ラ ドの3和音を弾く
その 一瞬の右と左の音が重なるとき・・・
そこが とっーーても好き!!
なんだか すごく癒されてしまう音なんです。
その瞬間 ほわーーんと 良い気分になるのは
たぶん 私だけでしょうね。
自分でピアノ弾いて 勝手に癒されてる私って いったい

ほんとは譜面の写真でも 載せれば分かりやすいのでしょうが
疲れてるので また 今度。
どんな楽譜 使ってるのか分からないので 意味がわからないでしょうけども
とにかく つまるところ 癒されるので練習が楽しい
そういうことですかね・・・
                         
                                  
        

前に進む

category - 自習の記録
2014/ 03/ 19
                 
3日ぶりに ピアノ弾きました。

第2テーマのほうも そっくりそのまま繰り返してる小節を発見!!
・・・・・って^_^;

元々 そういう曲なんだけどね。
まあ 発見ていう感じで とっても嬉しい

このワルツ ヘ短調 
12番の曲なので 動画で聴いてみると やたらと 同じようなメロディ
繰り返して弾いてるので まあ そういう曲なんですね。
とにかく 初級者でも 弾けるかもよーという楽譜に載せてるくらいだから
繰り返しが盛りだくさんじゃないと 
途中で 挫折しちゃう人も出てくるから
ちょうど 私のような人にも 向いてる曲なのかなーと思います。


練習してて 第2テーマのところは なんとなく弾けるので
ところどころ 似ていても ちょっとだけ和音の音が違うのが出てきたり
そういうのに気をつければ なんとかなりそうです。

まだ 今月 レッスンであれやこれやと 教わり始めたばかりだけど
譜読みを全体的に 早く終わらせたいものです。
曲想やらペダルやら まだ 全然 やってないし・・・
                         
                                  
        

お休みです

category - ピアノ
2014/ 03/ 18
                 
今のところ いろいろとありまして
レッスンも 今日の予定でしたが お休みしました。
そして 来週もあるのですが 行けないかも。

腕の付け根と肩甲骨も痛さがひどくなり
今日 会社帰りに予約してあるいつもの鍼灸治療院へいってきました。

会社に行くと 体調が優れない状態になります。
朝なんか 不機嫌な顔が出ちゃってるかもしれないくらい
ぶーたれた表情になってます。
おばさんなので よけい 見苦しい^_^;
だって ほんとに 疲れすぎてるからなのです。
午後も夕方になりかえる時間が近づくと 調子が良くなってくる感じ。。。
1日でいいから 休みを取りたい。
                         
                                  
        

それでも

category - 自習の記録
2014/ 03/ 15
                 
相変わらずの調子の悪い 体調ではありますが
昨日も今日もピアノは やってます。
おととい 1日だけやらなかっただけですよーー。
めちゃくちゃ のろーく弾くほうが 覚えられます!!
ということを先生に教わり 実践してますが
ほんとに 遅く弾けば 間違える箇所も少なく
そしてまた なんとなく指の間隔だけで弾いてた鍵盤も
楽譜でいう この音を弾く
というのを良く目で確かめながら弾いていけるので

頭に良く入りますね。


 遅く弾くのってどーなの?


って以前は思ってたけど

やっぱりのろく遅くやったほうが良いとわかりました。
そして ぷらすあるふぁ 遅く弾いてると なんか楽しい
なんでだろう?
ゆっくりなテンポだと 間違えないので 曲として つながってるから?
速く弾いて 間違い つっかかり 切れ切れな曲は 聴きにくいけど
遅くてもつながって聴ける曲は安心して聴ける。
だから 自分でも 楽しい。
練習が楽しくなります♪


それを全部覚えたら 今度は もう少しテンポを速くしていって
普通の テンポまでもっていけたらいいな と思います。



                         
                                  
        

具合が悪い

category - 体調について
2014/ 03/ 13
                 
今朝 会社に行って事務所の掃除をやってて
そしてタオルを洗っていたら すすぐのにタオルをゆらゆらっとしたら
グラッと めまいがした。

午後になって 少し回復したかと思ったけど
やっぱり 変な感じはする。
体も 相当疲れてきて 休みたい。
でも休めない。
思いっきり 1日 寝ていたら治りそうなんだけど。
連続出勤 14日目なので かなり体にきている疲労感。。。

ということで 今日は家事を終えたけど 
ピアノは弾かずに お風呂に入って すぐ寝ようと思います。

明日 元気になるといいけど。

                         
                                  
        

楽しいと思ったの久しぶり

category - 自習の記録
2014/ 03/ 12
                 
なんだかんだと言いながらも
毎日 せっせと練習してるのが ショパンのワルツ ヘ短調です。

今は 第二のテーマのほうの 40小節目からのところの譜読み中。
途中で 右手と左手の音が重なるところがあるんですよ。

♭レ ♭ミ ソ 
その三つの音が どっちも入ってて これ・・・
どうやって弾くの?と 昨夜 あれこれ悩みました。
やっぱ メロディとなるほうを強く強調したほうがいいよね?
でも 重なっちゃって 弾きにくいのよ
と 自問自答しながら弾いてました。。。

レッスンのときは全く 弾いてないので
聞きようもなかったけど 
実際 今練習するのに 困ったわーと思いました。
でも なんとか こんな感じのタイミングでいいんだろう
というのが なんとなくできたので
もう 流れで いっちゃおうかなーと思います。



その流れで行く・・・
というのがクセになってて 速く弾いて流れに身を任せ~みたいに惰性で弾いてると
途中で止まってしまったときに
その止まった小節から弾きだす ということができなくなる。
ちょっと前の 分かるところに戻らないと 弾けなくなります。
ということは 止まってしまった小節のところの 音符をきちんと把握してない
読めてないということになります。

たとえ どこで止まったとしても その場所から弾けるなら
聴いてる人に流れを止めずにというか 止まったということをあまり意識せず
聴いてもらうことができる・・・

暗譜を早くできるということは いいんだけど
それより止まったところがどこか?
そこが楽譜上で分かってないと 弾きだすことができなくなります。


というような先生のお説教がありました・・・昨日・・・
なので、ほんとに のろく 遅く リズムを取りながら
ワルツを弾いております^^
楽譜見ながら・・・
                         
                                  
        

とりあえず行って来たわレッスン

category - レッスン
2014/ 03/ 11
                 
もう ヤケクソで行ってきた。
疲れたなあーーーーーと思っても やっぱり
行って先生に教わらないと。。。
次に進むことができないので。

ハノンのスケール ロ短調 マルもらいました。
スケールもときどき指を間違えてしまうけど
でも 習い始めのころより 全然 弾きやすくなってきた。
スケールを弾くときの 指使いが すぐ分かるようになっただけでも
お得 お得よ 
だから 何?って感じだけどね。
やらないより やって良かったです!!
次は ト長調が宿題です。
うふふっ あと残す調は ふたつになりましたーー。
24のうち もう22の調が終わったのよ~。


ワルツは 一応20小節まで弾きましたが
ゆっくりと 弾いたつもりだったけど 途中 間違えたり
つっかえたりの 行き当たりばったり演奏でした。

それで そういう分からなくなったりするのは
もっと もーーっと遅く弾かなきゃダメですってよ。
ものすごく遅く弾いて ひとつも音を間違わずに止まらずに弾いたらOK
だから どのくらい遅く弾くかがポイント。

一回でも音がすぐ 取れなくなったりしたら
それはまだ 弾けてない証拠!!
そうなったら もっと遅く弾くこと!!
そういわれました。


そして次の宿題は 40小節からのテーマを弾けるようにしてくること。
ひゃーーー そんなに急いでやるのかー
私は1年くらいかけて やるので充分なんだけど・・・
みたいなことを私が言ったら そんなかかりません大丈夫ですと言われましたが
自分としては うーーーん 
ゆっくり やるのでいいんだけどなーという気持ちでいるので
どうしたものかー。
先生は やっぱり 発表会に間に合わせたいのでしょうね。

私の前にやってる お子様は モーツァルトのソナチネを弾いてましたが
その子たちの年齢でソナチネ。
私は50代で やっとソナチネ弾いてる始末。
その差は大きいです。


でも 頑張れ おばさん
                         
                                  
        

今のところ

category - 自習の記録
2014/ 03/ 10
                 
多忙なための連続出勤中 今のところ会社の休みだった日の翌日から数えて
11日間ずっと出勤中です。
休まないと頭の回転が鈍りますね。
人間は疲れてくると 普段なら気付くような間違いも
平気になってしまいます。
まったく気付かず進めて同僚に指摘されて
あっ そうか なんでこんなことやってたんだろう?
ということが みんなで多くなります。
やはり休養は必要です。
しかし フル回転で事務と営業と接客もこなさなければなりません。
まだ 今月は始まって三分の一が過ぎたばかり。。。
まだ ずーーっと休みがないのです。


ワルツは ようやく音取りはできて慣れてきたたので
宿題分の20小節は 続けて弾いて あと ペダルも入れてみたけど
ペダルが濁る
ペダルの踏み変え うまく出来てないのでダメだわ。
はぁ~~ ショパンはペダルの入れ方も難しい~~。

明日はレッスンのある日なのだけど
このまま 疲れなければ体力残っていれば
行こうかな。。。
                         
                                  
        

ほんとにつまらない 独り言です

category - 自習の記録
2014/ 03/ 08
                 
相変わらず 家事の終わってからのピアノ練習に30分。
早くお風呂に入って寝れば明日楽なのに
でも ピアノ練習をしている私。。。部分的にできない箇所があったので
きのうと今日と 集中練習して なんとかクリア。
それがきちんとあってるかどうかは 先生にみてもらわないとだけど
でも 20小節までのテーマは弾けるようになりまして
まず まず ちょっとだけ ホツトしたわ。
なんてったって ワルツは 流れるように弾かないと
途中で 音が引っ掛かってると 踊れませんよね。
ワルツらしく弾かないとねー と思うんだけど
まあ それは いずれそのうち・・・いつか・・・


それと また 同じこと書いてると思われるけど
ショパンのこのワルツ練習してると
今までのやってた曲が なぜか ほんとに 弾きやすくなってるのよ。
ほんと 不思議なの。。。
何の関連性があるのか 検証したいくらいです。

それだったら なにも ツェルニーとかハノンとか
そういう練習曲(私はどちらかというとそういうのは 飽きてしまうので)
をやらなくても ショパンを弾いてたらいいんじゃない?って思うわけですが
でもそっちに偏ってしまっても 良くないので
やっぱり 他のみなさんがやってる
ベートーベンとか シューベルトとか そのなかでもランクが下のクラスのもの
をやってみたらどうか?
なんて 考えも出てくるのですけど。

どうなのかなぁ~
                         
                                  
        

初めてかな

category - 自習の記録
2014/ 03/ 07
                 
会社の仕事で疲れて帰っても家事はしなければ・・・
主婦は家でも忙しい。
やるべきことをやっておかないと一日は終わらない。
だけど ピアノは練習したいので やってます。


それにしても こんなに時間のかかる曲は初めてかな。
ショパンて やっぱり難しい。。。
ソナチネとかブルクとか そういう曲のほうが全然譜読みが楽だった。
なぜかというと 手の位置があまり遠くへ移動しないからなのかしらね。

ショパンのこのワルツは 左手が あっちにこっちに移動するから
それを覚えるのに 一苦労しております
それでも必死に練習してられるのは
なぜかしら・・

やっぱり メロデイが綺麗だから自分で 弾いてみたい
という想いなのですよね。
自分の指から 奏でられたらうれしいな~という
まあ それだけですかね。
今のところ 20小節までなんとか覚えました。
そのあと21小節から40小節は 最初からのテーマの繰り返しなので
そこは 無いも同然 うっふっふ

先生からの宿題も 20小節までを両手で弾けるようにしてくる
ということなので 頑張ってます。
ところで 頑張れる源は・・・??
もし これが 好きでもない なんとも思わない曲だったら やりたくなくなります。
とはいえ、特にこのワルツだから 弾きたかったわけでもないけど
ただ 私にもなんとか弾けるかもしれないと思ったから選んだだけ。。。なんですけどね。

やってるうちに けっこう 好きになってきたかも
                         
                                  
        

まだ体力あり レッスンへ

category - レッスン
2014/ 03/ 04
                 
今月は 休むと宣言したのはいいけど
やっぱり できれば ワルツを教わりたいので
今日 行って来ました。


ハノン スケール ニ長調はマルもらいました。
そしてロ短調が 宿題になりました。



ツェルニーはとりあえず 休止です。
だって ワルツを弾かないと 時間が足りなくなっちゃうから
ワルツ主体でお願いします と言って教えてもらいました。
20小節までの弾き方をやったのですが一箇所だけ ナチュラル記号がついてたのに
普通に♭をつけて弾いてるところがみつかりました。
なんか変な音になっちゃうなーーと思ってて でも ナチュラルだと思ってなくて
弾いてました
思い込みってこわいわね。
なんで 気付かないのかしら。。。

ワルツのリズムの曲って弾いたことがないので~と話したら
先生は 左のほうは 1拍目ちょっと強く2拍目弱く 3拍目もっと弱く な感じで弾く
ので こんな感じでと伴奏だけちょっと弾いてくれました。
そして おもむろに ワルツのリズムでステップ踏んで踊ってくれました。。。
やっぱ 先生はダンスも お上手でしたー。
ダンスもリズム感があるので 綺麗にステップ踏めるのね と思いました。
私なんか (なんちゃってワルツ) だから全然 サマにならないのですけど。

あっ それと メロディを歌いながら弾くと
弾きやすくなると言ってました。
それも 前にも言われたなあーーーーー
そうだったなーーーーーー
と また思い出した。




あと先生の構想では
3月に譜読み終わらせて
4月に強弱やペダルのこと
5月に仕上げ

という計画でやりましょうとおっしゃってましたが
うーーーん それどうかなあ~。
譜読み 無理だと思います。完全に!!

                         
                                  
        

それでも弾く

category - 自習の記録
2014/ 03/ 02
                 
仕事が毎日忙しくて いや これからがもっと忙しくなるのに
ピアノの練習は毎日やってます。
今のところは まだ 体力があるもので
ブログも 書いてます。
ほんとに疲れたら 夕食を作るのもいやになるので
でも、なんとしても家ごはんを食べるのが 1番ホッとするし
飽きないので 作り続けますけどね。


ワルツの装飾音符の入れ方
先生に ちょっとしたヒントをもらったら
案外すぐにコツをつかめて分かりました。
自分で何か おかしい入れ方なんだけど どうに直していいかわからず
いたけど 先生が 楽譜に 「ここで入れちゃってください」
と 書き込んでくれた それだけで あーーーそうかーーーーー
と納得した初級者の私です。

そして 「ゆーーっくり弾いて練習ですよ。速く弾いたらダメです。
速く弾くのは いつでもできます。
3拍子を感じて ゆっくりです」
そういう先生の言葉も 素直に守って練習してます


それで 今は13小節から20小節までを 覚えるべく
ゆっくり弾いてますが
譜読みするのに 最近は 左手で弾く 和音の数々が
パッと見ただけで すぐに鍵盤での音を押さえられるようになったので
譜読みが 昔より 早く進むようになりました。
昔は えっと ちょっと待って ド ミ ファ?とか
 いちいち順番に数えたりしてた時期がありましたが
最近は 五線を出て 加線に乗ってる音も見ればパッと押さえられることが
多くなり それが 和音になってても
押さえられるようになったかなー。
音符の位置関係を 図面として把握すると弾きやすいよ。
ということを ピアノの先生をしている神奈川県のお友達に 教えてもらったことがあるけど
それは 何年も前の話で えーーっ そんなこと 今は無理!!って思ったのですが
今なら そのアドバイスも少し 分かる気がします。。。
でも 相変わらず カメの歩みで 
ゆっくりと レッスンしてもらっていこうと思います^^