ゆめゆりの記録日記

おとなからピアノを始めた中高年の記録です~。

私だけのピアノライフ

前記事に 励ましのコメントくださった皆様 ありがとうございました。

私なりに また今までとは違った 考え方で見直そうと思います。
これからの 私のピアノライフの方向性を。

今の自分に合った ピアノを弾いていこうかと 思いました。。。
明日 またレッスンの日なので 行って来ます。
先生に訳を話してみます。。。

その都度 どんどんと変わる私のピアノは
いったい どんなふうになっていくのかしら。
ソナチネは とりあえず中止します。
その他のことは だいたい案を考えました。。。

って別に たいした案はないけど。。。
期待しないで また 見てくださいネ。。。
スポンサーサイト

これからのこと

せっかく ヤル気になって頑張ろうとしたピアノですが
行き先を見失ってます
やっぱり 腕の痛くなった原因は ソナチネの速さと長さに違いないと思うわけです。

これでも 脱力だとか姿勢だとか 指のフォームとか
あちこちから情報仕入れて そういう先生に学びにも行ったし
私のできることはしてたんだけど
それでも  できてないので こういうふうに腕の付け根が痛くなり
積もり積もって ピキーーンとなるんでしょうね。

中高年でゼロから始めた私には 所詮 大きな曲に挑戦するのは
無理なのかと思います。
レベルアップしたいと思ってもからだがついていかない。


腕は 鍼で治療したので 良くなってきたけど
また ソナチネ弾くと ダメだと思います。

好きな曲だけ 弾くといっても 好きな曲は 大曲ばかり・・・
やさしい小さな曲を綺麗に弾くというのも良いんだけど
それだと 習ってる意味が無いような気がする。。。

いっそ ピアノやめる?
また 考えた。
ピアノやってるから よけいに腕や肩や 故障が多くなるのよね。
また ピアノやめようかと考えてる。
それともしばらく今やってる ツェルニーだけ教わろうかな。。。


おとといのレッスン

私 今日は 鍼灸マッサージの治療院へ予約しました。
午後行って来ます。

だって 腕の付け根が 動かし方によって ピキッと痛いんです。
きのう帰宅してから 湿布を貼って 少しは軽減したけど
本元の疲れが残ってる感じで 腕をまわすと ぐぎぐぎ音が鳴って
もう いやーな雰囲気。。。

それというのも ソナチネです 原因は。
速く弾くスケールとか ふんだんにあるので
そういう練習が負担になってると思います。
指は 速く動かしてもなんの問題もないんだけど
最近の傾向は腕や肩甲骨が疲れます。



レツスンで やったのはツェルニー125のパッセージ op261 の♯9 ♯10 です。
これ めっちゃ♪が少なくて 一見簡単そうに見えるけど
休符が多くて やりにくくて いまだにできてない。
もういつになったら スムーズに弾けるのかわからなくなりました。
先生もレッスンの終わったときに
「ツェルニー もうちょっと 良くできるようになると嬉しいなあ~
と希望を託してくれましたが 
音符の少ない曲は ほんとに難しいものだと思います。
また次回に持ち越しです。


ソナチネは 全体的には弾けてるので その中の細かいところ
音符の長さを守ること どちらかというと左の和音になってるところが 音符の長さ分の伸びが
弾けてなくて 短く切ってしまうところが 多々あるので
それを気をつける。
穏やかな曲調のところは良くできてるけど
切迫感を出すような曲調で弾くところが 音符の長さが適当だったりして
いまいち 切迫感が出ない・・・ 
また  次に持ち越しです。


でも腕が痛くて・・
練習も 昨日もしてないし。
こういうときに限って 来週もレッスンがあるのよね。。。
中高年はなかなか 思うようには いかないものね

えっと

先日の休みに 美容室に行き
その帰りに その近くの本屋さんに寄り ひととおり楽譜を見て
買わずにでてきました。
喉が乾いていたので
店の前にあった 自動販売機で 紅茶ラテを買おうと思い お金を入れました。
そうしたら・・・

チャリン・・・とお金の入った音のあと
紅茶のところを押したら



「うちを選んでくれて 嬉しおす~」 と販売機がしゃべった
それが けっこう 色っぽい女性の声なんですよね。



ガチャーン と紅茶が出て来たと思ったら



「おおきに~ またおいでやすぅ~」

と また しゃべった!!

これ 関西弁でしょうけど おかしくて笑っちゃいました。


そうかと思うと 家の近所の工業団地内にある販売機は

お金を入れると


「いらっしゃいませー お好きな飲み物えらんでくださいね!!」

そして飲み物が出てくると 


「お疲れ様です。 午後のお仕事 頑張ってくださいね!!」

と いう感じでしゃべってる販売機があります。 
工業団地内だから こういうキャラの販売機にしたのかしら。
最近は いろんなのがありますね。


うっ そうだ ピアノのこと書こうと思ってたんだった。
もう 時間が遅いのでまた 後で・・・
お風呂入って 寝なくちゃ・・・


弾きやすいと思うのは

ピアノ曲を今までいろいろと弾いてきました。
大人から習い始めて 今年は なっ なんと 10年目でございます。
ところがどっこい 先日の 発表会で弾いたショパンのワルツ12番ヘ短調
先生に3ヶ月習って 大急ぎで仕上げをした 突貫工事もいいとこ。
もうちょっと時間があれば良かった!! 
もっと みっちりと長い時間をかけたら もう少し良く弾けてたと思うんだけど。

そんなことで そういうふうに 慌てて曲選びをするのは絶対に
やめたほうがいいです。
自分のためにも 聴かせられる他人のためにも良くありませんね。

そして 自分のレベルからあまりにかけ離れた曲
そういうのも弾いてみたい衝動にかられますが それもやめておいたほうが
賢明だと 最近は思ってます。
私も 中高年の部類なので あと何年ピアノを習えるのか
わかりませんけども・・・

やっぱりね その曲を弾き分けるテクニックがあって 表現もできてくると思うのです。
天才の方は 音を聴いただけでその曲をすぐにビアノで弾くことができる・・・
そういう方もいますけどね。

その自分にあったレベルの 技術の裏づけがあったら
表現にも自信をもって弾けそうな気がします。

そのために 私は またコツコツと練習曲に取り組み始めました。
ツェルニーも 何回も弾いてたら 綺麗な流れで弾けそうな気がして来ました。
今やってる このソナチネも先生の弾くような綺麗なソナチネにしたい!! 
と思って毎日練習してます。
こういう練習のための曲は 決して難しい指つかいとか  とんでもない弾き方とかは
まったく出てこないので だいたいの予想ができるので助かります。
もっとも 私は たくさんのソナチネを弾いてるわけではないので
他の曲は どうなってるものだか 知らないで 勝手にそう思ってるだけなんですけどね。

そういうふうに 気長に練習曲に 取り組もうと
今は そう思っています。

そうすれば 今は難しいと思ってあきらめてる曲も
何年か後には 弾けるようになるかもしれない。
いえ まあ 先のことはわかりません。
とにかく 基礎 基礎 基礎 大事です。。。

ちょっと楽しかった

久しぶりに お勉強的なレッスンをしてもらってきました。
今年2月くらいまで やってたソナチネとツェルニーを また再開しました!!


やだ 何か まさか私のブログ 見てるわけじゃないよね?
今日のレッスンは 無駄なおしゃべりは無く・・・
教室に入ったら すぐにレッスン開始してくれました。。 よかった
いつも なかなか始まらない ピアノレッスンだったのに
今日は スムーズに始まりまして なんでだろ??????


まずは  チェルニーやさしい20の練習曲 という楽譜の2番の曲です。
これが すっごく簡単な楽譜なのに ちっとも弾けないのです!!
休符がたくさんあって  こういうのを弾かないで待つというのが 苦手。
その弾かない間に 次の指の準備しておかないとなのに ぼーーっとしてしまって (ーー;)
そんな私にも じゃ どうしたらいいかということを
気持ちよくわかりやすく解説してくれました。
先生に言ってもらうと やっぱり ここをこうすればいいのね と分かるので
とてもありがたいです


そして次は クーラウのソナチネ 20-1

こちらも おとといから よし!! これをまた続きでやろう
と思ってちょっと弾きだしたんですが
もう 2月までで弾いてないので ちょっと忘れてしまった。。。
でも レッスンで2ページまでは弾きました。

ソナチネも場面 場面でイメージの変わるところを それらしく表現するには
こんなふうに あんなふうに と 鍵盤の弾き方を教わりました。

とにかく 歌わなければダメ・・・
いえ 声に出して歌うとかっていうのもいいけど
ピアノで歌えっていうこと。
ピアノで歌うということを これからの目標にしましょう!! と言われました。

私が曲を弾いてるとき 先生は横で ど~~み~そ~ そっそっそっ~というように
まあ 音名は言わないけど 綺麗な声でイントネーションつけて歌ってくれてます。
そういうふうに どんな曲でも歌うように弾く というのが大事で
どーみーそーそっそっそっ

というふうに (私はそういうふうに弾いてるつもりはないけど そう聴こえるそうです)
なんだか味気ない曲にしないで 感情を出す ように弾いてくださいと言われて

今日のレッスンは終了しました。


やっぱりね・・・ さんざん 何か曲を選ばなくちゃと思ってたけど
今の私には こういうお勉強が大事なのだと つくづく反省しました。
私の前の時間のお子さんは モーツァルトのソナタを習ってるようですが
その曲も 有名な曲だけど いつか私も弾いてみたいな~と思いました。

そうっと こっそりつぶやき

結局 つまるところ決めました。
やっぱりデスネ  何かの曲を 好きな曲を弾こうと思ってましたが
まったく  これ!! というのが無く
難しくても どうしても弾きたい というのなら頑張れるけど
そういう曲は無いし・・・

私は やっぱり 教本で しばらく頑張ります!!
下手な選曲をしても 心ここにあらずだと 弾く 意味がないからです。


とりあえず 今までの続きで 途中までしかやってない ツェルニーと
ソナチネ 20-1 クーラウのソナチネですね。
これを今のところ 家で練習してます。
そのソナチネも 発表会の曲をやるために まだ途中までだったし・・・
先生のように 粒を揃えて速く弾けるように 頑張ろうと 決意しました。
(先生が 他に何かの教本の提示をしてくれたら そっちをするかもしれませんが・・・
たぶん それはないだろうなあ)

いつかレベルアップしたら  こういう曲を弾きたい というのが
出てくるかもしれないので そのときは 曲に挑戦します。。。

もうだめよ

もう考えが尽きてしまいまして
どの曲も できなそうな気がして来ました。。。
これは あれは それは・・・と考えながら 何日過ぎたことでしょう。
10日は 過ぎましたね~。
来週のレッスンにもって行こうと考えてた曲も 自分の中でやっぱり 却下しました。

簡単に譜読みできるものは レッスンしてもらうことはない。
難しいからこそレッスンに持っていくのですよね。
だけど それの中でも 自分のモチベーションを保てて 練習して
誰かに聴かせたいよーーーーー!!という
意欲をかきたてられる曲って みつからないのが現状。
そもそも 私のレベルが下なので 選曲する曲が少ないわけです。
こんなに世界中の 作曲家がたくさんの曲を作ってくれてるのに


大変申し訳ないと思います<(_ _)>
贅沢なこと言って これじゃだめ あれじゃだめ ということばかり。
もう少し 自分のレベルを上げるための努力をしたほうがいいんじゃないか?
そんな気持ちで いっぱいです。


でも 何かしらの曲は まだ みつけるのを 続行中デス( 懲りないヤツです  )

これにしようかな

さんざん迷いました・・・

楽譜も新しく買って見たりしました。
2冊も・・・
北欧の作曲家で 知らない作曲家の。
舘野泉さんの音源を聴いて 綺麗だなーって思ったのですが
良いと思うものは全部 難しそう!!
弾けそうな曲もあるけど そのメロディは うーーん 今 別に弾きたくない・・・あとで・・・いいや

そしたら じゃあ 綺麗な曲といえば ショパンは好き。
だったら またショパンの曲にする?

いやいや ・・・
立て続けにショパンも 飽きるかなー (うっ何様のつもり??)

いえ 私に弾けそうなショパンは 数少ないので そのうち・・・また・・・いつか
今度弾くときは ノクターン20番 遺作に挑戦しようかな。

で  とりあえず それらは あっちへ置いといて


今、考えてる曲は、普通にピアノ練習者が 知ってるような作曲家の曲で
どこの国の人だったかな 調べてないけど・・・
以前の先生に教わってたときに (これにしたいんですけど~)
と言って申し出たら OKではあったんですよ。
だけど うーん もう少し ソナチネとかやってからのほうがいいかな・・と
言われて やんわりと 却下された曲なんですが
その時 そうだなあ やっぱり 今は無理かーとあきらめたのです。
そして現在 また その楽譜を見てみたら
以前よりも そんなに難しそうではなく思えました。。。
来週のレッスンへ持っていって 今の先生が何と言うか 聞いてきたいと思います^^



そして教本ですが ハノンのアルペジオ やり始めてはいるのですが
でもツェルニーのほうもやったほうがいいかなとか思ってて
どっちもやるほうがいいか
でもレッスン時間は30分しかなくて 先生のおしゃべりも入るから実質的なレッスンは
20分くらいしかないし
そこへ曲も弾くとなると 絶対に無理よね。
45分くらいあるのなら なんとかレッスンしてもらえるんだけどな~

他のピアノ教室なら 生徒に応じて希望でレッスン時間を変えてくれたりするよね。
料金はかかるけど。

今の教室は 年2回の発表の場があるから 捨てがたい面があるし
なんでも自分の希望どおりに行くということは なかなかありえないもの

なんですよね~(ーー;)

あれやこれやと

なんというか今日は休みなもので 朝から 
何か良い曲はないものかと 家にある楽譜を引っ張り出したり
ゆーちゅーぶ を眺めたりしてたら お昼になってしまいました。

私がほんとに ピアノをやり始めて一番初めにやった教本を 懐かしく見ていたら
その中には ル クーペ や ツェルニー やバイエル やシューマン や
色々な作曲家の曲が入ってました。。
当時は 作曲家の名前とか 曲のこととか 疎い人だったので 知らずに弾いて教わってました。。。
その中のツェルニーは100番の曲が何曲か入ってました。
あんな 習い始めのころに こんな曲弾いてたのか?
と疑問に思いますが その頃の先生の注意書きがいろいろと書いてあるので
私が弾いた・・というのは 間違いないようです。

ところで そんなことは過去のことで どうでもいいんだけど


先週のレッスンで先生が とりあえずこんな曲は どうですか?と
弾いてくれたのが とても綺麗なメロディなんだけど
自分でも もちろん 家で弾いてみたけど

うーん 確かに綺麗だよ・・・


だけど イマイチ 乗れない
練習しても たいして勉強にならない気もする
いや そんなことはないけど どんな曲も勉強にはなるはずヨ
だけどサ~  

その曲は、この間 やったショパンのワルツのような うん!! ここはすごい 
今までにやった曲には無かったものが入ってる 詰まってる。
という やり甲斐 みたいなものが感じられないのです。
要するに ちょっと簡単めな曲で 自主的に譜読みして弾けるような曲だと
おもしろくないので ある程度 難しくて頑張れば 先生に教わりながら弾ける
そして 自分でも気に入った曲 そんな曲があればなーーと
都合の良いことを考えてますが
無いのですよね なかなか・・・

弾いてみたい曲は 超ハイレベルなものばかりで 手が出せないしね。。。


これからどうしよう

先日のレッスンのときには 発表会の感想とか聞かれたりで
ピアノはまったく弾かずに終わりました^_^;
次にやる曲とか あいまいな感じで終わったので
次は どうするのか あまりはっきりしてなくて
困ってます。。。

何か これだ!!という 目標が無いと まるでヤル気が出ないんですね。
先生が もっと積極的に この教本で勉強して こういう曲を並行して弾いてみたら
良いと思います とかの
アドバイスがあるといいのだけど。。。
それも なんだかあるような無いようなーーーという終わり方で
先週のレッスンを終えて帰って来てしまったので
宙に浮いてる気分ですわ~。

私は これからどうしたらよいのでしょう

だいたい梅雨で 雨ばかり降ってるのよ ここのところ何日も。
気分まで 滅入っちゃうのよ ほんとに。。。
そして 関係ないけど こんな梅雨時は 植え替えても大丈夫だろうと思って
家の東側に ポツンと 出てきてた大きなヒマワリ。
隣の土地のほうから  飛んできた 種が芽を出したらしい。
もう50センチくらいに成長してたけど ヒマワリはどうしても 西側に植えなきゃ
と思って 今朝 ドサッと抜いて 西側に移動して植えました。
これ たぶん2メートルくらいに成長するんじゃないかなー。


なんで西側に どうしても植えたかったかというと
ヒマワリ は何色でしょう??



そう黄色ですね。
金運ですよ 金運が良くなるって言うじゃありませんか~
がんばれ ヒマワリちゃん

いろいろな気持ちの変化

ピアノの発表会のために 自分なりに練習をしました。
しかし 前記事の動画のように そういう出来具合で弾きましたので
それはまったく 納得のいくようなものではなかったです。
普通なら もう ここまで練習したのだから 
コレだけの時間をさいて練習したのだから
そう言えるくらいは やってから 発表会に望みますが
今回は ショパンの曲で難しいにも かかわらず
正味 3ヵ月くらいでしょうか練習したのは。
曲を決めてからレッスンしてもらう期間が私にしたら極端に短かった。

家でも 完全に間違えずに弾けたこともないし
曲想に関しても それを表現できるまでの仕上がりには持っていくことが困難

それは 私の技術力不足以外の何ものでもない・・・ということです。


発表会の本番では 止まらずに弾くのが目標( かなり低い目標ですネ )
止まってもわからなくなったところは飛ばして どんどん進める・・・
というのは バッチリできましたけどね。
聴いてた先生も 「あれあれ 何か違う音聴こえたぞ」と思ったそうですが
普段より私は 焦らずに飛ばして弾くことができたので良かったです。
というか そんなの別に 良くないかっっっ

当日 私と同じ先生に教わってる ある若い男性はピアノを始めて
まだ1年くらいなのに とても素敵に うっとりな曲(エナジーフローの原曲)を弾かれてました~。
私は その人の演奏が1番印象に残りました。
なんとかのソナタや 間奏曲や すごい曲を弾く方の中で
なぜか その男性の弾く曲が 心に残りました。
なぜなんだろう と考えてみました。
ピアノを始めて間もないのに ちょっと無理かなと先生は思ったけど
でも 熱心に練習してくる その人をみているうちに
あっ これなら大丈夫だ!! と先生は思われたそうです。
聞くところによると ほんとに1日何時間も練習してたらしいです。
練習は 嘘をつかない ということの実証ですね!!


うーーん私も見習わなきゃだけど
そういう真似は できないなーと思いました。。。
昼間 仕事をしてきて、帰宅したら家事もあるし
ピアノはほんとに ちょっとだけになることが しばしばですもんね。

それで 次にやる曲なんですが ほんとに
私のレベルで弾ける曲が なかなか見当たらなくて・・・


先生に弾いてもらって提案された楽譜
それの中の曲を ひとまず ひとつやって
その他 ハノンとツェルニーも 一緒にみてもらおうか~
と考えてます。
ツェルニーは前にやってたものの続きをやろうかなーと思うんです。
先生が やはり ちょっとツェルニーもやったほうがいいですと言うし。
まっ それをやらないのなら ソナチネ・・・
ソナチネの続きを またやるかもしれませんが
まあー ほんとに どうしましょうか 考え中です。



 | HOME | 

文字サイズの変更

にゃんこ

Maukie

ゆめゆり

Author:ゆめゆり
40代からピアノを始めました。おひとりさまの中高年でございます。
2017年9月より日常的な話題のほうは他のブログで書くことにしたので、こちらはピアノ記事のみとなります。よろしくお願い致します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
ごあいさつ (3)
楽譜 (4)
サークル (3)
練習会 (15)
ピアノ (352)
コンサート (10)
ブログ (12)
レッスン (88)
ねこ (6)
お知らせ (4)
自習の記録 (151)
色々なこと (36)
動画 (6)
おでかけ (1)
体調について (21)
ピアノ教室について (8)
家族( 限定記事) (10)
食べ物 (5)
ピアノ歴 (1)
休日 (3)
発表会 (1)
曲について (10)
生活 (31)
他の参考演奏 (1)
レッスン 限定記事 (67)
フィギュアスケート (2)
ピアノ 限定記事 (6)
旅行 (1)
友達 (1)
おひとりさま (38)
人間関係 (3)
家庭菜園 (0)

ゆめゆりの日記

ぽちっ

ピアノは 大人になってから始めたので ちっとも上達しないけど、13年続けてます。


にほんブログ村 2006年より弾いてきた主な曲 フォーレ  シシリエンヌ バッハ  プレリュード平均律クラヴィーアBWV846 ベートーベン エリーゼのために リヒナー  勿忘草 パダチェフスカ  乙女の祈り シューベルト  セレナード ショパン  ノクターン21番ハ短調 (これ全然有名じゃない曲) メンデルスゾーン ベニスの舟歌 パステイン  魔女の飛行 三善晃   珊瑚の唄 クレメンティ ソナチネ36-1 クーラウ  ソナチネ20-1 シベリス  樅の木 インベンションは、4番8番1番13番の4曲です。 プレインベンション楽譜より 7曲 ブルクミュラー25楽譜より  18曲 ざっとこんな感じです。 どれも完成度は低いですけどね。 でもこれからもピアノは 弾いて楽しみますよ♪

カレンダー

05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん