ゆめゆりの記録日記

おとなからピアノを始めた中高年の記録です~。

:不調の原因

私は ここのところ やたらとだるくて動きにくい
ピアノを少し弾いただけで腕が ピキッと痛くなる
足の裏の指の付け根の痛みが消えない
咳がやたらと 出るようになった
肩甲骨から肩にかけて 筋肉痛がひどくてしかも腫れてるような痛み


そういう症状がなんとなく出てきて・・・


でも 何もしてなくても筋肉痛のひどい痛みとかは変だ!!
ピアノだって そんなに弾いてない 1日30分程度
おかしい 何か原因があるのでは
そう思って 薬の副作用を調べたら
コレステロールを下げる薬が 筋肉を溶かす作用があり
横紋筋融解症というのになるとありまして
私の飲んでるのは フルバスタチンという後発品の薬です。
副作用として 上記のような私の症状が出る人がいるらしいです。

それで 今日 内科の先生に 話してみました。
筋肉痛のことを話しだしたらすぐに「 あっ それダメですね副作用だ 薬やめておきましょう」
と言ってました。
筋肉痛を訴える人は けっこういるそうです。

私の場合は もうその薬にしてから1年くらい?
その前はもっと強い薬だったのですが・・・
「今の フルバスタチンも20ミリグラムで普通より少ない量で出してたんだけど
少ない量だったから1年たって徐々に症状が出てきたのかもしれないね」
と先生が言ってました。
とりあえず 私は 善玉コレステロールは多いので 今回はコレステロールの薬は
出さないで様子をみる ということになりました。
悪玉コレステロールも先日 その内科で検査したばかりで 98だったので・・・
薬飲まなくても 食事を気をつけてなんとかなるのでは?
と 頑張る決意デス。
でも 薬を飲まないと 160くらいになっちゃうかもしれないけど、
そのころ 2年前はけっこう好きなもの食べてたから・・・

そうならないように 食事 気をつけて
あと運動なんだけど でもね 足の裏がまだ 歩くと痛いし・・
それで 医者のハシゴで 整形外科も行ってきました。
湿布と 痛み止め薬増量になった。
そして リハビリもしてきました。
リハビリといっても ただ 足を置いて電磁波を当てるのと
空気圧マッサージのふたつだけです。
どっちも 機械まかせで 自分で動くわけじゃないし 楽チンで気持ちよかったです。


そんなことで午前中は 終わりました。

これで 腕の具合がやたらと 悪くなったのも何か 薬のせいだった
かもしれないので ピアノも徐々に元のように練習できるように
なるかもしれないです。。。
スポンサーサイト

練習よ

おとといから やっと始めたピアノ練習。

今日は3日目です。
ショパン ワルツ イ短調
やっと 20小節まで進みました。
それも やりすぎたらまた腕が怖いので ほんの少しの時間だけやりました。

先生に この曲どうでしょう?と レッスンで出したとき
先生は ふーん?? と知らない曲だったようですが
さらっと 弾いてしまいましたが
私は やっと20小節でございますよ。。。
それも ゆっくりーーな弾き方。。。
ワルツになってるのかどうかも 怪しい。

でも 伴奏の3拍子のほうは ヘ短調のワルツより簡単ぽい気がします。
だって今のところ なんか同じ伴奏の繰り返しになってるし。
でも17小節からちょっと変わるのかな。

それにしても 3拍子が 大の苦手だった私が ワルツを立て続けに
練習してるのもおかしい
なんでだろ??
以前は メヌエットとか大嫌いで 拍子がとりにくかったのに。。

そうだ!! ワルツができたら 今度は ポロネーズやってみようかな。
私の ショパンへの道 と言う楽譜の中に
やさしめな ショパンのポロネーズも入ってたので
そういう曲にも 挑戦してみようかなーー。
リズムや拍子の違う曲も弾けるようになりたいから

今日もお休みだ

昨日に引き続き 今日も休み。
連休です。

朝 窓の外を見たら 姉夫婦の家の猫( チンチラの雑種)が
何かホースをいじってる義兄のそばにいて
そのうち ピョンと外水道の流しに乗って 水道の蛇口に口を持っていって
義兄に 「水 出して~ にゃーん}とアピールしてる模様。。。

そのうち 義兄が ほれっ と言う感じで蛇口を少しだけひねり
細い水がたらたらと・・・
そこで 猫さまは すかさず飲んでたようです。
その飲んでる姿が とーっても可愛いのです。
ただ 猫って 飲みっぱなしだから 
水止めてかないのが難点よね。
ころあいを見計らって 義兄が止めにきてました。
義兄の家の その猫は おうちのなかでも
お水を飲みたくなると 「にゃーん」 と言いながら
お風呂場に 姉を誘導してきて 流れる水しか飲まない!!
そういう信念の めんどくさい猫なんですよ。


ところで 昨日もまだ足が 元のようには良くないため
とにかく ストレッチ してました。
そして 午後 なんだかとても涼しくなって風も出て
爽やかな気分になったので
それじや ピアノ


と思い 窓を開け放ったまま シベリウスの樅の木と ワルツ ヘ短調
発表会で弾いた2曲 弾きまくってしまいました。
ご近所さんは とりあえず 2軒が 近くですがそれぞれ道を隔ててますので
聴こえるのに決まってるけど そんなに長い時間じゃないし
いいだろう と勝手に決めて 弾きました。
窓や 掃きだしのサッシ 開け放って弾くピアノ
とっても 気持ちよかったです。
弾いてた私だけでしょうけど 気持ちヨカッタのは

練習

今日は ショパン ワルツ イ短調を

16小節まで弾いてみました。。。
いつも譜読みの最初は ありえないくらいの ゆっくりで弾くように
と言われてるのですが
いつもなら すぐ速く普通に弾いてしまうのに
今日なんか こういう心配な腕のため
めっちや遅く弾くだけで終わりました。

遅く弾くことは 大切だなーと
弾いてみて やっぱり納得しました。
遅いほうが 格段に 間違えないで弾けますね。

久しぶり

たった5日ぶりですけど ピアノ弾きました。
また腕が痛くなると困るので ストレッチしてから
ショパン ワルツ イ短調の譜読みを。
右手だけ 左手だけ  少しやって終了。
そして 終わりに また ストレッチしました。


もう ほーーんと怖いのです。
ビクビクしながら ピアノ弾くって いったい・・


そして 足もようやく 良くなってきつつあります。
筋力が低下して 足のアーチが無くなり 衝撃を吸収できなくなって
足の裏が痛くなってたので 特に人差し指の裏のとこ。
歩くたびに 激痛がきてたのたけど
整形外科で教えてもらった こちらもストレッチ
要するに足の指を動かすと筋力がつくのだそうで
今 足でじゃんけんとか いろいろやってます。
夜は 教えてもらった部分に包帯をぐるぐる巻きにして
固定して寝るとか 
そんなことをやってたら ほんと だいぶ良くなってきました。
鍼灸の先生にも その話をしたら
アーチが元にもどりつつあり良くなってきてますねと言ってました。

なので 会社の仕事中も せっせと気付いたら足の指を
動かすようにしてます。
筋力がもどれば 広がってしまったアーチも元の位置にもどる・・・かもしれません。

整形外科でのリハビリも先日初めて受けました。
電磁波をその痛い部分に当てると じんわり暖かくなり気持ちよかったし
あと太ももまですっぽり入るもので 自動的に空気マッサージをしてくれるのも
やってみたけど それも とっても気持ちよかったです。
また あさっても 3回めの受診するので そのリハビリやってこようと思います。


って なんだか お年寄りのブログかな~ これ ^_^;

いろいろ

先日 友人の誘いでロビーコンサートに行きました。
ピアノ演奏 や 弾き語りや 独唱で歌うコンサートです。
その日のピアノは あの東日本大震災で被災したピアノ
約半分まで泥や海水に埋まったベーゼンドルファーをたくさんの人達の手を経て
弾けるように復活させたピアノでした。
そんな状態のピアノも このような音色が出るようになるのだなと感心しました。
そして もうひとつ そこに出られた演奏者の中のおひとりが
私と同じ名前ということがわかりました。
えっ???  そんなこと普通にあるでしょ?
と、お思いでしょうが・・
私と同じ名前は ほんとにありえないだろーーーと
ずっと思ってました。
そして その方は 漢字も同じなんですよね。

私は 私の名前は日本でひとつしかないと ずっと信じて疑わなかったのです。
それが同じ字を書く人がいたなんて ほんと 不思議な気がしました。
うちの父親と同じ発想で その名前を考えたのだろうかと・・・


ところで 現在の私は ピアノをまったく弾いてません。
ピアノを練習すると腕に疲労が蓄積して ついに爆発
そして 治ったらまた練習
でも また いつのまにか腕に負担が・・

そんなことの繰り返しなので 先日 鍼灸の先生に
ピアノを弾く前と後にしたほうがいいですよ・・・というストレッチ
ごく簡単なことで当たり前のことですが
首と腕のストレッチ教わりました。
ピアノを弾くためには これをやり続ければ たぶん大丈夫と言われました。


でも 結局レッスンに行くには それなりに弾きこまなくちゃ行けないし
レッスンに行くこと それ自体 どうしようか
教室は しばらくやめて 自分なりのペースでやって楽しめばいいのでは?
そんなことも思ったり・・
どうしたらいいのか さっぱり結論が出ません。。。

話してみました

ここのとこ ずっとなんですけど
私の次の時間からレッスンされる方が いつも私より先に来てるんですよね。
なんでそんなに早くにいらっしゃるのか不思議・・・

レッスンですが 最初はツェルニー125のパッセージの5番6番を弾きましたが
相変わらず 私は こういう休符ばかりの曲に 苦戦してます。
休符で 待ってる間のうちに次の音を弾く準備をしておけばいいんだけど
それが なかなか おっとー・・・また遅れた・・・
とワンテンポのろいのです。
これ 曲にもっと慣れるしかないですかね?



そして 先生が あらっ ギロックは?
とおっしゃいましたので
「すみません ギロックはほんとに良い曲だとは思うんです。
だけど 何かいまひとつやる気持ちが出てこなくて
それで、変えていただけないかと・・・
たとえば この楽譜なんですけど この曲です」
と言って譜面台に置いたら
先生が すかさず「ちょっと弾いてみますね」


と 情緒たっぷりに弾いてくれました。

いつも 先生が ご自身で弾いてから どういう曲か理解した上で
その曲を練習するための対策を教えてくださるのですが
おおまかな曲想の解説をしてくださいました。

私は ほんとにすみません ちょこちょこ曲を変えてしまって
申し訳ないです <(_ _)> と言いました。
先生は 大丈夫ですよ とおっしゃいましたが
きっと 内心は ・・・・・


こういうおばさん 困ったもんだな~まったく
と 思われたと思います。


私も ほんと ワガママ とでもいうのでしょうか
曲を弾いてて なんか これやりたくない 必死に覚えていこうという気がおきない
そういう気持ちになったら もう やたらとテンションが下がる一方なものでして・・


でもショパンの曲は どれも好きな曲ばかりなので
ヤル気は出ます


なんでショパンが好きなのかと言うと
(しっとり 切ない 憂い 甘い 優しい  悲しい) そんな曲が多いし
何か私の感性に合うものがあるような気がするんです。
でも なんといっても 難しいのが 難点なので
私ごときに 弾ける曲は 数少なくて 困るんですけど。

ほかの作曲家で そういう系の曲をたくさん作ってる方 いませんかね?
ドビュッシーも好きですけど そちらも 難しい曲が多いし・・

曲の難易度を 表にして出してるサイトもみましたけど
あまりにも曲が多すぎて 知らない曲も多くて
どれが どういう曲なのかっていうのも いちいち全部調べるのも大変。
全部 音源も 少し載っていると 分かりやすくていいのになーって思います。


まあ とりあえず先生に 申告した曲で 頑張ってみます。
ワルツ イ短調 遺作 です。
この間は ワルツ ヘ短調 でしたけど こんどは イ短調です。


私ね 考えました

やっぱり先生に 今のこの気持ちを話してみようと思います。
なんといっても ヤル気 弾く気がおきなくなってしまうのでは
ピアノをやってる意味がなくなります。
大人の趣味だし 楽しく練習しなきゃ損です。。。


そこで 私は やっぱり 前に発表会に弾く曲選びで困って
引っ張り出してきた この楽譜。
また 活用しようと思いました。


音楽之友社の ショパンへの道 という楽譜ですが
この中の 前に少し自主練習してた曲にしようかと・・・
この楽譜は ショパンの曲の中でも やさしめの短いのを集めてあるので好き!!
今年の発表会のワルツも この楽譜から選んで 持っていったので
割合 弾きやすいワルツでした。

今度も この中の曲でレッスンしてもらおうかと思いついたのですが

結局 行き着くところは ショパンの曲になってしまいますけど
他にもいろいろな作曲家があっても そういう方の曲をあまり知らない・・・
ということで 探せないので しょうがないですよね。

まっ 別れのワルツ とか ノクターン20 遺作 というような
ショパンの曲は 弾きたいけども まあ そのうち・・・
弾ける時がきたら 教わるということで
もう少し 違う短めなショパンの曲に しようかと 考えてるということです。
では では・・・

気持ちは変えられない

私のピアノライフは 山あり谷ありで

いえいえ 今現在は・・・

谷ばかりなんですよね。。。
ツェルニーの練習曲は まあ良いとして
曲のほうが・・・
ほんとは 仕上げたかった クーラウのソナチネ20-1
中途半端で中止しちゃって 気持ち悪いのです。
ソナチネやったからって 上達するわけでもないけど
この先 ソナチネをいくつか続けてやって勉強していこうと思ってたわけで。

そしてショパンの曲もやりたいし。
えっとー できたら( ワルツ9番の 別れのワルツ)

そしてノクターン20番 遺作 戦場のピアニストという映画でも使われていた曲

そうそうそういえば 戦場のピアニストで ドイツ将校の前で隠れ家にいたシュピルマンが
ショパンのバラード1番  を弾くシーン ほんとに
心に残ってます。
冬の寒い中 白い息を吐きながら 弾くシーン。
そのとき初めて バラード1番という曲を知りました。
素晴らしかったので どんな楽譜かと思ったら
上級者しか 弾けないような楽譜でございました。。。

あっ そんなことはどーでもいいです。


今の私は ピアノ熱 下降の一途をたどっておりまして
弾きたい曲をやれないので というか やつてもいいんだけどネ
誰にも ソナチネやるな とか
ショパン やるな とか 

言われてもいないけど ギロック どうしたものか・・・
あまりヤル気にならないのです。
困ったな。
先生に告白して 曲 変えようかな。。

ようやく

今週も

またレッスンでした。

ツェルニーは125パッセージ op261の 5番6番です。
メロディとなる音は 強く際立たせることを意識して弾く。
指番号も 見落としていたところがあったり 先生に言われて
あっほんと 書いてあった!! と気付きました
そして 速さも アレグレットだから 90から95くらい?
で弾くのがいい とのことだけど 
まあ 今のとこ 慣れてないし無理!!
ということで また次回に。。。

次 ギロックの 祭り という曲ですが
先生が一気に 全部 の 2ページを解説 ・・・
事細かに この曲の練習すべき注意点など教えてくれました。
私の この硬~い頭に全部 叩き込むのは大変なので 楽譜にあれこれと
書いてくれてあるので また 見れば思い出すでしょう・・・たぶん。

ギロックの曲は 今まで一度も教わったことがありませんが
先生が解説してくれると あーここにそういう意図があってこの音にしたのか
右と左が合わさると こうなって
ふむふむ なるほどーと 
練習して行く上で とても参考になること満載でした。


自分だけで弾いてると ただ ♪を追って弾くだけなので
なんだーーーつまんない・・・という感じになってしまいますが
今日のレッスンで聞いてきてなんだかおもしろく弾けそうな気がしました。

今まで教わってきた先生たちは
ギロックの曲をやりませんか という先生は1人もいませんでした。
現在の先生は たぶん ご自身が子供のときに弾いてきたので
ギロックの曲に馴染みがあるのかなーと思います。
それで 勧めてくれたんだと思います。



そして そして 言えなかった
この ショパンの曲 来年の発表会の候補曲に・・・なーーんて言おうかな
と思ってたんですよ。
1年もあれば できそうかなって思って。
でも言い出すキッカケがなかったので
また すごすごと 楽譜持ち帰ってきました。。。

当分 家でたまに譜読みしてみようと思います

心惹かれる

やっぱりね 思います。

ピアノを練習するにあたって 心惹かれる曲かどうか・・・
それによって 意気込みも 違ってくるんですよね。

今回 腕の故障で とりあえずギロックの曲で・・・と先生と話したにもかかわらず
また ちょっと気持ちが動いてしまった。
ギロツクの「 祭り 」  を練習してたんだけど
確かに曲は 良い曲だとは思います。。。
でも 心惹かれません。。。
必死になって覚えようーとかまで 心が動きません。

というのも 腕がほとんど治ってきたので
別に 他にやりたいほうの曲でもいいんじゃないかしら?
と思うからなんです。


そして うーーん


ショパンの曲を前にコピーして拡大してたもの。
それを貼って 

つい ショパンの新しい曲のほうを 今日は 譜読みをしてしまいました

その他いろいろ

この間の腕の痛みは 鍼を打ってもらって良くなってましたが
それと時を同じくして 左足の指の付け根が痛くなりまして
整形外科に行ってはみたものの たいしたことはない
みたいな感じで 消炎剤の軟膏と痛み止めの薬が出ました。
でも まあそこそこ それで痛みは軽くなったし 腫れてる感も少なくなったけど
その痛みの原因は 夏用の靴。
安定感の無い靴を履いてたせいだと思うので インソールを靴に貼ってクッションを和らげる
ようにしてみたり 長く歩くときは ちょっと暑いけどふつうのパンプスな靴を履いたりしてます。

でも 今日 いつものかかりつけの内科に行ったので ついでに足のこと話して
見てもらったら 足の裏のところ 魚の目ができかかってるから
スピール膏を貼ったらどうか? と言われ
内科では置いてないけど・・・ということで さっそく近くの薬局で購入してきました。
がーー でも その足の甲の部分から上の膝までのところも
自分的には なんだか疲れてて押すと痛いし・・
それで また 今日 鍼灸治療院にそのへんのところ みてもらってこようと思います。

ところで 前置きのつまらない痛みの話で 本題が・・・^_^;

ピアノは、 おとといの火曜日にレッスンで 先生にお話してきまして
ソナチネは そういうわけで かくかくしかじかで・・・と中止にしてもらいました。

ツェルニーの125パッセージ練習曲 ♯9 ♯10 は マルもらいました。
次は 同じく125パッセージ練習曲の ♯5 ♯6 なのですが
こちらも 楽譜的には すごく簡単だけど 
先生が こういう曲は まず この部分だけを練習して
次に右だけで弾く 左だけで弾く 一緒に両手で弾く
そして 強弱のつけ方 とか 
何をこの曲で勉強するのかということをいろいろ解説してくれたので
分かりやすくなりました(*^^)v

素人的に弾いたら 意味の無い ただの指の運動になってしまいがち
そんなものでは無いのだ!! ということが わかりました!!


そのあと なんだか 時間が当然のごとく余り・・



何か曲をやりたいですよねーー ということで
結局 私のこの 体調を考慮して ゆっくりで負担のかからないものをと
いうことになりました。

そして ギロックの こどものためのアルバムから
先生が 5曲くらい弾いてくれました。

弾きながら 先生が
「あっ これゆめゆりさんが好きそう・・」 とか 言いながら弾いてる曲もありましたが
その弾いてくださった中で 私が良いと思ったのでいい ということで
私も家で ちゃちゃっと 少し 弾いてみました。
どれも よかったけど 

その中で 先生も 子供のとき好きだったという曲があり
私も それでいいかなーと思いまして 次の来週のレッスンまでに
その曲 練習していこうと思います。


そして まあ ずっとギロックをやるわけではなく
もう少し 体調が改善してきたら
ショパンの とある曲も教わりたいと思ってます。
もちろん ゆっくりな曲です。
激しく速い曲は これからはダメだと思うので・・・
というか 速い曲なんて 今までもあまりやってきては いないですけどね~。

ピアノを続けていくには もう レベルアップとかは 考えないことにしました。
ゆっくりな しっとりとした 聴かせられる曲  染み入る曲にしようと思います。
ちなみに 発表会で弾いた ショパンのヘ短調 その曲を練習してても
特に 腕に負担はなかったので あの程度の 遅さで弾けるような曲なら
大丈夫かな と思っているのですが・・・

 | HOME | 

文字サイズの変更

にゃんこ

Maukie

ゆめゆり

Author:ゆめゆり
40代からピアノを始めました。おひとりさまの中高年でございます。
2017年9月より日常的な話題のほうは他のブログで書くことにしたので、こちらはピアノ記事のみとなります。よろしくお願い致します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
ごあいさつ (3)
楽譜 (4)
サークル (3)
練習会 (15)
ピアノ (351)
コンサート (10)
ブログ (12)
レッスン (88)
ねこ (6)
お知らせ (4)
自習の記録 (151)
色々なこと (36)
動画 (6)
おでかけ (1)
体調について (21)
ピアノ教室について (8)
家族( 限定記事) (10)
食べ物 (5)
ピアノ歴 (1)
休日 (3)
発表会 (1)
曲について (10)
生活 (31)
他の参考演奏 (1)
レッスン 限定記事 (67)
フィギュアスケート (2)
ピアノ 限定記事 (6)
旅行 (1)
友達 (1)
おひとりさま (38)
人間関係 (3)
家庭菜園 (0)

ゆめゆりの日記

ぽちっ

ピアノは 大人になってから始めたので ちっとも上達しないけど、13年続けてます。


にほんブログ村 2006年より弾いてきた主な曲 フォーレ  シシリエンヌ バッハ  プレリュード平均律クラヴィーアBWV846 ベートーベン エリーゼのために リヒナー  勿忘草 パダチェフスカ  乙女の祈り シューベルト  セレナード ショパン  ノクターン21番ハ短調 (これ全然有名じゃない曲) メンデルスゾーン ベニスの舟歌 パステイン  魔女の飛行 三善晃   珊瑚の唄 クレメンティ ソナチネ36-1 クーラウ  ソナチネ20-1 シベリス  樅の木 インベンションは、4番8番1番13番の4曲です。 プレインベンション楽譜より 7曲 ブルクミュラー25楽譜より  18曲 ざっとこんな感じです。 どれも完成度は低いですけどね。 でもこれからもピアノは 弾いて楽しみますよ♪

カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん