2017年08月09日

        

というわけで

category - ピアノ
2017/ 08/ 09
                 
そういうことになりまして、私も勇気を振り絞って申し出たところ
あっさりと意外にも大丈夫だった新曲。
一番最初に言った時から 何年も経ったのですが いよいよレッスンにこぎつけました。
もうあれから何年なのか覚えてないけど でも あの頃見ていた譜面の感じと
今現在 見てみた感じと やっぱり 違いがアリマスネ。
なんとなく 解りやすく感じます。

戦場のピアニストという映画 確か実際に映画館でも見て
DVDも借りてきたことがあり、
その後テレビで放送されたのも見ました。
シュピルマンというピアニストが その時その時に出逢った多くの人々に助けられ戦場で生き残っていき
映画の最後には また 平和な日常の中でオーケストラをバックにピアノを弾いているところで終わりますが
映画の中には 残酷なシーンがあるのでイヤなんですが・・・映画の中で多くのショパンの曲が流れます。

ただ 私が弾く曲 サントラ盤に載ってるんだけど 
映画のどこで流れたのかは全く覚えてないけど
シュピルマン本人の演奏も1曲載っていて古い録音状態なんだけど これが もっと今の時代の録音だったらなーーって残念なんですよね。
くっきり はっきりと聴こえないんです・・・でも、
ポーランドのピアニストだから マズルカは身に染み付いてますよね。
私も この間から ちびり ちびりと少しずつ練習してます。


つづく・・・かもしれない。

            
スポンサーサイト