FC2ブログ

今までもやもやっとしてたことが

ようやくわかりました。

なんで私は今の現在の先生に再び還ってきたかということが わかりましたよ!

一度事情があって辞めたにも関わらず なぜ戻ったか。

現在の先生は まあ なんというか本音でものを言ってくれるタイプだから・・・嘘を言わないということが ありがたく感じる。



過去には、たいして弾けてもいないのに「はい、ここまで綺麗に弾けました!」とか 言う先生が何人もいて 弾いてる本人は 全然弾けてないと思ってるのに

~綺麗に弾けたって? はあ~?


そういう嘘で塗り固めた変な誉め方は 全然いらないですね。

そういうのって1回くらいは言われてもいいけど何回もになると、気持ち悪さが だんだんと積もっていくんですよね。

本当は弾けてないのだから ここを直せと常に教えてくれなくては先生の存在する意味がないです。


現在の先生は まず 誉めるとか 良く弾けたとかいうような言葉はほとんど言いません。


だって 私は 弾けてない生徒だからです!

当たり前ですよね、私自身が良くわかってますヽ( ´_`)丿


それに最近 バイエルを始めることになったのも この先生になら初歩から教わるとたぶん、、、有意義なことになるんじゃないかと思ったからです。

ダメな物はだめなんですよ。

少ししかテクニックの無い人が ショパンなんて 恐れ多いと思います。

ただ 自分で楽しむぶんには 何を弾こうと好きに弾きますが。


それで ちょっぴり修行のし直しして 昔に返ってみると 何かが得られるんじゃないかと思うんです。

とはいえ バイエル ブルクミュラー ソナチネ ソナタ とか王道を辿る訳じゃありませんけどね。

そんなの全部を また やり直してたら 棺おけに片足突っ込む歳になってしまいますからね。

それはしませんけど 本音で教えてもらって まずは初歩です!

そんなことをやろうと思ったのも 同じ教室の小学生の刺激があるというのも事実です。



スポンサーサイト
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する