Post

        

音を大事に

category - 自習の記録
2013/ 04/ 28
                 
私が今回の体験レッスンで学んだというか 
いや 前から他の先生にも教わっていたことではあるんですけども
今 初めて教わったことじゃないけど


1音1音 音を大事にして ゆっくり音をとって弾く ということ。

これが意外にいつもいい加減に譜読みして いい加減にこんな感じでいいんだろう
と弾いてたことが良くなかった あっ当たり前ですけど
今回ほんとうに それが大事だと実感しまして なるべくゆっくり弾いてます。

なにしろ最初のレッスンのときに 樅の木の冒頭部分を弾いたら
「なんだか ごまかしちゃってますねぇ」
と先生に言われて そのとおりだと自分でも思ったことと

その後の2回め 3回めのレッスンでも
速く弾いて間違えたら 今度はゆっくりと両手練習
それでも間違えたら右手だけ 左手だけというふうに 分けて練習する。
そうやって 片手ずつで弾いて( 初心に帰る )

ということを 先生も やってます!! とおっしゃってたので
とても 親しみが湧いたのです。
先生というと 上から目線の先生しか 知らなかったので

先生 ご自身がやってると言われたことが すごく 記憶に残りました。
ほんとにやってるかどうかは知りませんが
そういうふうに生徒に言うことによって おしつけがましい教え方ではなく
自分もやってるので あなたもやってね・・・
という とても自然に説得力があると思うのです。


なので 私は 今までも他の先生にも さんざん言われてたであろう
まずは ゆっくり弾く 
それを今になって やっと 
ゆっくり1音かみしめて 拍も意識して 音の強弱も意識して

練習するようになりました。

それに 好きな曲を弾くのだから よけいに大事に弾こうという気がしてます。
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント