Post

        

とりあえず

category - ピアノ
2013/ 06/ 29
                 
先生がソナチネをやるので 楽譜持ってきてください
とおっしゃいました。
私はいくつかソナチネをやったことがあります と申しましたら

何番をやったのか聞かれたのですけど
「 さあ~~何番でしょ?」
というふうに さっぱり覚えていません。
だいたい 私は こどものソナチネ という楽譜を使っていて
いくつかのソナチネを選んで載せてるような楽譜でしたから・・・

で、先生が 例えばこんなのですか?
と モーツァルトの K545を弾き始めたんです。

私 あっ どこかで聴いたことのある曲だ!!って思いました。
あーーこの曲 いいなって思ったんですけど

なんだか これは ソナチネというよりは ソナタ なんですかね?

難しそう
こんな モーツァルトなんて 弾いたことあるわけないですよ 私が・・・

他にも 違うソナチネ 弾いてくださったけど
どれも 知らないのばかり。


ということで 家に帰ってさっそく 使ってた楽譜 取り出してみたけど
なんだか 以前の先生の注意書きが 満載もいいところで

これを今度の教室に 持って行くのは ちょっとね。

なので 新しく 楽譜 買いました。



全音のソナチネアルバム 第1巻 ですが
初版および初期楽譜に基づく校訂版  
2400円のものです。



 以前の全音のソナチネは 編集者があとからいろんな
記号やアーティキュレーションを書き加えてしまってるので 
それをやめて校訂したものだそうです。

というか 私が使っていた こどものソナチネの楽譜なんか
めちゃくちゃ いろいろ記号が入ってたりします。
でも それが 作曲家の意図と違う ので良くない ということみたいですね。
ただ 私のような わけの分からない学習者にとっては
こどものソナチネ楽譜のようなほうが 見やすくて弾きやすいし

まあ どうでもいいや的な気持ちになりますケロ~~~



スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント