Post

        

おとなピアノれっすん 8回め

category - レッスン
2013/ 07/ 02
                 
ハノンスケール
変ロ長調は 今日は間違えずに弾けたけど
ゆっくり弾いたので 今度はもっとテンポを上げて弾けるようにしてくること。
と言われました。

左手 1のレから ミ♯ に4の指で行かなければならないので
その1から4にスムーズに指運びできるよう 部分的に区切って練習を
したので 家でもその部分練習をして 速くスケールを弾けるように
してくるようにという宿題が。
そして ト短調も弾いたのですが
旋律的短音階 になってるところを見落としてて
行きと帰りが 違うパターンだった のを先生に指摘されて分かった
今さらながら 楽譜を見ちゃいない という ゆめゆりです。ガピーーン


そして 今日は ソナチネを持っていったので
先生に これ 買ってきました と渡しました。

で 先生は あらっこれは良いですね
ちゃんと 順番に載ってますね
と おっしゃってましたが
何の順番が良いのか さっぱりわかりませんけど。

結局 私が習うのは一番最初に載ってる

クーラウの op20-1 です。
これは もう何年も前に教わりました 途中までですけど~。
また 今 やるのもいいわね 先生には やったことあるなんて言わないけどね。

そして まず 私が弾きます!!と 先生が弾き始めました。
ほんと しばらくぶりです と言いながら弾いてらっしゃいましたが
 
やっぱり 先生ってすごい。
楽譜見ながら 完璧に弾いてるし。
これが プロ と アマチュア初級者の差 ですよね。
私は 今現在 習ってる曲しか レパートリーの中にありませんので
常に 1曲か2曲が 持ち曲デス。
昔 習った曲なんか 弾けるわけがありません。



そして そうそう 先生が弾くソナチネで 気付いたこと。
フォルテのところ 先生の手先を見てると 
弱く弾いてるとこから 急に強く弾いても まるで 手や腕の変化が
まったく無いのに すっごく バカデカイ音が出るんです。

それで なんで普通に弾いてるようにみえるのに
そんなに大きな音が出るんですか? と聞きました。
疑問 は すぐに 質問します。

それは 手首の使い方 だそうです。
というか それは前の先生のときも さんざん教わってたことなんだけど
イマイチ 理解できないというか 自分ができないでいたことです。

鍵盤をバシッと押すのではなく 底まで押したらすぐチカラを抜くと同時に
手首だけを上げるイメージで弾くと広がりのある大きな良い音が出る
ということで 今日は 先生が「私の手首を触っててください」
というので 持っていたら ほんとに 手首がいい感じに上がっていました。
弾いてるときには 気付かないくらいな 微動な手首の上がりですが
触っていて とても 良く分かりました。

そうすることによって つまらない大きな音ではなく
深みのある広がりのある大きな音を チカラを入れずに出せる
ということです。
私も 今日は マンツーマンで 良く教えてもらったので
ようやく 納得できた気がします。


あとは 私の努力次第かな~~~ 

スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント