Post

        

どうなのか

category - ピアノ
2013/ 07/ 18
                 
私は ピアノを習うと決めてから現在までの 期間が約9年間。
そしてずっと初級者なんですが・・・その間に
当時の先生の勧めで 今年はショパンイヤーだからとかなんとかで
ショパンのノクターン21番という あまり人に知られてないノクターンを
習ったことがあります。
それを今になって動画を見てみると なんとまあ へたというより
これ ショパンの曲なの?
というくらいのショパンらしくないノクターンに あきれるばかりなのですが・・・


それに その曲を発表会で堂々と弾いて しかも 暗譜で弾きました。
その頃は 私はショパンが弾けた 弾いたぞ~って得意になってたことに

今 考えると 恥ずかしいばかりです。

その後そこの教室は やめて 違う教室探しを始めた際に
今まで弾いてた曲を ショパンのノクターン21番です とか
体験レッスンで言ってました。
それなのに 弾かせてみたら 正真正銘の初級者だったことに
その当時の体験レッスンの先生は いったいなんと思ったことでしょう 

そういう 自分の器がどれくらいしかないかってことに
気付かないでいたことが とても恥ずかしいと思います。


今だったら ショパンは・・・ベートーベンは・・・
      シューベルトは・・・ ドビュッシーは・・・  シューマンは・・・
それぞれの作曲家のイメージや 演奏の難しさなどは どんなものだ??
というのが 少しはわかるので


安易に この曲が弾けます などと胸を張って言うことは ありません。
今年 行った3件の体験レッスンでも 慎重に言葉を選びました。

まあ 自分の能力に合った曲を 先生に注意されながら ぼちぼちと弾いていく
そして 有名どころの作曲家の曲などは いつか弾けるかもしれない

そんなふうに想い描きながら 練習してます。


ただ 私の場合は 拍感 リズム感 など 根本的な部分が 手薄状態となってて
おまけに 譜面の中の読み違いの勘違い が多い。
そして 長い曲になったら エネルギーがもたない 疲れてヘロヘロになる。

ということで これからやっていく ソナチネも 先が思いやられるのでございます

スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

ピアノ始めた頃は、知らない事だらけ。。。
そして、弾けたという満足感で気分も上向いているので
怖いもの知らずなんですね。。

私も、5月に始めて12月にロビークリスマス会に出場し
職場の人(大人の吹奏楽団員の方)が来て下さって
出場メンバーのクラシックの曲を解説してもらい
私の曲も聴いてもらっい満足してたのですが
その時の曲の楽譜見て、ビックリするほど簡単
全音符に二分音符に四分音符、
これで、職場の人に、クリスマス会に出場するなんて
言えたもんだわ。。。って、恥ずかしくなりました。
ピアノが弾けただけでうれしかっただろうなぁ~と
その当時の私。。思っていたんでしょうね。。。

ゆめゆりさん9年なんですね。。
やーっと念願の樅の木が自分のものになって良かったですね。。

私も渚、つまずいてるので
練習練習でがんばります。。ね。。。
コッコさん♪


そうだったんですか。
コッコさんも恥ずかしい経験アリなんですね。
最初の頃って ほんとに怖いもの知らずで ゼロのとこから
どんどん上達というか 弾けてくるのが目にみえて
なんだか すごいような気になってるんですよね。
弾けた 弾けた!!って思うんですけど
周りの クラシックを知ってる人から見たら
なんとも 言えない初心者な演奏だなって思われてたかもです、私の場合は・・・


今になって最近は 上達は全く のろのろで ちっとも目に見えないし
ピアノも好きだから続けてるだけのような気持ちです。。。
ピアノの有名な曲のひとつも 弾いてみたいものデス ^_^;
私 いつのまにか9年も ピアノ習ってるのですよ。
樅の木は やっぱり アルペジオたくさんのところは 速くは弾けないけど
まあ 最後まで弾き終えたので 良しとしてます 私の中では。
先生には マルをもらってないんですけど 以前よりは うまく弾けてると思います
これも 私が自分で思ってるだけですけど 勝手に~~。

渚のアデリーヌ 憧れの曲は ぜひぜひ 完成させてくださいね。
頑張って~(*^^)v