Post

        

ハノンのスケール

category - 自習の記録
2014/ 01/ 13
                 
ハノンのスケール 24の調のうち
ただいま 16個が マルもらいました。

残すとこ あと8個ですが
ここにきて ようやく このハノンのスケールをやる意味みたいなもの
それが 分かってきたというか 呑み込めてきました~。
ある一定の規則に従って 成り立ってるのをようやく理解してきました。
おっほほ今頃やっとですー。


スケールを弾くときの指使い 
カデンツの音 和音とか
主音との関係とか
なんとなーく分かってきました。


ここのとこ 腕が痛くて
必死にピアノ弾きすぎて痛めたらしい
それで 5日間くらい弾かなかったのだけど
今夜は15分くらい やってみました。

最初の頃は スケールを弾くのも 
楽譜を見て のろのろと えっ えーーと なんだっけ??
と楽譜みても 指使いが良く分からなかったけど
今は ♯が こことこことこれについてて というのを見れば
だいたい予想がつくようになり チャッチャと弾いていけるようになりました。
ふーーーっやってきた甲斐があるってもんだ と思います。
これが終わっても また続けてスケール弾かないと 忘れるからやりますけどね。


今週は レッスンが無くてよかったわ~。
コンクールに出る生徒がいて その子のレッスンをしたいので
今週は無しで来週にまわしてください と先生に言われてたので
今週は無し 無し・・・ ほんと ちょうど良かった!!


そして 今年は 地道に家と教室の往復をして
コツコツと練習して 無理のないピアノライフを送ります。
いつまでに この曲を仕上げるとかいうのを課して無理な練習というものをしないようにします。

という目標が 今年 思ったことですが
でも 1年あるから また 想いが変わるかもしれないけどね
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

寒いですね。
おはようございます。
今朝、通勤で手袋して歩いても手が痛い寒さです。

こんな寒い日だからこそ、ストレッチが必要、それもお風呂で、と、整形外科の先生に言われました。
弾き始めと、途中もとの事です。

この年だと筋肉が硬くなるんですって。

私、大分良くなり、今日やっーと、湿布とりました。

ゆめゆりさん、お大事にして下さいね
頑張ってますね!^^
レッスン通っていた頃は、
ほぼ毎日、ハノンのスケールやっていて、
僕も16個ぐらいまで行きましたが、
レッスンやめてからはめっきりやってません(汗)
重要だということは、みじんも疑ってないんですけどね・・・^^;

意味が分かってこられたということなので、
よかったですね!
意味が分かって練習されると、効率も上がるんじゃないでしょうか。

ショパンは、別れのワルツに決められたんですね。
僕は挑戦したことない曲ですが、弾いていらっしゃる方多いですよね。
頑張ってください。
コッコさん♪

寒いですよねーーー。
こんな冬は よけいに筋肉が硬くなるって わかります 実感してます(*^^)v
ほんとに 若いころは感じなかったけど
今は ねぇーー>


あっ やっぱり 弾く前とか途中でもしたほうがいいんですか?
ストレツチ。
ちなみに コッコさんは どんなストレッチなのですか。
教えて頂けたらうれしいんですけど・・・

お風呂の中でやるのは 血行がよくなってるから
よけい良いでしょうね~。

私は おかげさまでなんとか腕の痛みはとれてきました。
やっぱり ピアノ弾く時間とか やりすぎは良くないようです。
気をつけなくちゃv-222
dyneさん♪

ありがとうございます。
なんとかスケールの意味を
理解してきたという感じなんですよ。
もう ほんと 効率があがってきてます たぶん。
指の運び方が 慣れてきたので こんな感じに動かせばいいんじゃない?
と 弾いてみると 指番号も合ってる事が多くなりました。
ただ 調の名前?とか その意味の深いところは あまり把握してませんv-12
でも 勉強にはなりました ハノンのスケールは。。。


ショパンのワルツ9番 別れのワルツ
これは 自主的にやろうと思ってるだけで
ちょっと しばらく譜読みして できそうだったら
先生に教えてもらおうかな とか そんな感じでいます。
なにせ 難しいと思うので 挫折するかもデス。

無理に難しいのをやることもないし
でも 簡単に譜読み出来ちゃうのを わざわざレッスンに持っていく必要もないし
迷う気持ちは ずっとあるんですよー。
私くらいのレベルって 曲を選ぶというのがほんと難しいです。
なんでも弾けるレベルなら いろいろ選択肢はありますけどネ~。