Post

        

久しぶりのレッスン

category - レッスン
2014/ 02/ 25
                 
今日は行きましたよ。
先週のような 大渋滞は無いとは思ってたけど
ひょっとして まだ多少あると困るなーと思って早めに家を出ました。
そしたら いつもどおりの時間で着いてしまい まだ私の時間まで
30分もあるので あっちこっちと うろうろしながら待ってました。
そしたら 私の先生ではない他の先生に教わってた人があちらのレッスン室から出てきました。
こんな 早くに着くと 全然知らなかった 生徒(おじさんだけど)に
会うのねーと思いました。
はっきり言って そこらへんですれ違っても
ピアノを弾くおじさんには見えなかったわ~。
そういう私は いったい どんなおばさんに見えるのか
分からないけど~


ハノンのスケールは おまけで マル。
fis mollがマルです。
次は ニ長調が 宿題です。


ツェルニーは 弾いてるうちにだんだん ヤル気がなくなってきてて
こんなのやって 何になるのさー とか思ってたんです。
でも 先生に いろんなアドバイス 要するに楽譜に書いてないようなこと
こういう弾き方で 和音をつながるようにする とか
そこは あまり ふにゃっと弾かないように はっきりと音を出す とか
休符は きちっと休むとか 
基本的なことですが 適当派の私には 指摘されて
はい そうですね ということばかり。
でも 1番の曲 まずは マルをもらいました。
次は 2番が宿題です。




そして わからなくて こちらも適当に譜読みして弾いてたワルツ。
12小節までは 音は取れたので弾けるかなと思ったけど
最初の2小節で  もう 違うらしく 中断しまして
あとは 指摘の嵐です。


裏拍で入る そこからしてまずダメ。
良く拍を数えてから入ってねと言われ
私 だいたい 裏拍って適当にやってたので・・・

ワルツは 余計に拍は大事ですよね。
その後も 1拍目は強めというのも言われ あーそうだった・・・と思い
まずは ゆーーっくりなワルツのリズムで弾いて練習して
決して 速く弾かないで ゆっくりリズムを感じて弾いてください
と言われました。
先生は 見本で こんなくらいゆっくりに・・・と弾いてくれたので
明日からやってみようと思います。

弾きこんできたら 曲を表現するためには
楽譜どおりでカチンコチンに弾くより
自分なりの表現が良いけど まずは 3拍子をきちんと
とってから・・・です

ということで 20小節までが宿題になりました~。


先生に教えて頂くのは 初心者には タメになることばかりで
指番号も 弾きやすいように変えてくれたり
装飾音符も 私は 自分で変だなと思いつつ変な入れ方をしてました。
装飾音符を入れる と思うと緊張して身構えてしまってたので
それで手前の音が伸びすぎてしまっておかしいことになってたみたいです。 
そのへんが 指摘してもらって どう解決するかを教えてもらって分かりました。

まあ なんとか 頑張ります^^
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

レッスン、お疲れです。ショパンのワルツは、ホントにむずかしいです。私が以前弾いた曲は、苦手な装飾音がない曲だったので、何とか仕上がったのですが、その時に思ったのは、チェルニー100番で何度も、装飾音がでてきているのに、しっかり身に付いてないままで終わってしまったので、弾きたい曲を諦めてしまったことなんです。チェルニーは、なんかつまらないなーって思いながら、やってたので、今更ながら、また、やり直したいぐらいです。好きな曲を弾けるための練習だと思って、やってみれば、また、見方が変わるかもしれませんね(^^)。
ポロリンさん♪
チェルニーとか ハノンとか その他 たくさんの教本
練習曲とかあって 全部やれたら色々な技術は知ることができる?
と思うけど そんなにたくさんやってる時間が おとなにはありませんよね。。。
だから 私も ちょっとだけ やってるだけなので
なかなか テクニックなんか身につくはずがないです。
でも やっぱり 曲だけじゃなく チェルニーもやってみたいとか
その都度 気持ちが揺れます。

ポロリンさんも ショパンのワルツ 弾かれたのですね。
何番でしょうかー。
やっぱり ショパンて 難しいので時間がかかりそうです^_^;
レッスンお疲れ様でした^^
レッスンで教えていただくことはためになることばかりですよね。
ツェルニー、1番の曲合格おめでとうございます!
ワルツも、リズムがわたしには難しいです。
地道練習、お互い頑張りましょうね~~!
ねこぴあのさん♪

ツェルニー20のやさしい練習曲 という楽譜は難しくはないけど
きちんと弾くということになると 難しいものです。
今回も先生のおっしゃるとおりに弾けたわけではないけど
その{ どういうふうに弾けば良いか}
それを意識して弾くということをわかってもらえばいいです。というふうに
先生は言っておられました。

ワルツのリズム なかなか難しいですよね。
でも ねこぴあのさんは 再開組ですから たぶん私が難しいというのとは
難しい度が 違うと思いますけども・・・
私はそれでも この3週間なんとか頑張ってちょっとは 分かってきました。
リズムは・・・^_^;
大人のピアノは、仕事に家事に家族のことなど、ホントに忙しいなかで、時間やりくりして、やっとできるんですもの。チャレンジするだけでも、私は、すでに、はなまる?だと思いますよ。

私が無謀に弾いたワルツは、10番で、やっぱりむずかしいの一言につきます。ゆめゆりさんの選んだワルツは、とても素敵ですよね!練習頑張って下さいね✨
ポロリンさん♪

そうですよね 大人はやることが山のようにあって
社会での責任も果たさなくては・・なーーんて そんな
だいそれたことしてないけど^_^;
とにかく練習できる時間は限られてるし
腕とかにも負担がかからないように
その中での練習 やってるだけでも すごいこと
そう思うしかないですね 私もハナマルもらえるかしらね~

ポロリンさんは 10番ですか。
10番も 素敵ですよね でも難しそう。
なんにしても ショパンは難しい。
とりかかったからには 私も 頑張りまっス!!!