Post

        

レッスン87回め

category - レッスン
2012/ 10/ 30
                 
fc2のブログで 新しい記事を書くときに便利なことがあります。
書き始めて うっかり違う変なキーを押してしまったりしても
勝手に下書きを保存してくれるので 書いた記事が一瞬にしてパーーになることが
無くて 安心できるんですよね。
私が今まで書いてたほうのブログは せっかく長々書いたのに

あっ という間に消されてしまうことが たびたびありました。
そうなると もういいや
適当に 書いておこう と 端折って書いたりしてました。


あっ そうそう レッスン記です

ハノン3番 普通のと リズム変奏を3種類やりました。

あと 最後に全部スタッカートで弾いて と言われ
先生も隣で同じようにスタッカートで弾いてくれてるのですが
先生の音も聴きながら弾くと 自分の音が何故か聴こえなくなり
めちゃくちゃな指使いになりまして
なんでだろーーーーー
弾けない。
それに鍵盤から 指が離れていってしまうのです。
鍵盤にくっつけるようにしてスタッカートを弾かなければダメなのに。。。
それでスタッカートも練習してくるようにということと
四分音符 120の速さで 弾くのもやってくるようにという宿題になりました。

でも 弾くときの指のフォームが良くなったし しっかりした指になってきましたね
と言ってもらえたので やはり ハノンは効き目があるみたいですよ。


ブルクのさようなら
これも 指定の指使いをしなくて間違えるところを何回も弾きました。
もう・・・数やりゃ いい加減覚えるだろう的なことで
やりましたけど ほんとに・・・
同じところ 何回も繰り返し弾くと 覚えます いやでも覚えますって


インベンション8番も同じように できないところを何回も
同じ1小節だけを弾いたりしました。
先生が「いつも練習するとき 速く弾いてませんか?
それで あ~できないと思うのではなく もっとゆっくり弾いてください。
見本の演奏とかで頭に残ってるのかもしれないけど
もっと ゆーーっくり練習しないとだめです。」

とおっしゃいましたが
わかっているのですが ついつい速く弾いてしまう悪い癖があり
これは 改めなければダメだなと 今度は本当に肝に銘じて
ゆっくりとしたテンポで練習することにしようと決意しました。

そして ブログお友達に教えて頂いた片方を録音しておいて それに合わせて
もう片方を弾く というのも とても有効な練習方法だと思いまして
明日からその方法もやってみようと思います。
教えてくださった Sさん ありがとうございます
インベンションをやり始めた 4月のころも必死に4番と格闘してましたが
そういう方法もあるのを知ったので ぜひ8番で実践してみたいと思います。



スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント