Post

        

楽しいと思ったの久しぶり

category - 自習の記録
2014/ 03/ 12
                 
なんだかんだと言いながらも
毎日 せっせと練習してるのが ショパンのワルツ ヘ短調です。

今は 第二のテーマのほうの 40小節目からのところの譜読み中。
途中で 右手と左手の音が重なるところがあるんですよ。

♭レ ♭ミ ソ 
その三つの音が どっちも入ってて これ・・・
どうやって弾くの?と 昨夜 あれこれ悩みました。
やっぱ メロディとなるほうを強く強調したほうがいいよね?
でも 重なっちゃって 弾きにくいのよ
と 自問自答しながら弾いてました。。。

レッスンのときは全く 弾いてないので
聞きようもなかったけど 
実際 今練習するのに 困ったわーと思いました。
でも なんとか こんな感じのタイミングでいいんだろう
というのが なんとなくできたので
もう 流れで いっちゃおうかなーと思います。



その流れで行く・・・
というのがクセになってて 速く弾いて流れに身を任せ~みたいに惰性で弾いてると
途中で止まってしまったときに
その止まった小節から弾きだす ということができなくなる。
ちょっと前の 分かるところに戻らないと 弾けなくなります。
ということは 止まってしまった小節のところの 音符をきちんと把握してない
読めてないということになります。

たとえ どこで止まったとしても その場所から弾けるなら
聴いてる人に流れを止めずにというか 止まったということをあまり意識せず
聴いてもらうことができる・・・

暗譜を早くできるということは いいんだけど
それより止まったところがどこか?
そこが楽譜上で分かってないと 弾きだすことができなくなります。


というような先生のお説教がありました・・・昨日・・・
なので、ほんとに のろく 遅く リズムを取りながら
ワルツを弾いております^^
楽譜見ながら・・・
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

レッスンで「ここから弾いて」と言われて即座に音を出せるようになるまで、わたし何年もかかりました^^;
現在でも、即座に音をだせないことも多々あります^^;
難しいですよね!
コツコツ頑張ってらっしゃる記事を読むたびに、ワルツ頑張って!と応援する気持ちが強くなります^^
ねこぴあのさん♪

ほんとに ショパンは難しいけど でも 曲が綺麗だなって
思うので 弾いてて楽しいです^^
だから 毎日 練習できるのかもですねー。
先日のレッスンで 弾いてたら いきなり音がどこを弾いていいのか
まったくわからなくなったので・・・そして楽譜もどこの部分なのかわからなくて
ちょっと先生に 叱られました~。
「ゆめゆりさんは 暗譜を早くできてしまうタイプなんだと思うけど
楽譜と一致してなければ意味がないので
楽譜で わかるようにしてください」
と言われて

ほんとに そうだなあーーーーーって反省しまして
どこからでも弾けるようにしようと 訓練中?? でございますv-10
果たして できるのか?????