Post

        

けっこう慣れたかも

category - 自習の記録
2014/ 03/ 22
                 
苦手としていた3拍子の曲
ショパン ワルツ ヘ短調

ですが それがなんだか慣れてきました。
何回も弾いてると 意外と慣れるものですね。
最初のうちは ずんちゃっちゃ のリズムが
うーーーむ 難しい
私は ピアノを習い始めたころから 3拍子苦手なんだよなー。
何年か前にプレインベンションの楽譜をやってたころに
やたらと メヌエットの曲を先生が選ぶので
やだなあーーと良く思いました。。。
弾きにくいったら ありゃしない
と いう感じでいました。

でも 今 この練習中のワルツは 好きになってきたので
苦手だ と思うよりも 最後まで早く譜読みして一通り 弾ききりたいと思うようになりました。

前回のレッスンのときに 先生が
47小節のところの右手が和音だけでメロディを弾くところ
難しかったら 高音部だけで1音で弾くのでもいいですよ
なんて おっしゃったので
「いえ 原曲の通りにやります!!」
と答えたのですが このくらいの和音くらい弾かなくちゃダメでしょ・・・
習ってる意味ないでしょ・・・
そう思ったし また 和音で弾くからこそ この曲が綺麗に聴こえるのですよね。
省略なんかしたら ショパンの曲じゃなくなっちゃうと思うのです。

そして その次に出てくる48小節目のところ
右でソを弾くそして 左で♭ミ ♭ラ ドの3和音を弾く
その 一瞬の右と左の音が重なるとき・・・
そこが とっーーても好き!!
なんだか すごく癒されてしまう音なんです。
その瞬間 ほわーーんと 良い気分になるのは
たぶん 私だけでしょうね。
自分でピアノ弾いて 勝手に癒されてる私って いったい

ほんとは譜面の写真でも 載せれば分かりやすいのでしょうが
疲れてるので また 今度。
どんな楽譜 使ってるのか分からないので 意味がわからないでしょうけども
とにかく つまるところ 癒されるので練習が楽しい
そういうことですかね・・・
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント