Post

        

やっぱり違います

category - ピアノ教室について
2016/ 05/ 12
                 
やっぱり普通のピアノの先生は こういうものだよねと実感しました。
しばらくの間 普通ではなかったんだなーと思いました。

先生って 横で聴いてるだけではなくて 生徒の出す音に敏感に反応して
もっと良い演奏をするには どうしたら良いか?
適当に音を並べて ひととおり弾けたら良いとかでは無くて
直したほうがよいところを直させて 演奏させるようにする。
それが先生の役目だと思います。

私は インベンションも 自分で弾いてて 何か変だなーと ずっと思いながら弾いてました。
そして ワンコ先生のところへ行って直してもらって
ずいぶん 聴きやすくなってきました。
自分では 伸ばしてるつもりでも伸ばしてなかったり
変な指つかいで弾いてて 音が途切れてたり
音の強弱もなかったり
ほんとに ガツガツ ただ弾いてたようです 今まで。
それが 1回みてもらっただけで あーーーそうなのね と少し改善されたので
自分的にも 直せばヘタクソでも そこそこのヘタクソで済むじゃありませんか・・・・・
と思いました。

とりあえず 他の練習曲とかもレッスンでやりましたけど
「そのフレーズ どんどん大きくしてーーーもっと もっと大きく!!」とか言われて
私は、大きい音にしてるつもりなんだけど小さいらしい。
「ゆめゆりさん その 100倍大きい音にしてください」
「そこ アクセント もっと こんな感じなアクセントで」とか 弾いてくれたり
そういうのを たまに クリアできると 練習曲でも とても素敵な表現ができる・・・みたいです。

結局 曲は 演奏者次第なので その曲の表現をするには
気持ちも入れなくてはならないけど、その前に まず 音も直さなくてはダメなんですよね。
技術などは 元々 私にはないんだから たいした曲は弾けないけども
たとえ 練習曲であっても 綺麗な引きこまれそうな音で弾ければ・・・
そんなふうな気持ちで練習できればいいな・・・という希望で頑張りたいと思います。

スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
ゆめゆりさん

こんばんは

教え方やっぱり違ったのですね。
色々と先生を変えないと分からないですよね。

悲愴に子犬のワルツを練習できるなんて
凄いです。。
楽しみですね。

ちょっとのことだけど
やる気上昇ですね。。
楽しんで下さいね。。

私も目的に向かって頑張ります。
コッコさん♪

いえいえ とんでもないです (^_^;)
とてもじゃないけど 子犬のワルツとか 悲愴2楽章とか 私のできるレベルじゃないです。
先生は いったいどこをどう見て そうおっしゃってるのか さっぱりわかりません。
私は それらの曲は 自分で弾くのは 100万年早いと思ってます。
自分の実力に合わないのをやると また 肩を痛めてしまうと思うし
もう なんていうんでしょーーか 楽譜を見ればわかりますしね。
自分には 弾けないって。。。
だから その曲たちは レッスンしてもらうことはないです(きっぱり!!)

それより 自分で弾けそうなのを探したいと思います。
なかなか 見つからないんで 困ります~~
こんばんは^^
先生も変わられて、充実レッスンで良かったですね♪

>自分では 伸ばしてるつもりでも伸ばしてなかったり
変な指つかいで弾いてて 音が途切れてたり
音の強弱もなかったり

・・ほんと、ちょっとした事ですが直すと
同じ所でも新鮮というか、曲の雰囲気も変わり
おもしろいな~と思う時があります^^

新しい先生の元でまた楽しまれてくださいね。
No title
先生かえてモチベーションも上がっているようで何よりです。
デジピの内臓録音をお手本にさせるようでは 正直な話、とても先生とはいえないですもんね~

>その 100倍大きい音にしてください
ホントに100倍大きい音にしちゃったら大変だ~ と、思わず笑っちゃいました。
わたしは感情表現が大げさすぎることがあるので、ゆめゆりさんと足して2で割るとちょうどいいくらいかも・・・笑

悲愴、2楽章は、テンポも遅いですしじっくり取り組めばゆめゆりさんもきっと弾けるようになると思いますよ♪楽譜は16分音符中心で書かれているので難しく見えますけどね。
ゆめゆりさんに似合う感じの曲だと思うんですが、どうでしょう?
どれみさん♪

私も あれやこれやと文句ばかり並べて先生を変えてます・・・が
今回は たぶん 4年前くらいにいったんやめたけどまた教わりたくなって
入門???しました~。
なので 気持ちは新たになりましたので ピアノ熱も復活です。

やっぱり ピアノを楽しむには ゆるすぎるレッスンではダメということがよくわかったので
一応 習ってるからには ある程度の完成度までもっていくことが
自分にとっても必要と感じています。
また 頑張りすぎずに ぼちぼち頑張りますか・・・ね・・(^・^)
タワシさん♪

うふふっ タワシさん 表現力豊かだから 無理に大きくしたりすることは必要ないでしょうね。
私の場合は 小手先で せこい弾き方してるもので
もっと大胆に大きくしたり 弱くしたりしてくださいという意味なんだと思います。
だけど なかなか 出来無いんですよ(>_<)
100倍にしたら 先生のご近所から苦情がきますよね!!(笑)

悲愴2楽章 好きなんですけどね
ただ 内声のある曲 弾いたことないもので いきなり悲愴は無理かと・・・
えっ 私に似合う曲ですか? 
じゃ 考えてみようかな・・・嘘嘘(^_^;)