Post

        

早くも次のことを考える

category - ピアノ
2016/ 08/ 30
                 
なんだか右手の人差し指が 痛いような そして 痛くない時もあり
よくわかりませんが・・・
とりあえず練習してます。


今は クレメンティのop36-2 第一楽章を覚えてきたのですが
いまのところ めちゃ ゆっくーーりな速度で弾けば 最後まで弾けます(笑)(笑)
そんなゆっくりで 弾いたら先生に 速攻で止められそうですが
ゆっくりだと 迷わずに音が取れるので 良い効能がありますね。
先月の練習会で、上級者さんに教えて頂いたとおり 超絶ゆっくりな練習は 意味があります・・・
指番号も最初から間違えないように弾けたほうが あとあとの間違う確率が少なくなります。

これが 最初からある程度の速さで弾くと 間違ったことに気付かなかったり
また 間違えた指で覚えてしまうと弾きにくくなったりしますからねーー。
間違った指が 脳にインプットされてしまってからでは 直すのに 何十倍もの労力がいる。
いつも いつも 間違っちゃう・・・
だから 最初から 正しく弾くのが 一番 いいよねー。

そして この第一楽章が終わったら・・・と 気が早いんだけど

また バッハもやりたいんですよ。
で、 インベンションは ちょっと置いといて
今度は 去年 ピア友さんに コピーしていただいて まだ 活用してなかった(~o~)
フランス組曲の 3曲の中の1曲をやってみようかと 今日・・・考えました。
ふふふっ 今日 思いついたので 突然に。
私にでも 弾けそうなフランス組曲を選んでコピーしてくださったので
この曲 レッスンに持っていってみようかな と思ってます。
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント