Post

        

音にこだわる

category - ピアノ
2017/ 01/ 26
                 
私の楽譜は また以前のように 赤や黄色やオレンジ色に塗られ
えんぴつでも様々なことが書いてあります。
私がわかりやすいように塗ったりするのはもちろん
先生もレッスン中に 注意すべきことをどんどん書き足すので
これは何のことを書いた?
うん?なんだっけ・・・
という具合に ごちゃまぜ状態の楽譜になってるので もはや 写真に撮ってお見せすることもできません( ノД`)
でも家で良く見てみれば このうえなく解りやすい楽譜になってます。
とりあえず 自分用ですし。。。

レッスン中に良く言われるのが

「ちゃんと 歌いながら弾いてますか?」
「音に表情をつけて」 
「ここは 音をがらりと変えて」

すっごい 抽象的な言葉なんだけど先生の言おうとしてることはわかるので
毎回 「はい」 と素直に返事をしますが なかなか難しいです。
でも 1曲を まあ自分でも なんとか 納得できるところまで持っていけば
それなりに勉強になるのですよね。。。
音をただ取っていくだけなら 先生に教わらなくてもいいと思うし。
音楽の中で表情をつけて弾く練習というのも悪くは無いと思うのです。
少しずつ勉強していけば いつかは ためになる時がくる? というより
自分が納得できる演奏がしたいと思う・・・今日この頃です。
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント