レッスン

        

レッスンです

category - レッスン
2016/ 10/ 27
                 
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
                         
                                  
        

レッスン行って来た

category - レッスン
2016/ 09/ 28
                 
バーナム2 は 相変わらず 拍が間違ってることが多くて
先生に訂正されること多し(^_^;)
でも 3曲マルです。


ソナチネ36-2
こちらは わりと練習していったので良く弾けるかと思ったら大間違いよ!!
つまずく こける  
指使いがその時によって違ったりするので とにかくいつも同じに固定したほうが良い・・・
あっ 違う指で弾いちゃった~と思っても 他の指でカバーできるときはする・・・
ミスっても音をつないでどんどん弾いていってしまうほうが よっぽど良い・・・

などなど ets・・・

「あと けっこうこの曲に手馴れてきたみたいなので 曲に合った速さで弾いてくださいね。
今より速く このくらいな速さで弾くほうがいいです。
そして 曲想をよーーーーーーく考えて 元気に弾いて良いところや
だんだん悩んできて そぅ~っとしたほうがよいところ
そして また チカラ強く・・・など良く考えて弾いてください。」
ということで 実践練習を何回も弾きました。
「ピアノを聴く人たちに たとえば弾きあい会とかで弾いても 大丈夫なように
人に聴かせてる・・・とイメージして弾いてくださいね」

というようなことを言われた~。
だけど 特に弾きあい会に出るとか そういうのはないかも知れないし
今このとき 聴いてる人がいないですと言ったら
「私が聴いてます!!」と おっしゃってました。
そうですね・・・そのとおりです・・・

実践でみてもらうと 確かに イメージして曲想をつけたほうが聴きやすいです。
楽譜に何も書いてないけど ここはいったんおとなしく終わらせるという感じだったので
私は ちょっぴりゆっくりと弾いて弱い音で弾いていったら 誉められた
そのあとすぐ 元気に弾く小節が出てくるので そのへんのメリハリが大事だそうです。

そして そろそろ次のこと。
できれば全楽章をやりたいですと おっしゃる先生の指示に従い
次の曲は 2楽章を譜読みしていくことになりました。
もちろん 1楽章はまだ完成してないので ひきつづき練習していくことになりました。
今日もとても面白かったです。
今は こうやって教えてもらえることがうれしいと思っています。
私の前後にも生徒はいますが みんな 小学生です。
そんな子供たちに混じって 教わってるおばさん
好き勝手なことを言いながらレッスン受けてるおばさんだけど 丁寧に教えてもらえてありがたいです。
この教室でのおとなは 他にいるのかしらね。。。



                         
                                  
        

昨日はレッスン

category - レッスン
2016/ 09/ 15
                 
バーナム2のほうも 先生のイメージどおりに弾くのが 
最初はちょっとできないんですが、アドバイスを聞いてから
また弾いてみると それなりに出来るようになり
きちんとアクセントをつけたり指もよくまわるようになりました。
良く弾けると 先生が 「そーーです (^∇^) 」と言ってくれる・・・
その言葉が ちょっと嬉しいな!! と感じますね。
おとなでも 肯定してもらえると 嬉しいです・・・

そして ソナチネ36-2 クレメンティのです。
こちらは つっかえながらも 第一楽章なんとか弾きまして

先生も途中で止めたりせずに とりあえず弾かせてくれた~。
スケールを弾くときに けっこう間違える確率高いんですよね。
同じスケールが 次も繰り返すとき 1回めのほうは普通に弾けるのに2回めのほうを
つかえてしまうので まったく同じスケールなのに変ね? と言われる。
とりあえず 指変えのときに 素早く指を持っていかないのが原因?
それと 気持ち的に (あーまた同じやつか) と思って なめてかかってるという
ことかもしれません。。。(笑)(笑)
ピアノを弾くのも 技術は必要だけど それと共に 弾ききる精神力を持続させるのも大事よね。
私は ピアノを弾いてるうちに つい (あ~~ また ここか ここは いやな部分なんだよね)
と 思ったり 苦手部分で 身構えたりするので どうしても余分なこと考えて指が動かなくなるのです。

先にやった バーナムとかの 練習は 同じことの繰り返しが練習となるので
そういうのは もう惰性で弾いてしまうと かえって良く弾けたりしますね。
かえって チカラが抜けて うまく乗って弾けたりします。

先生とレッスンをしてると おもしろいのですが
なんだか 妙に汗が出てくるのはなんなんでしょうか。
私も必死に先生の教えを取り込もうとして一生懸命にやってて 暑くなってきます。
先生はいつもおしゃれな涼しげな格好をしてらっしゃいます。
さすが ピアノの先生!! という雰囲気。
かたや私は 会社から直行の制服姿のまま。
会社の事務所はエアコンが効いてるので 冷えるのでいつも 長袖でベストとスカート。
先生のレッスン室も エアコンはかけてるけど なんだか だんだん ヒートアップして
私は 「暑い ふぅーー」 と いつも思いながらレッスン受けてますヽ(´∀`)ノ
                         
                                  
        

レッスン

category - レッスン
2016/ 08/ 24
                 
レッスンに行きましたが、今回は  
というか 毎回 そうだけど そんなに書くことも無く(^_^;)

バーナム2
こちらは 3曲がマルになりました。

ソナチネ
こちらは 弾きなおしをしないように・・・と 何回も注意されたーー。
弾きなおしをすると 曲が止まるので、 さらっと 弾いていくこと できませんか?
とのこと。
うーーん この曲 好きだけど なかなか・・・

遅く弾いても まあ 仕方ないけど 遅くても元気良く弾いてください。
速く弾ければ なお 良いんだけど・・・
元気無い曲になってしまうので そこのとこ 気をつけるように・・・と

その他 細かいところをたくさんチェックされ 弾いてるうちに
汗が首に出てきて ふうふう言ってしまいました。。。
家で のんきに練習してるのと 大きな違いです。

でも それだから 先生に教わる価値があるのですよねー。
また 明日から練習 開始。
今日は 家では弾かず お風呂に入って 寝ます~。
                         
                                  
        

レッスンに行ってきた~

category - レッスン
2016/ 08/ 10
                 
バーナムなんだけど 三度の重音だけで 出来てる曲を すごい何回も弾きました。
その曲の前の曲はすぐにマルをもらったけど
重音の曲のほうは それじゃだめーー!! みたいな感じで 注意を何回も受け
そして もっと速く弾きましょう・・とか ・・で
「手にチカラが入ってしまって ダメですぅ~~(^_^;)」
という私。。。


だけど こういう曲で もっと負荷をかけてやっていかないとダメなのよ
ということだそうで 最後になんとかマルになりました。


ソナチネのほうは・・・
とりあえず22小節まで。

右と左の音のバランスが悪いので メロディも左で弾くというのが ちょっとありまして
そういう強弱の対比をきちんと考える。

フレーズの終わりと始まりを意識して弾く。

休符のところはきちんと休む。

左で弾く重音が 苦手みたいで 私は特に気にしてなかったけど
それにスタッカートで弾くわけなのに スタッカートになってない時があり 音が重くなってるので
気をつけて弾く。

特に強く弾く フォルツァンドの音が ちーーっとも強く無い!!
先生が こんなふうにと見本を弾いてくれて 
私も弾いてみる・・・
何回かやって 「そうそう そんな感じ」と先生がニコニコ。。。 やっと強く弾けたみたいだ。。。

レガートで弾くところを 切って弾いてた。
だって オクターブなもので (ノω`*)ノ 親指と小指が忙しくて (。-_-。)
レガートだと 弾きにくかったのよね。
でも レガートに弾かなきゃなので 頑張るわ。


まあ 注意を受けたのは そんなとこかな。
あと指も  指番号を守らないで 無理に弾きにくくしちゃってたり・・・
そういうのも 直すよう言われました。
「ステップアップしていくには ・・・・・・・☆☆☆☆☆・・・・・・・」
と先生は おっしゃってました。。。

私 ステップアップしたいとか言った事ないんですけど・・・
先生ご自身が教えるからには 生徒がいつまでも のんびりと同じ段にいて
昇っていかないのも納得がいかなくて いやなことかもしれませんので
そして私自身も まあ できれば うまく弾けるようになれたら嬉しいので

きちんと やっていこうと思います (ノ´▽`*)b☆